Hatena::Groupflicker

蒼い空の夜明け

《書いてる人》⇒夜明けの敵

「蒼い空に浮かぶキュトス(仮)」
71の大地と10の星が浮かぶ、果てなく広がる蒼穹世界。この日記は、その世界の創世から終末までの「人と神々の物語」についての設定が集まる場です。(最近は停滞しています)

しばらくは「星見の塔トーナメント」についての紀述がメインになると思います。


2007-11-09

[][]トーナメントへの誘い はてなブックマーク - トーナメントへの誘い - 蒼い空の夜明け

 その日、騎士と商人は森のなかでキャンプをしていた。

 すでに日が落ちて数時間経っている。焚き火の明かりに照らされた商人の表情は暗かった。騎士のほうはほとんど表情を変えずに、黙って火にあたっている。

「はぁ……」

「…………」

「今夜は肉が食えると思ったのになあ……」

 商人の落胆の理由は、一日前におとずれた村での商談が原因だった。例年であれば、作物の収穫が芳しくないその村に商品を売りつけようとしたところ、今年は異例の豊作だったため、ほとんど捨て値で買い叩かれてしまったのだ。儲けで食事を奮発しようという皮算用は、あっけなく崩れた。

「そんなに肉が食いたいのか?」

 騎士の言葉に、商人は力なくうなずいた。

「そうか」とつぶやくと同時に、騎士は懐からナイフを取り出し、近くの茂みに投げつけた。茂みのなかから何かが動く物音がした。騎士は茂みまで歩いていき、無造作に手をつっこみ、それを引き抜いた。その手は、ナイフが頭に刺さって絶命した野兎を掴んでいた。

「肉だ」騎士は言った。

「…………」商人は、騎士と野兎を交互に見つめて「……それで我慢するか」と言った。

 野兎が丸焼きになったころ、商人は「にしても、アンタって本当にすごいね。罠とかなしで捕まえちゃうんだから」と言った。一人で旅をしていたころ、罠を使っても狩りが上手くいかなかった商人から見ると、騎士の技術はすばらしいものに思えた。

「いや、俺がすごいわけじゃない」

 騎士は言った。別に謙遜している様子もない。彼はそういう遠回りな表現を好まない。

 彼はなぜか、森に広がる、深い闇の奥を見つめている。

「どうして?」商人が聞いた。

「野生の獣があそこまで無防備に近づいてくるのはおかしい。人が二人もいて、焚き火までしていたんだぞ」

「言われてみれば……」商人は首をかしげた。「でも、なんでだろ?」

「理由はわからない」騎士は言った。「だが、何が起こったのかはわかる。あの野兎は、俺たちや火を認識できていなかった」

「え、なんで?」

「それは」騎士は、地面にさしてあった先ほどのナイフを拾い上げ、視線の先、闇の奥へと投げつけた。「そこの奴が知ってるんじゃないか」

 今度は、ナイフが飛んだ先に物音はなかった。代わりに、「あれ、もう気づいた?」という少女の声が聞こえてきた。

 その声に、商人は驚いて腰を浮かせたが、騎士はまったく動じずに座ったままだ。

「何もなかった場所に、いきなり気配が現れれば馬鹿でも気づく」騎士はそう言ってから、商人のほうを見た。

「わ、わたしが馬鹿だって言うのー!?」

「くすす」闇の奥から少女の声がする。「元気なお嬢さんね。気にすることないわ、野生の獣だって、今の私の気配は感じ取れないんだから。そこの剣士さんがすごいのよ」

「俺は騎士だ」騎士はそう言って、立ち上がった。「用件はなんだ? お前もあの少年と同じで、俺に用があるのか? この呪われた身体に」

 騎士は、鞘におさまった剣の柄に軽く手をかけて言った。商人も立ち上がっていたが、状況についていけず、おろおろするばかりだった。とりあえず騎士が向いている方向を見るのだが、彼女にはとても、そこに何者かがいるとは思えなかった。何もいない気がする。少女の声は、確かにそちらから聞こえてくるのに。

「少年って、もしかして――」少女は小さくつぶやいた。「ま、その話は、後で聞かせてもらうか」

「もう一度聞く」騎士は言った。「俺に何の用がある?」

「そんなに殺気立つ必要なんてないから安心してほしいな」少女は言った。「殺し合いをしに来たんじゃないんだから。わたしは、貴方を招待しに来たのよ」

「招待?」

「そう。そろそろ自己紹介しておこうかしら。わたしは――」

 闇の奥から、少女が姿を現した。十七、八ほどの容姿に、肩と額で切り揃えられた黒髪、動きやすそうな丈の短い服を身に着けている。片手で、先ほど騎士が投げたナイフを遊んでいた。

 騎士は依然として同じ方向を向き、少女から目をそらさない。しかし、商人は、少女の姿を見てもなお、そこに少女がいるとは思えなかった。目では見えているのに、存在感がまったく感じられない。

「――キュトスの姉妹の58、ノシュトリ」くすす、と少女は笑った。「名前を失くした剣士さん、貴方を星見の塔の戦いに招待しに来たわ」

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/yoakero/20071109

2007-11-02

[][]レッツ・キャラ自慢♪ はてなブックマーク - レッツ・キャラ自慢♪ - 蒼い空の夜明け

???・・・紀神と飛来神群の戦い。


新史暦151年・・・バキスタの戦い。戦争に参戦したカリデは甚大な被害を被り、内政が破綻する。


新史暦157年・・・カリデ領内に百頭の不死の獣が現れる。獣出現から半年後、首都が破壊され、カリデは地上から消える。


新史暦259年・・・東からやって来た三剣士によって、一から百の獣が退治される。


新史暦260年・・・名もなき騎士と、一人の商人が中心となって、旧カリデ首都のあった場所に「レーヴァ」という名前の街ができる。


新史暦301年・・・西方諸国周辺の様々な民族の商人が集まり、他民族国家「フローティス」が建国される。


新史暦351年・・・建国五十周年祭典開催。


新史暦359年・・・フローティスの隣国で起こった紛争が引き金となり、リクシャマー帝国と交戦状態にはいる。


新史暦362年・・・一から百の騎士による「数の騎士団」結成。リクシャマー帝国との戦いにおいて、数十倍の戦力相手にこれを撃退し、フローティス国内で英雄騎士団と呼ばれる。


新史暦367年・・・突如現れた異獣の軍勢に、数の騎士団が破れる。


新史暦369年・・・リクシャマー帝国の再度の侵攻。フローティスはリクシャマー帝国の支配国となる。


新史暦370年・・・ルスクォミーズの食事♪

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/yoakero/20071102

2007-11-01

[]星見の塔トーナメント参加キャラ はてなブックマーク - 星見の塔トーナメント参加キャラ - 蒼い空の夜明け

f:id:yoakero:20071102012416j:image

「名前を失った騎士」(レイヴァン・フローティス)


体力4 HP10

反射3

知力2


【スキル】

イア=テムの呪いの剣 生命吸収 報復 斬撃


【スキルパターン】

A:地地剣

B:剣剣剣


【プラン】

相手が沙羅双樹を維持している場合、剣技を使わない。」

相手が沙羅双樹を習得しておらず、相手のHPが6以下で、相手の使用中パターンの中に地のパネルが1つ以下で、かつ自分が先攻の場合、パターンをBに変更。」



設定

・東からきた三剣士の一人。

 呪われた西の地で、一から百の獣を滅ぼすが、戦いのなかで二人の仲間を失い、自身も土地の呪いを受け、名前を失い、力をふるえばふるうほど狂気に支配されるようになってしまった。

 戦いの後、行き倒れていた彼を助けた行商人に恩返しをするため、呪いの消えた西の地に交易の街をつくりはじめる。彼の死後、彼の息子が王となって国が建つ。建国五十周年祭典において彼が正式に建国者とされる。このとき、彼がふるっていた剣に刻まれた銘であり、街の名でもあった「レイヴァン」を彼の名前として歴史に記し、国の名前のフローティスとつなげて「レイヴァン・フローティス」という姓名が与えられた。

 一説によると、レイヴァンの死体は呪いによって腐らなかったため、城の地下深くに封印されているという。

(今大会に参加しているレイヴァンは、行商人に恩返しをしている時代の彼。よって名前を失っている)

TheShipWhoXXXTheShipWhoXXX2007/11/02 01:44どわっはー!
かぶりというか、ウチのの上位互換というか、
そうか、プランってそう書けばいいんだ…みたいな。
勉強になります。

yoakeroyoakero2007/11/02 02:17逆に僕も、TheShipWhoXXXさんのキャラを見て、「そうか、プランってそういう手もあったか!」とか思っていたので、お相子ですw

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/yoakero/20071101

2007-01-14

[][]パンゲオン はてなブックマーク - パンゲオン - 蒼い空の夜明け

淘汰するもの。

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/yoakero/20070114

2006-05-19

[]都市フロントクロン はてなブックマーク - 都市フロントクロン - 蒼い空の夜明け

フロントクロンマロゾロンドに滅ぼされた理由は、そこに「神を滅ぼす武器」か「その手段」が隠されていたからという説がある。それは都市の創始者が、ある一柱の神を滅ぼすために都市に封印しておいたものだという話だが、マロゾロンドはその神によって利用されただけだったのかもしれない。

[]時計はてなブックマーク - 時計塔 - 蒼い空の夜明け

時計のない街の中央にそびえる巨大な時計塔。針は動いていない。高層部分には居住区などがあり、機械人形が塔内部を管理している。

[]機械人形 はてなブックマーク - 機械人形 - 蒼い空の夜明け

おそらく、グレンテルヒの試作機が原型となって製作された自動人形。個体によって、意志や感情の有無などに差がある。

[]グレンテルヒ はてなブックマーク - グレンテルヒ - 蒼い空の夜明け

グレンテルヒは謎多き天才科学者だったが、この人物にまつわる最大の謎として、「グレンテルヒ誕生以前から、グレンテルヒが製造したとしか思えない発明品が歴史上に存在した」ことが挙げられる。機械人形や、単眼神などグレンテルヒの試作機シリーズが祖とされている発明品は、各地の歴史ごとに様々なバリエーションのものが発見されており、それらのほぼ全てはグレンテルヒ発明によって生まれたとしか思えないのである。しかし、そうなってくるとグレンテルヒの生没年との矛盾が生じてしまうことになる。

この謎を論理的に解明することに成功した者は、まだ誰もいない。

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/yoakero/20060519