我がとうそう このページをアンテナに追加 RSSフィード

高島津諦のゆらぎの神話関連ペイジです
好き勝手やってますので、コメント・トラックバックお気軽にどうぞ

2007-01-07

言ってみること

| 20:32 | 言ってみること - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 言ってみること - 我がとうそう 言ってみること - 我がとうそう のブックマークコメント

 やれ、二十日遅れですが。

 お返事、というよりは思うこと。

梳野の日記Substream - 整然と混沌


梳野的思考からすると混沌思考派を自認する人たち、と言うよりもその人たちの為にある場所が

とても「見やすい」形をしている事は無いと思うのですよ。

梳野の意図とは別に棘のある言い方になってしまいますが、「混沌」であることとは

「整理されていない」ことにとても近く、インデックスもガイドも有ったものじゃない、と。

そういう意味で、FSWと言う概念は「創り手」には自由に楽しむ場を提供するものであれど

「読み手」にとってどれくらい好ましい概念なのだろうなー、と思ったり。

新しい概念だから色々と案じてますが、個人的に「FSW」と言うのは

「読み手」から「創り手」となる為の敷居を限りなく下げる為の概念

なのかなぁ、と思ってます。言い方を変えると

「読んでて面白くないならYou書いちゃいなYO!!」的な。

何せFSWの範疇である限り、何を書いてもどう解釈しても批判的な責任を負うことは無いはずですから。

 あー、なるほど。見せたい、というのは、見やすい作品を創りたい、という意味も含んでいたのか。理解理解。その上で……。

 勝手に情報が増えていくFSWの構造上、完璧な一覧性が乏しくなるのは恐らく仕方ないです。しかし、それは「見やすくない」「整理されていない」ことを意味しないと思うのです。

 どういうことかというと、全てを網羅した事典は作れないけれども、ある程度の事柄を見やすく整理し収録した物は努力さえすれば作れる、ということです。普通の国語辞典や百科事典だって、そんな風に作られてるんじゃないでしょうか。




 しかしまあ、『ゆらぎの神話』については、一覧性どころか見易さも高いとは言えないでしょう。『創り手になろうぜ!』と強調してきたことを差っぴいても、読み手に対して十分な工夫がされてるとは言えない気がします。分かりづらくて仕方ないから何とかしよう、という試みをしてる人もいるものの、まだ正面には押し出されてませんしね。アレとかそれとか、面白そうなのが色々あるのですが。

 私個人としては、『ゆらぎの神話』については、敢えて見やすくなりすぎないように、とすら考えていました。というのも、情報が込み入っていて、人によって持っている知識に差があった方が、各々の神話解釈に差が生まれて面白かろう、と思ったからです。既存の神話において、様々な曲解が生まれる一因になったっぽい地理的政治的言語的その他様々な障害による情報格差、それを擬似的に作っときてぇなぁ、と。

 でもそろそろ、どう上手くまとめても、全ての情報をパッと把握することはできないくらい混沌としてきましたしー。そろそろアレだな。ユーザーインターフェイスだかアクセサビリティだかを何とかしても良いころっすね。……とか言うと私が何かやりそうだけど無理プー。



 結局、外からも内からも散々っぱら言われてるように、それなりのボリュームがある完結した作品をドギャスと打ち出すのが、発展とか進化とかを目指すならベターな感じである。一枚絵やインスト音楽よりは、ある程度はっきりした物語性のある物が向いてるだろうか。作品内で言葉が説明しきられていれば、分かりやすさの問題はクリア。作品用語辞典とかまで作ればダメ押しね、それが作品を生かすか殺すかは別として。それに加えて、誰か一人のフィルタを通した情報なので、自然と情報に歪み曲がりが生まれる。そして何より、FSWを利用すれば本当に良い物が作れるのかよピンとこねーな、というもっともな疑念にも一定の回答が出来る。

 悪徳商法の謳い文句並みにいい事尽くめなんですが、なぜ完成していないかというと……お察し下さい。アルセスのせいだ。知るか!

DhaneshDhanesh2013/01/28 02:29I might be beating a dead horse, but thank you for potsnig this!

tmnfqckjuytmnfqckjuy2013/01/28 12:24otBuU3 <a href="http://luevqcjtwrvk.com/">luevqcjtwrvk</a>

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20070107

2006-12-17

うにゃあ

| 06:40 | うにゃあ - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - うにゃあ - 我がとうそう うにゃあ - 我がとうそう のブックマークコメント

梳野の日記Substream - へぎゃあ


上井ラナさんがこちらの記事で触れた「価値観の相違」という点について。

これってたぶん、創作理念の違いから来るんじゃないかなぁ、と。

「創ること」それ自体を目的とする人と「見てもらう事」を目的とする人では

到達点が違ってくる以上、意識の方向性はまったく別物ですし。

 創作理念の違いから価値観の相違が生まれるのか、価値観の相違が各人の抱く創作理念を違ったものにするのか。ワタクシは後者だと思いますけれど、どっちにしろ創作における価値観と理念ってのは密接な関係にありますわね。

 梳野さんは、混沌志向派*1を『創ること』『見せること』のどっちを目的にする人だと見られてるのかしらん。自分では、どっちかというと『創ること』が目的の人が多いと思ってるのですけれど。いやまあ参加者何人いるか分からない*2中で、片手で数えられそうな人数の意見しか見てないので信用なりませんが。


可愛い子には旅をさせよ

| 06:40 | 可愛い子には旅をさせよ - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 可愛い子には旅をさせよ - 我がとうそう 可愛い子には旅をさせよ - 我がとうそう のブックマークコメント

フリーシェアワールド・エクスプローラ - FSW宣言は「作品を自分の手から離して一人歩きさせますよ」の宣言

 私の最初の記事で書いた『誰でも勝手にやっていいよ、全体が把握不可能になるのを認めるよ、全員共通の正式設定を決めれなくするよ』をスローガン的に一言にまとめればこんな感じで。

 あー、でもこれだと、原作者さんが、一人歩きしてしまう→自分がこれから作る作品も一人歩きの影響を受けなきゃない?→イヤーン、という風に誤解しちゃうかもしれません。説明を読めばそうは思われないでしょうが、世の中説明なんて読まれないものですし。


もえりしょう。

| 06:40 | もえりしょう。 - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - もえりしょう。 - 我がとうそう もえりしょう。 - 我がとうそう のブックマークコメント

 『萌理賞』という、400文字小説コンペみたいなのがあったりするのです*3。で、その第七回が始まったんですがー。

萌え理論Magazine - 第七回萌理賞-小説・原作部門開催


募集要項

第七回萌理賞-小説・原作部門――

 小説・原作を募集します。日本語文章でオリジナルの創作に限ります。参加部門はどちらか一つ選び、回答に参加部門をお書きください(小説部門は省略可)。sirouto2が運営する「萌え理論」系サイトへの、投稿作品の転載をご了承ください。他詳細はトラックバックから萌え理論Magazineをご覧ください。

 小説部門 - 400字程度の短編小説を募集します。最優秀作品には200pt進呈します。共通課題テーマは「萌え」(一人は美少女・美少年が登場すること)。課題モチーフは、「冬」「セーラー服」「ブルマ・ジャージ」「婦警・刑事・捜査官・警備員・軍人」「クリスマス」のいずれか選択(複数可)。

 原作部門 - 200字程度の設定文章を募集します。最優秀作品には100pt進呈します。共通舞台は「萌理学園」(詳細は萌えマガ)。記述対象は、「登場人物」「部活・委員会」「施設・校則・行事」「あらすじ・エピソード」のいずれか選択(複数可)。なお、設定に基づく二次創作は、誰でも自由に制作可能とします。


(中略)


萌理学園

 「萌理学園」は、フリーシェアワールドの新企画です。具体的には、男女共学で1・2・3年×A・B・C組あり、1クラス30人程度の規模を想定しています。学習内容は基本的に普通の学校と同じですが、年齢は聞かないお約束。時代は現代ですが、「異能」の設定は可です。すなわち、特殊な能力が使える者がいて、秘密裏の戦闘が行われているという設定(ラノベの「現代学園異能」)のことです。投稿が増えてくれば設定間に矛盾も出てくるでしょうが、そこでスルー力を発揮して矛盾を気にしない方向で行きます。設定を二次創作にする人が、取捨選択すれば良いでしょう。

 原作部門の萌理学園が新FSWなのです。正直、萌理学園という名前がアレな気もしますがそこはきっと分かりやすさを狙ったんだと思います。現時点ではゆらぎの神話とは無関係なのです。これからアメリカからの留学生フェルティエイトとか、国籍不明の登校拒否生徒上井ラナとか出てくるかもしれませんが今のところはまっさらなのです。出ようぜ!

 あ、補足すると、現代学園異能っていうのは、ここ数年ラノベアニメその他で大流行りな、学校に通う生徒たちを主軸にした異能力物の総称でございます。ブギーポップとか、戯言とか、月姫とか、ジョジョ第四部とか。灼眼のシャナとかが代表的? 読んでないから分からないよ。

 原作部門じゃなくて普通の小説部門も楽しいからやろうぜ! 個人的にはセーラー服もブルマもジャージも警察官軍人その他も興味は薄いのですけど、冬ということで誰かと一緒に炬燵に入るようなシチュエーションが好きです。

*1:猫っ子とかでもいいけど

*2:mixiコミュでは現時点で80人強

*3:最近はイラスト部門とかもある

topheltophel2006/12/18 22:32こんばんは、あたしジェニファー。
『創ること』『見せること』って難しいですね。
とりあえず読書するとふつふつと湧き上がってくる妄想があって、それを脳の外周部にヌリヌリして、書く。書き終ると、それは自分の頭から零れ落ちたよくわからない子になったりしてます。
創作する上での知識を求めるようになると、必然にお金もかかるし、天上界の創作物のように人の心に訴えるものを創りたいという欲求が湧き上がるのは人のサガのような気がします。そうすると、必然的に自分の子を囲んで守って発酵させたくなるんだと思います。
ある程度の高さまでに持ち上げるには衝突は避けられず、まだまだFSWも色々と削られて逞しくなっていくんだと思いますます。
とりあえず、二次創作をする場合の労力を考えると、よほど魅力的な作品じゃないとスルー力が乱れ飛びそうです。

>>国籍不明の登校拒否生徒上井ラナ
実はこれにコメントしたかっただけです、すみません。
なんたって語呂がいいんです。早口言葉にぜひ。

runa_wayruna_way2006/12/20 05:51 ハーワーユー僕権造。
 えーとあれです。前半部分のおっしゃりたい事が正直よく分からないんですよ! 『自分の作品を人に触らせたくないFSWしたくないという姿勢は心が狭い、なんて言説こそ視野が狭い』『FSWの概念・定義はまだまだ未熟であり現状の定義を頑なに、或いは衝突を避けることで守ったまま広めようとするのは間違いである』『ただ自由を謳っただけじゃFSWなのに人の作品を利用することは滅多に無くて結局FSWの意味が薄い』とかそういうことを読み取ったのですが誤読してないでしょうか。一つ目はその通りですね。実際の所、本当に世の中のすべての創作物がFSW化するというのは、個人的にはあまりよろしくない未来図です。FSWは魅力的だと信じていますが、完璧無敵全面最強だとは思っていないので。三つ目は、よほど魅力的なもの以外はスルーされちゃっても良いだろうなあと思っとります。適者生存の様に、環境に適応した種が繁栄すれば良いのだという考え。二つ目は……どのように変節していくかというヴィジョンが見えないので何とも。ただ、広まる過程で変わっていく事は必然だと見越し、その上であえて変えずに保とうとするのも悪いことじゃあないと思ってます。私自身が今後もそうするかは分かりませんが。
 【人の心に訴えるものを創りたい】って、創る欲求なんでしょうかね、見せる欲求なんでしょうかね。私は創る欲求と判断しておるのですが。見せる他者が必要なのになんで、って言われると困るのですが、恐らく誰かの心に訴えたかどうかは作者には分からない(ファンレターや評判の類は人気にカテゴライズ)からではないかと。アイドンニードフィードバックだと創る欲求で、万雷の拍手を送れ世の中のボケどもだと見せる欲求。そんな分類方法。ていうか創作者の端くれですらないのに何言ってんだ私は(ここまで来て逃げ口上)。
 
 
 国籍不明の登校拒否生徒上井ラナは語呂いいですね。子音kが繰り返されるのが心地良く感じます。国籍不明の登校拒否生徒ココナツ浩二、などにするとモアベターと思われます。

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20061217

2006-12-13

フリーシェアワールドとオープンシェアワールドの違い

| 12:17 | フリーシェアワールドとオープンシェアワールドの違い - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - フリーシェアワールドとオープンシェアワールドの違い - 我がとうそう フリーシェアワールドとオープンシェアワールドの違い - 我がとうそう のブックマークコメント

 現時点でのこの二つの違い。前の日記のコメント欄を見てもらえれば分かりますが、思いっきり勘違いしてました。ややもするとまた勘違いしてしまいそうなので書いておきます。書いておきますと言うか、正直まだ良く分かってないので考えてみます。

≪フリーシェアワールド≫


  • 個々の設定をFSW設定とするかしないかは、その設定の一次作者自身が自由に決められる。
  • FSW設定の利用は全ての者に公開された権利であり、一次作者の許可なく誰がどのように扱ってもよい。
  • 個々のFSW設定を自分が採用するかしないかは、作者や受容者の各人が自由に決められる。

オープンシェアワールド(OSW)Wiki


シェアワールドとは?

複数の作者で設定や世界観を共用して創作される一連の作品群のことです。

オープンシェアワールドとは?

シェアワールドのうち、参加資格に制限が無くだれでも自由に参加できるものです。略称はOSW。

(ID制や会員制のものであって、入会資格に制限が無いものを含みます)

 FSWは著作権の保護を解除し*1、作品*2の利用が自由であることを主眼においています。利用が自由なので、引用しようが曲解しようがなかったことにしようが参考にして外伝を書こうが良いのです。フリーであることが本義であり、その結果として不特定多数が参加するシェアードワールド化もしうる、といった感じです。

 一方OSWは、元来のシェアードワールド概念を元に、そこへの参加が自由であることを主眼においています。シェアードワールドですので、他者作品を参考に自作品を作ることは許可されるでしょう。そして、重要なのはそれ以外の利用(引用・転載・配布他)については言及がないということです。言及がない以上、著作権保護は従来通りに有効であり続け、勝手な使用・引用などは禁じられます……多分*3。また、作った作品は自動的にそのシェアードワールドに組み込まれるでしょう……多分。

 これら最も基本的な定義で言えば、両者の関係は

『OSWは著作権の自由化を限定したFSWである』

『FSWは著作権を更に自由化したOSWである』

といったところでしょうか。どちらも原則的な定義ですので、FSWが著作権保護を部分的に再び有効にし、OSWが著作権解除範囲を拡大すると、両者は同じ物を指したりするでしょう。



 前回私が勘違いしていた、矛盾や設定破壊の許可不許可は境界線にはならなそうです。考えてみれば、作品から世界への影響・変化は、作品を無視しない限り多少は必ずあるはずです。ですから、共作を許した時点で、多少の影響を認めたことになるでしょう。そして、設定への影響と変化と破壊と矛盾は区別が困難なのですから、分類基準としては不適ですね。勿論、悪意善意、作為不作為、程度問題などが論議の的にはなるでしょうが。





 しかし、著作権がどんな権利なのか良く分かってないのにこんなことを書いてるのは多少空しげですが、まあそれはそれ。

 どっちがどっちを含むと考えるのが妥当か、とかそういうのは知らないぜ。

*1:権利自体は消えない

*2:世界観設定イメージその他含む広義

*3:シェアードワールドであることが使用・引用他も許すのであればこの限りではない。FSWとほぼ同義になると思われる

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20061213

2006-12-11

デンキセンシザッカーン?

| 00:30 | デンキセンシ[[ザッカーン]] - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - デンキセンシ[[ザッカーン]] - 我がとうそう デンキセンシ[[ザッカーン]] - 我がとうそう のブックマークコメント

「どうすれば良いか分からないと言えば助けてもらえると思うの? 自分は力を振るわないのに協力してくれる人が現れると思ってるの? そんな軽薄ライトな、建前的ライトな、汚れたがらずライトな態度で何を作れると? 甘ったれるのもいい加減にしなさい!」



と脳内虚無の王女セラティ(銀髪オッドアイ顔に火傷痕)が顔を半分隠した膝立ち座りで指を突きつけてきたので、まとまってないですがFSWに思ったことくらいは書いておきます。

 各小見出し間の話の繋がりはほとんどないですのでよろしく。

ある程度の語句の定義はしたい

 何だかんだ言っても、FSWの認識差による諍いは無い方が良いでしょう。なので、FSWという語句の意義はある程度一本化したほうが良と思います。

 個人的には、id:Erlkonigさんが言うような、参加も利用も矛盾も自由、私の言う所の完全FSWをFSWとするのが良いんじゃあないかと思います。というのは、ジャンルが示す物は、出来るだけ包括的な方が好ましい、と私は考えるからです。

 例えば『フリーウェア』という言葉は、とりあえず無料で勝手に使ってもいいというのを示し、その上で作者さんが、商用使用禁止だとか報告しろとかカンパウェアだとかを適宜書き加えています。FSWもそれと同様に、基本的に示す内容は『著作権は放棄しないけど全フリー』ということ。それ以上に制限をかけたい人は、それを明記する必要がある、とする方が、柔軟性や分かりやすさの面で良いのではないでしょうか。


 ただ、オープンシェアワールドの発展や広まり方によっても色々変わってきそう。


限定FSWについて思うこと

 限定FSWについて疑問。

 制限を明記しても、孫引きひ孫引き、第四次第五次創作とかの作品で、どうやって初期の制限を守らせるつもりなのでしょう。『私の設定を利用した作品には、その作品のどの部分が私の設定を利用したか示し、そこについては制限内でのみ利用可であることを常に明記すること』とかいう制限を加えなければ難しい気がするのですけど果たして。

 素材や絵は見れば使われたことがすぐ分かるなら良いのですが、設定となるとなかなか難しそう。


考えてみればゆらぎって微妙に制限がある

 ゆらぎの神話は完全FSWだ完全FSWだ言ってますけど、『はてなキーワードで既に書かれた文章を削除するのは駄目』、というタブーがあったりするので、実は完全でもないんですよね。ちなみにキーワードから文章ざっくり削除して、それはどうなのと言われたのも私。マジ問題児。

 あと、最近まで知りませんでしたけど、自作品に利用する時にはゆらぎの神話と言う元ネタがある、と書かなきゃいけないとかありますし。


※13日追記:キーワード削除の禁止は完全FSWであることを意味しないのでした。


猫耳と申したか

 d:id:wiz-stargazerさんの

防備録 - フリーなFSW


OSW:http://www23.atwiki.jp/shareworld/

も見たけれど、あんまり用語ばかりが乱立すると、

わかりにくくなるので体系化していったらいいなと思いました。

というのには同意します。が、ではFSWとOSWどちらを基本とすべきか、というとなかなか難しいですね。現状でも、

『OSWは矛盾や世界観破壊を許さないFSWである』

『FSWは矛盾や世界観破壊を許可したOSWである』

の二つの考え方があったりして。

 大間違い。正しくは

『OSWは誰でも創作参加が自由な作品世界である』

『FSWは自由な引用・利用が可能であり、その結果創作参加も自由である作品世界である』(13日追記)

 

 ほっといてもより広まった方に統一されたりするかもしれませんが、分かりにくくては広まらない、と言う話であるし。うーん。


あと、

ゆらぎの神話」の語彙を使って言うのならば、

つまりそれは「竜」と「猫」の違いだと思います。


おそらく上井さんは「猫」なのでしょう。

 もっとゆらぎワード使って! 軽く感動する。

 しかしお前は【猫】だと言われると、いやそんなことないですよ【竜】的だったりもしますよ、と反論したくなる辺りが逆にますます【猫】なのだろうか。天邪鬼ではある。ツンデレではない。


 でも実際、混沌としてればいいやというわけではありません。

増田が混沌としない理由、あるいは混沌について - はてな匿名ダイアリー


水彩絵の具とかを何色か、水に垂らしていくとマーブル模様になるよねという遊びはお前もやった事があると思うんだが

マーブル模様を筆とかでぐにゃぐにゃってやって色が混じったり模様に規則性が無くなっていく状態が「混沌」なんだ。

でも、このぐにゃぐにゃがおもしれーって筆をぐるぐる動かし過ぎると、ただの濁った水になってしまう。

混沌も行き過ぎるとつまんねー、って事なんだとオレは思っている。

 これには超同意なので。混ぜてるだけだとどうしようもなくなってダレる。そうならない為には……混ぜ方をコントロールするなり水を捨てるなり他のバケツに目を移すなり?



ゆらぎの新語・流行語大賞 2006

 唐突ですが、今年一番フリーシェアされたゆらぎの神話関連の言葉は、おそらく≪フリーシェアワールド≫という言葉自体でしょう。

 本来の提案者は完全FSWのみを指していたわけですが、違った解釈でFSW宣言がされ、それと擦り合わせていく途上で更に幾つかの方面にもFSWという言葉が伝わり、思いもよらぬ所からOSWという言語も生まれたりして、≪フリーシェアワールド≫という言葉はゆらぎにゆらぎまくっています。フリックオブフリッカーです。

 惜しむらくは、ゆらぎを楽しむことの是非、みたいな議論に使われる言葉自体がゆらいでいるので、安心してそのゆらぎを楽しめないこと。

 しかしそれをのぞけば、FSWはかなり理想的なゆらぎ具合です。他の色んな物もこれくらい、いやこれ以上に広く使われて解釈の差が生まれればいいのになー。


 大体、この世で最大の完全FSWっていうのは現実世界でありますし、言葉はまさに万人に自由に共有される為の存在です。Free Share WorldならぬFree Share Word。だからどうした。セ、セラティが俺を見ている! 暗黒エネルギーだ! 中二病をもたらす暗黒エネルギーのせいだ! ギャアアアアア!


「全体とは、部分の総和以上のなにかである」

| 00:57 | 「全体とは、部分の総和以上のなにかである」 - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 「全体とは、部分の総和以上のなにかである」 - 我がとうそう 「全体とは、部分の総和以上のなにかである」 - 我がとうそう のブックマークコメント

 FSWに関して良いなと思うことの再確認文章。

 グラフのx軸とy軸を書き直す作業。


 ≪フリーシェアワールド≫独自の魅力というのは、著作権に保護され、それ故に動きを制限されていた創作物を、複雑系に放り込めることだ、と私は考えているのです。

 使い古されたたとえ話を持ち出しましょう。

 私はただの一匹の蝶です。羽ばたいたって、葉っぱの一枚も動かせません。けれど、蝶の羽ばたいた場所が複雑系に支配された世界、自由フリーで、全てに共有シェアされる、無限に広い世界ワールドだったならば。蝶の羽ばたきは、限りなく無限に近い数の因子の影響を受け、限りなく偶然に近い必然の連鎖の果てに、世界の裏側で予想もできない大嵐を起こすかもしれません。海の底で火山を噴火させるかもしれません。内気なアイツに洋子さんに告白する勇気を与えるかもしれません。ただの蝶の羽ばたきが。

 とはいえ蝶の羽ばたきが起こした風では、本当に嵐を起こしたのか、パンチラチャンスを作ったのか、どうしたって分かりません。しかし作品ならば、ある程度影響を見て取れるのです。FF26辺りに召喚獣ヴィイが片翼の少女として出たならば*1、それはゴーストヴィイの影響が見て取れるのではないでしょうか。いえいえもっと露骨に、女神転生の悪魔として妖魔マロゾロンドが出たりとかしたら、それはきっと風が吹いて桶屋が儲かるより迂遠な、しかし必ず存在するドミノ倒しラインの果てに、ゆらぎの神話からアトラスまで繋がったのだと言い切れるでしょう。起こした風に名前を刻むことが出来るのです。


 創作者ストーリア?ではなく読者リーダー?的な楽しみ方としてならば、関係の読み解きという、考察的な楽しみ方もあります。ニュートンが、林檎が落ちることから重力の法則を見取ったように、何かと何かの関係を考える楽しみです。メタレベルで内容が伝播した経過を考えても良いでしょう。物語世界内での何かと何かの関係を考えても良いでしょう。そしてそれをFSW内外で自由に発表することがますし、場合によっては実際にその様な法則が定説化するかもしれません。自分で法則を捏造するようで考察のしがいがない、という意見もあるかもしれませんが……少なくともFSWに特有ではあります。それに、突き詰めれば、あらゆることには理由があるのですから、全く捏造と断ずることはできません。


 私がFSWが広まって欲しいと考えるのも、その自由度が高くあってほしいと考えるのも、このFSW特有の複雑系が大きく自然な物になってほしいからです。予想できない変化を見たく、見えない変化を予想したいのです*2

*1:本来ヴィイの名はゴーゴリの作品が出展らしいですが

*2:そしてもちろん、これらFSW特有の魅力のみならず、共作体制に共通する様々な魅力もある

TimeTideTimeTide2006/12/12 07:31>『はてなキーワードで既に書かれた文章を削除するのは駄目』
それは「個人情報流すのはやめましょう」「人の嫌がることはやめましょう」的なマナーに関する注意書きなので、FSWに関する著作権的な規定とはあんまり関係ないのではと。

>自作品に利用する時にはゆらぎの神話と言う元ネタがある、と書かなきゃいけない
あれ、必須って言ってたっけ? 記憶ががが

runa_wayruna_way2006/12/12 08:10>上
 あー、うちのキーワードにあるFSW(完全FSW)の条件を満たさない、と言うのは間違いだったかもですね。
 私が言いたかったのは、ゆらぎ・完全FSWとしては、『他人に過激に弄くられるのはちょっとなあ』という意見に対して、『いやいや弄くり弄くられ楽しいっすよ! 何されても全然嫌じゃないっすよ! ちょっとウチきてやってみましょうよ!』みたいな急進的なノリで通してきてると感じていたのだけれど、実は『いや、やっぱ一遍書いたの弄くられるってのはちょっと嫌……』という保守っぽい規定があるのは
他から見たらなんかもにょるということであった。誰ももにょってなかったら私がもにょってるということであった。

>下
http://flicker.g.hatena.ne.jp/keyword/%e3%82%86%e3%82%89%e3%81%8e%e3%81%ae%e7%a5%9e%e8%a9%b1%20FAQ
の一番下って違いますか。

高樹ひろむ高樹ひろむ2006/12/12 09:15私の定義するOSWとは、「参加資格に制限が無くだれでも自由に参加できるシェアワールド」という意味であって、FSWもその中に含んだ概念です(参加資格に制限のあるFSWというものがあるなら別ですが)。
つまり、参加資格に制限さえ無ければゆるゆるのFSWだろうと、設定にガチガチに制限があるものであろうとOSWに含まれます。
もちろんOSWという名称にこだわる気は無く、こだわっているのは「参加資格に制限の無い」という概念の方です。

TimeTideTimeTide2006/12/12 16:54>上
極端な話、たとえば僕はBBSとPBBSとmixiのデータを恣意的に消去することが出来るけど、それをすることは別にFSWの思想によって保障された権利ではないわけで。人の作ったものそれ自体に手を加えたり消去したりというのはFSWの範疇外だし、そこは別途で考える必要があるかと思うだずら。

>下
うわ本当だ! ……あとで修正しとこう

runa_wayruna_way2006/12/13 11:51→高樹さん
 矛盾を許すものも含むのですね。失礼しました、訂正します。
 OSWとFSWの違いは、通常著作権により許されていない作品の引用利用等を許すとしているかどうか、となるのですね。



→TimeTideさん
>上
 一度コメントしたのを訂正。
 FSWは、作品を保った上でそこに含まれている情報をどう使っても自由、ということを示すのだ、ということみたいだけれど。消去だの変更だのっていうのは、『作品の利用』には含まれない?

TimeTideTimeTide2006/12/13 12:57ほ、法律わかんね。僕が間違ってるかも。
えーと、著作権と所有権の違いと言えば分かりやすい? Aさんが絵を描いた。そしてその絵の「著作権」を放棄した。(パクリ公認) でもモノとしての絵はAさんが所有し続けている。そこにBさんがやって来て、「著作権放棄したんだから何してもいいだろう」と絵を盗んでったり破いたりするのはNG。
 つまりゆらぎでは、著作権までは自由にしていいけど所有権までは言及してなくて、「作品の利用」と言うより「知的財産の利用」と呼ぶのが正しい? ような気がしませんか? いいのかこれで。

runa_wayruna_way2006/12/13 13:07 あーなるほど。法律的制度的にどうかとか能力と権利とシステムがどうとかそういう妥当性は私も知りませんけど、イメージとしてはすっきりしました。著作権と所有権は違うのね。

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20061211

2006-12-10

マヨヒ

| 05:02 | マヨヒ - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - マヨヒ - 我がとうそう マヨヒ - 我がとうそう のブックマークコメント

始める前に

魔王14歳の幸福な電波 - フリーシェアワールドは矛盾した設定を許容する

ゆらぎの神話 ポータル - フリーシェアワールド・エクスプローラ - FSW企画をまとめてみます。

 id:Erlkonigさんが≪フリーシェアワールド≫(以下FSW)について書いてますので、読んでいなくてFSWに興味のある方はまず上の記事をどうぞ。


この記事は言い訳なのです

 さて、前回からしばらく放置してしまいましたFSW。トラックバック沢山撃ったらトラックバック沢山もらえて嬉しいです。

 しかし残念ながらこの記事は、ぶっちゃけ何言ったら良いか分からなくなっちゃったよと報告する記事です。


本論

 そも、私が何でFSW論に手を出したかと言いますと、FSWに対する懸念の解消が目的でした。

 主に伺か界隈で、

『FSWって何されるか分からないし問題が起きそうだしめんどくさそう』

みたいな言説が見られましたので、

『そんなことないよー、全然気楽だよー、みんなやろうよー』

ということを主張したかったのです。 FSW宣言する人が増えれば、それだけ遊び場が増えて楽しめますから。

 そこで、前回私がFSW定義として書いたようなことを説明すれば、何かされても気にしなくていいのか安心安心、と感じてもらえるだろう、と思ってました。

 ところがばってん、乏しい説明ながらちゃんと理解していただけたようなのに、依然として完全FSWへの懸念はあるみたいです。

 それは果たして何故かしらと考えました。結果、恐らく元々の懸念は、正式設定になるとか、本家を侵食されるとかそういうことではなく、そもそも『大本からかけ離れた何かを作ることの評価』が違うのだ、と思い至りました。やっと。

 例えば梳野さんはこう書かれています。

梳野の日記Substream - FSWと言う事


話戻って、個人作品がFSW宣言された場合の齟齬はもう少し話が難しくなるのでは無いかと。

具体的に言えば、「発表済み作品のキャラクターの、時系列的に未公開な部分」、平たく言えば未来や過去と言う訳ですが。

そういう部分は、まぁ「お約束」として手を出さないのが普通ですが、

その辺を理解出来ないキチ●●とかたまに居るのが世の中な訳で。


こうやってぐちゃぐちゃ考えてると、FSW宣言とは「最初からそれを想定して作られた作品」、言い方を変えれば

「多人数が参加する事が前提の作品」で無いと原典通りの適用は難しいような気もしてきます。

個々人の中にある「愛着」という名の壁の高さ次第ですが、

時流に乗ろうとして無理に「限定的にFreeShareWorldとします」とするくらいなら

其処から造語作って「LimitedShareWorld宣言します。気になる人は御一報を」くらいで良い気もしますが……

 また、高樹ひろむさん*1はこう書かれています。

ドジっ子Watcher フリーシェアワールド - 完全自由は行き過ぎでは?


 そこで私は逆提案したい。フリーシェアワールドという言葉の意味はあくまで参加が自由であるということに留めるべきであり、世界観の矛盾を許容するという意味まで入れるべきではないのではないかと思う。やはりシェアワールドというのは1つの作品群というか世界観であり、そのイメージを壊すべきではないと思うから。


 お二人は、完全FSWやろうぜ自由でいいぜ無茶苦茶できるぜ、というのを是とする私とは、価値観が多少異なります。

 梳野さんの言う「お約束」を取っ払い、むしろその既存の枠を逆手にとって色々したい、しているのを見たい、と私は感じます。作品に対する愛着は、統制や秩序化といった方面へは基本的に作用せず、混沌を推奨すらして、拡大と伝播を望みます。

 個人製作物であっても、そう考える人はきっといるでしょう。また、積極的に内容の変異や混沌化を推奨とまではいかずとも、した所で気にしない、という人だって、FSW宣言するのに支障は無いと感じます。これはd:id:Erlkonigさんのフリーシェアワールド提唱記事でも、触れられていますね。



 高樹ひろむさんは『シェアワールドの共通イメージを壊すべきではない』としています。しかし私は、本来壊してはならなかったそれらを壊し、壊し、その残骸すべてを含む大きな共通イメージが生まれ、それもまた壊し壊し壊し壊し更に大きな何かが生まれ、そのうちに最初とは似ても似つかぬ、けれど初期の名残が所々に残る全く新しい物が生まれてくる、というのが良いと思うのです。

 他にも、FSWの原作破壊を懸念する人の中には、お二人と同じような考え方をする人もいらっしゃるでしょう。それと私の価値観、嗜好は一緒ではありません。

 あ、念の為ですが、価値観の相違は協力できないことを示しませんし、まして優劣を導いたりもしません。優劣は価値観の中で決まるのに、価値観同士の優劣を決めようとしてどうするんだ、という*2


 価値観の違いは、d:id:crow_henmiさんの書かれた■[ゲーム]妙に面倒なフリーシェアワールド語りなどを読まれると良く見えるかなあと思います。


価値観差を埋めるべきかしらん

 完全FSWの利点欠点を分かってもらった上で、魅力を感じないよ、という人にFSW宣言をしてもらうわけにはいきません。では、ある程度分かった上で、いわば限定FSW宣言をしようという人は?

 前回は、『FSWコワクナイヨー』と言うのに加えて、というかその前提として、『FSWと言えば完全FSWよー、だから無視OKよー平気よー』と言う内容も込めていました。カオスに多少の抵抗がある人にも、オールフリーこそが一番だよ、というこちらの価値観に近付いてもらおうとしていたのです。完全、限定、という言葉の使い方からもそれが分かります。



 なぜFSWといえばオールフリーという意識を広めたかったかと言うと、私とみさきさんの例みたいに、『こういうつもりのFSW』と『そういうつもりのFSW』間の認識差によるイザコザを無くしたかったからです。その為には、言葉の定義の一本化が必要になるでしょう。この目的だと、私のFSWはこういうつもり、と定義するだけじゃなく、出来る限りその定義を人類全員に広めなければいけません。そして、その定義に反する物はFSWと呼ぶべきではない、という姿勢をある程度見せなければならないと思います。以前『FSWとFSWもどきがごっちゃになっていて問題だ』という意見がありましたが、まさにその通りです。

 しかし、曖昧にしておくことで『何となくFSW宣言しちゃえー』みたいな人が増えるのも、FSWの輪が広がる為に有効では、という考えも浮かびます。FSWの認識差の問題は、これも私の例みたいに、当事者で埋めてくれるはずです。実際にFSW宣言する人が増えて、それに比べて生まれる諍いが少数であれば、めんどくさそう、という印象は薄れ、FSW参加者が増えることが期待できます。むしろ、変に定義がどうこう、これ以外は認めん、などという話をして限定主義っぽくなるほうが、めんどくさそうな印象を与えて敬遠されるかもしれません。


 一体どっちに向かうべきなのでしょう。


ということでした

 なんてそんなことを考えていましたら、これからどうしたらいいか、言うべきことが見当たらなくなったのでした。こういう、どうすれば興味を持ってもらえるか、みたいな政治的駆引きってさっぱりなんですよね……。

 一体どうしたらFSWが発展するのでしょう? 俺たちのFSWはまだ始まったばかりだ! 協力求む!

 えーと、ひとまずFSW企画まとめに自分の立ち位置を報告したりしてみてください。


言及漏れTB

 こんな場所になっちゃいましたけど、yuさんのTBについて。

Stealth9 die Resurrektion-また雨かっ


後付の正式化でも「拒否権」を設定すれば回避は可能になる。だろうけどもこれは諸刃の剣だね。拒否権を設定すると、端から共有などする気が無くても「FSW宣言」が可能になる。拒否してれば良いだけの事だから。

 『拒否権』ではなく『無視権』の方が、私のFSWのイメージに近いかも。まあ、呼び方はどうでも良いですが*3

 諸刃の剣、というのがよく分かりませんでした。恐らく、原作者がFSW宣言しながら、他の人の作品を無視して自分の作品を作り続けている、という状況だと思いますが……いくらでも無視したいのならすれば良いと思います。別に原作者に無視されたからといって、その無視された作品が万人にとってなかったことになるわけではありませんし。

 『自分は人が作った物を取り込む気はないけど、私の作った物を何かに利用したい人がいればどうぞ』というスタンスのFSW宣言は、十二分に好ましいものだと私は思います。

*1:現在オープン・シェア・ワールドという概念を立ち上げられてます。http://www23.atwiki.jp/shareworld/

*2:価値観の上下を決めたがる価値観の人を貶めている、と反論されそうですしが、余談なのでまたいつか

*3:じゃあ言うな

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20061210