Hatena::Groupflicker

蒼い空の夜明け

《書いてる人》⇒夜明けの敵

「蒼い空に浮かぶキュトス(仮)」
71の大地と10の星が浮かぶ、果てなく広がる蒼穹世界。この日記は、その世界の創世から終末までの「人と神々の物語」についての設定が集まる場です。(最近は停滞しています)

しばらくは「星見の塔トーナメント」についての紀述がメインになると思います。


2007-12-09

[][]星見の塔・三回戦前、控え室 はてなブックマーク - 星見の塔・三回戦前、控え室 - 蒼い空の夜明け

 三回戦開始以前。

 商人と騎士は、「呪いを軽減させる」と言っていた魔女が戻ってくるのを、何日も待っていた。

「……わたしの石を何日も借りやがって。ちゃんと返してくれるのかな……。っていうか、本当に呪いをなんとかしてくれるんだろうなー、ノシュトリのやつ」

 商人はベッドに横になりながらぼやいた。向かいの壁に隣接しているベッドには、騎士が黙って座っている。部屋のなかには二つのベッドと、大きめのタンスくらいしか家具はおいていない。基本的には殺風景な部屋だった。

 しかし、最近になって、少しずつ物が増えてきていることに、騎士はもちろん気づいていた。

「なあ」騎士は言った。「お前、このごろ塔の中から色々とくすねてるだろ?」

 いきなり質問されて、商人は明らかにうわずった声で「ハイ?」と答えた。

「そ、そんなことないよ? き、紀のせいじゃん?」

「くすねた包帯とか安っぽそうな剣を大会に出てる奴に売りつけてるとこも見たぞ。そんなことして、あとで魔女たちに復讐されても俺は知らないからな」騎士は言った。「俺まで共犯者にするのはやめてくれよ」

 実際のところ、商人は時間を持て余していたときに塔の中をうろつき、金になりそうな物をこっそりと収集していた。部屋にあるタンスの中や、商人がいつも肩から提げている鞄にはその収集品が入っている。

「そ、そんなー」商人が高い声で言った。「わたしのこと守ってよー」

「魔女の巣窟で盗みをはたらこうって女が、いちいち泣き言を言うな」騎士は言う。「だいたいだな、ノシュトリに見張られてるって可能性は考えないのか、お前」

「大丈夫」商人は言う。「ノシュトリだったら説得してみせる自信あるし、それに最近は、なんとなくだけど、ノシュトリが近くにいる感じってわかるようになってきた気がするし……」

「え、そうなの?」商人の言葉の最後のほうで、扉を開けて魔女が入ってきた。「キルシェ、いまの話って本当?」

「えっ!?」商人はいきなり普通に現れた魔女に驚いて、しどろもどろになって誤魔化し始めた。「いや、うそうそ、やだな、わたし何もしてないよ? いつもこの部屋で大人しくしてるよ?」

「……なんの話?」魔女は眉根を寄せた。

「え、ちがう?」

「お前が、ノシュトリが近くにいればわかる、って言ったことが本当かどうかって」

「あ、ああ」騎士の助言に、ようやく商人はうなずいて答える。「うん、まあ、なんとなくだけどね……勘みたいなものだから、当てにならないけど」

「そう……」魔女は複雑そうにうなずいて「こないだから、ちょっとずつこの石に力を移してたから、やっぱり力落ちてるんだなあ」と言った。

 魔女の手には、商人が以前まで身につけていた青い石があった。

「あ、わたしの石!」

「その石を身につけてれば、呪いの力が弱まるのか?」

「そう」魔女は言う。「一回戦でいい感じに呪いのスイッチが入って、二回戦ではリジェネレイトスライムに絶望の感情を増幅させられて、あなたの呪いもずいぶんと進行しているようだし、その状態で三回戦に挑めば悪化するのは目に見えてるからね。その呪いが体にたまらないように、この石に呪いが流れ込むようにしたから」

 こともなげに説明する魔女に、商人と騎士は驚いた。

「そんなことできるのか?」騎士が訊いた。

「わたしは気配を操る魔女ノシュトリ。このくらいできて当然」

「そんなことして、その石、壊れたりしないよね?」商人が訊いた。「それ、初めて自分のお金で買った装飾品だし、それなりの値打ちのする石だし、紀石の伝説ってわたし好きだし、ノシュトリに出会う前にもその石に助けられたことあったし……あの、だから無事な形で返ってくるとうれしいんだけど……」

「えっと、残念だけど」魔女はすまさそうに言った。「たぶん、壊れる」

 商人は声もなくその場にしずんだ。orz

CorundumCorundum2007/12/15 13:07この3人良い空気ですね。多分商人のおかげで……。
自分の中ではもうすっかり商人ストーリーみたいな感じになってます。商人ラブ。
次の回が気になります。

yoakeroyoakero2007/12/15 14:14騎士のキャラが弱すぎたんですよな。この頃は、自分でも商人ストーリーになってきてるという感がします(笑)
次回は敗戦後ですね。敗者復活戦がまだあるなら、その情報が出てから書こうと思っています。

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/yoakero/20071209