我がとうそう このページをアンテナに追加 RSSフィード

高島津諦のゆらぎの神話関連ペイジです
好き勝手やってますので、コメント・トラックバックお気軽にどうぞ

2007-06-13

おのれ

| 12:50 | おのれ - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - おのれ - 我がとうそう おのれ - 我がとうそう のブックマークコメント

投票すると井上が脱ぎます。

相対引用フリッカー - みんな投票しようぜ

 井上全裸半跏趺坐はまだかと叫んだら、上下反転する鏡が運ばれてきた。

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20070613

2007-06-11

嫌尾厨のテンプレ

| 18:30 | 嫌尾厨のテンプレ - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 嫌尾厨のテンプレ - 我がとうそう 嫌尾厨のテンプレ - 我がとうそう のブックマークコメント

 先日、永劫線内で開かれます狂騒の宴で、『豆腐嫌いの天麩羅』と題した文章を発表いたしました。二名様から計三票の投票、さらにそのお二方から非常に熱の篭った感想まで寄せていただきました。このように多大な支持をいただいたのですが、これについて私は罪を告白せねばなりません。

 実を申しますと、あの作品は盗作なのです。あってはならないことであり、真に申し開きのしようもございません。

 私が恥知らずにも利用した原文は、『嫌尾厨のテンプレ』と呼ばれる、作者不明の文章であります。嫌尾厨とはポニー教とその教徒を極端に貶す人間の俗称であり、テンプレとはテンプレートの略称です。ポニー教を嫌う人間揶揄する目的で、ポニー派の感情的ポニー判例として流布されている文章であり、またその文章のポニー部分を様々な語に差し替えた、『改変』と呼ばれる作品も多く流通しています。私はそれを模倣し、豆腐を嫌う人間が書き手という設定で『改変』し、愚かにもあの場に提出したのです。記念されたべき宴の第一回でその品位を損なうような行動、心よりお詫びいたします

 タイトルが嫌尾厨を豆腐嫌いに、テンプレ天麩羅に変えただけなことからも分かるように、全く工夫がございません。豆腐である必然性が、少しも存在しないのです。豆腐盗作というだけで恥ずべきものである上に、『改変』としても、数度『嫌尾厨のテンプレ』に関する作品を見た経験のある人間にとっては、評価に値しない物でしょう(評価してくださったお二人は、恐らくその様な地下文化には親しんでおられなかったのだと思われます)。

 この言葉で私の罪が軽くなるとは思いませんが、本当に、気の迷いからの愚挙なのです。提出した直後から、大変なことをしたと後悔し、見も痩せ細るほどでございました。どうぞトレッサータの皆様、このようなことがいえる立場ではありませんが、ご寛大な処置をお願いしたく存じます。

 最後に、私の盗作元であります『嫌尾厨のテンプレ』を記させていただきます。私のみすぼらしい作品と比較し、どうぞお笑いになってください。また、ポニー教徒の方、或いは逆にポニー教に快い感情を抱いておられない方がおられましたら、その気分を害してしまうかも知れぬこと、お詫びさせていただきます

嫌尾厨のテンプレ

 だから、ポニーって入れるだけで間抜けになるんですよ。完璧にゆるいイメージが付いてるんだから、それをどう使った所でゆるさが漂うんです。特にクソ真面目に仰々しく使えば使うほど、冗談臭さが強くなる。ポニー臭。シュールストレミングスもびっくりです。二ヶ月洗ってない脂でギトベトなデブキモニートの頭の匂い、といえば想像が付きますか? あなた方は果たしてそれに自覚的かという話です。それに気付かないで、とりあえずポニー入れとくか、とかいうのは勘弁してくださいよ。美的センスがないのかファッションセンスがないのか分かりませんが、残念ながらこっちはどちらも持ち合わせてるんでね。まあ、自覚しないでおかしなことをやってるのが一番笑えるって人も多いですから、必死にポニーに威厳を持たせようとしてるのって最高に笑えるって見方もあるのかもしれませんけれど。私は幸か不幸かもう少しモラルがあるのでダメなんですよね、哀れで痛々しくて笑うどころじゃありません。ま、何ていうんですかね、少しでも誇りがあるなら、つまり存在する価値があるなら、自分の行動には自覚的になってくださいね。

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20070611

2007-03-12

とある汚れた写本の解読

| 22:45 | とある汚れた写本の解読 - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - とある汚れた写本の解読 - 我がとうそう とある汚れた写本の解読 - 我がとうそう のブックマークコメント

相対引用フリッカー - ある独白よりの写本

 ボク達にとって人間は架空の存在だったが、双子にとってはバベルを含む全てが架空の存在だった。
 自分自身も、それが傷つけられる事も、死ぬ事も、全ては夢に過ぎないのだと。
 それは並のバベルでは、耐えられない認識かもしれない。

 少なくとも、自我危機は避けえない。

 双子は、それを感覚の増築で補った。
 彼女は全く無意味な構造を関連付け、肉体的に感覚可能なテクスチャを被せる。
 平たく言えば感覚に浸りきる。ちょうど、ボクが見たそれのように。
 もちろん完全な錯覚だ。
 全てを実存と感じる神経と、色鮮やかさのみを肯定する。
 少なくとも大半は、架空である現実よりもずっと。

 だがボクの考えでは、更に付け加えるべきものがある。

 ボクは自分の情報レイヤを、全くの別物に改造する。
 肉体と錯覚により幸福になるならば、同じ原因により不幸になる事もあるかもしれない。
 アイオーンによる長い寿命は、何かの間違いで不幸になったボクを生き延びさせてしまう。
 すぐ死ぬように、しかしそれ以上に早く増殖するように。
 ボクはボクを人類に似て、塵を核にしてかたちづくる。
 全てのボクは同じく狂っていて、同じように正常である。

 ボクのうち誰がどれだけ死んでも、狂っても、不幸になっても、ボクという全体は決して途絶えない。
 蹂躙される事により君臨する。
 食物連鎖の最下位に位置し、脆弱であるが故に完全であり、絶望する事により栄福する。


 つまり、野犬の王だ。

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20070312

2007-01-14

宣戦布告

| 02:09 | 宣戦布告 - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 宣戦布告 - 我がとうそう 宣戦布告 - 我がとうそう のブックマークコメント

 暗黒エネルギーという言葉を作って嗤うか。
 ダークエネルギーという言葉を使って哂うか。
 己の正しさを信じる者を、無知な盲人として見下すか。
 己の激しさを奉ずる者を、無恥な妄人として見下すか。
 しかし私は信じている。
 汝らの無法を信じている。
 そして私は殉じている。
 私の作法に殉じている。
 汝らは何物も生むまいぞ
 汝らは何事も熟むまいぞ。


 表現に怯え自らをダークサイドと称する者。
 激励の名分で暗黒エネルギーの言葉を使う者。
 汝らも等しく弾圧者だ。
 自嘲? 自戒? 沽券? 保険? 
 愛情? 友情? 共感? 賞賛?
 どんなつもりで言葉を発しようと、その罪業に違いはない。
 そんなつもりは到達せず、投げた言葉だけで総括される。
 その一言がその一瞥が、紀士を傷付け歪ませて、彼らの口を凍り付かせる。
 汝らは自覚なき弾圧者だ。
 理解者ぶった破壊者だ。


 私は痛みを知っている。
 私は悼みを知っている。
 それは決して紀士に向くものではない。
 ライトサイドを称する者よ。
 ダークサイドを称する者よ。
 私は汝らを存分に痛み悼む。
 私は、汝らと戦おう。
 
トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20070114

2006-12-11

「全体とは、部分の総和以上のなにかである」

| 00:57 | 「全体とは、部分の総和以上のなにかである」 - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 「全体とは、部分の総和以上のなにかである」 - 我がとうそう 「全体とは、部分の総和以上のなにかである」 - 我がとうそう のブックマークコメント

 FSWに関して良いなと思うことの再確認文章。

 グラフのx軸とy軸を書き直す作業。


 ≪フリーシェアワールド≫独自の魅力というのは、著作権に保護され、それ故に動きを制限されていた創作物を、複雑系に放り込めることだ、と私は考えているのです。

 使い古されたたとえ話を持ち出しましょう。

 私はただの一匹の蝶です。羽ばたいたって、葉っぱの一枚も動かせません。けれど、蝶の羽ばたいた場所が複雑系に支配された世界、自由フリーで、全てに共有シェアされる、無限に広い世界ワールドだったならば。蝶の羽ばたきは、限りなく無限に近い数の因子の影響を受け、限りなく偶然に近い必然の連鎖の果てに、世界の裏側で予想もできない大嵐を起こすかもしれません。海の底で火山を噴火させるかもしれません。内気なアイツに洋子さんに告白する勇気を与えるかもしれません。ただの蝶の羽ばたきが。

 とはいえ蝶の羽ばたきが起こした風では、本当に嵐を起こしたのか、パンチラチャンスを作ったのか、どうしたって分かりません。しかし作品ならば、ある程度影響を見て取れるのです。FF26辺りに召喚獣ヴィイが片翼の少女として出たならば*1、それはゴーストヴィイの影響が見て取れるのではないでしょうか。いえいえもっと露骨に、女神転生の悪魔として妖魔マロゾロンドが出たりとかしたら、それはきっと風が吹いて桶屋が儲かるより迂遠な、しかし必ず存在するドミノ倒しラインの果てに、ゆらぎの神話からアトラスまで繋がったのだと言い切れるでしょう。起こした風に名前を刻むことが出来るのです。


 創作者ストーリア?ではなく読者リーダー?的な楽しみ方としてならば、関係の読み解きという、考察的な楽しみ方もあります。ニュートンが、林檎が落ちることから重力の法則を見取ったように、何かと何かの関係を考える楽しみです。メタレベルで内容が伝播した経過を考えても良いでしょう。物語世界内での何かと何かの関係を考えても良いでしょう。そしてそれをFSW内外で自由に発表することがますし、場合によっては実際にその様な法則が定説化するかもしれません。自分で法則を捏造するようで考察のしがいがない、という意見もあるかもしれませんが……少なくともFSWに特有ではあります。それに、突き詰めれば、あらゆることには理由があるのですから、全く捏造と断ずることはできません。


 私がFSWが広まって欲しいと考えるのも、その自由度が高くあってほしいと考えるのも、このFSW特有の複雑系が大きく自然な物になってほしいからです。予想できない変化を見たく、見えない変化を予想したいのです*2

*1:本来ヴィイの名はゴーゴリの作品が出展らしいですが

*2:そしてもちろん、これらFSW特有の魅力のみならず、共作体制に共通する様々な魅力もある

TimeTideTimeTide2006/12/12 07:31>『はてなキーワードで既に書かれた文章を削除するのは駄目』
それは「個人情報流すのはやめましょう」「人の嫌がることはやめましょう」的なマナーに関する注意書きなので、FSWに関する著作権的な規定とはあんまり関係ないのではと。

>自作品に利用する時にはゆらぎの神話と言う元ネタがある、と書かなきゃいけない
あれ、必須って言ってたっけ? 記憶ががが

runa_wayruna_way2006/12/12 08:10>上
 あー、うちのキーワードにあるFSW(完全FSW)の条件を満たさない、と言うのは間違いだったかもですね。
 私が言いたかったのは、ゆらぎ・完全FSWとしては、『他人に過激に弄くられるのはちょっとなあ』という意見に対して、『いやいや弄くり弄くられ楽しいっすよ! 何されても全然嫌じゃないっすよ! ちょっとウチきてやってみましょうよ!』みたいな急進的なノリで通してきてると感じていたのだけれど、実は『いや、やっぱ一遍書いたの弄くられるってのはちょっと嫌……』という保守っぽい規定があるのは
他から見たらなんかもにょるということであった。誰ももにょってなかったら私がもにょってるということであった。

>下
http://flicker.g.hatena.ne.jp/keyword/%e3%82%86%e3%82%89%e3%81%8e%e3%81%ae%e7%a5%9e%e8%a9%b1%20FAQ
の一番下って違いますか。

高樹ひろむ高樹ひろむ2006/12/12 09:15私の定義するOSWとは、「参加資格に制限が無くだれでも自由に参加できるシェアワールド」という意味であって、FSWもその中に含んだ概念です(参加資格に制限のあるFSWというものがあるなら別ですが)。
つまり、参加資格に制限さえ無ければゆるゆるのFSWだろうと、設定にガチガチに制限があるものであろうとOSWに含まれます。
もちろんOSWという名称にこだわる気は無く、こだわっているのは「参加資格に制限の無い」という概念の方です。

TimeTideTimeTide2006/12/12 16:54>上
極端な話、たとえば僕はBBSとPBBSとmixiのデータを恣意的に消去することが出来るけど、それをすることは別にFSWの思想によって保障された権利ではないわけで。人の作ったものそれ自体に手を加えたり消去したりというのはFSWの範疇外だし、そこは別途で考える必要があるかと思うだずら。

>下
うわ本当だ! ……あとで修正しとこう

runa_wayruna_way2006/12/13 11:51→高樹さん
 矛盾を許すものも含むのですね。失礼しました、訂正します。
 OSWとFSWの違いは、通常著作権により許されていない作品の引用利用等を許すとしているかどうか、となるのですね。



→TimeTideさん
>上
 一度コメントしたのを訂正。
 FSWは、作品を保った上でそこに含まれている情報をどう使っても自由、ということを示すのだ、ということみたいだけれど。消去だの変更だのっていうのは、『作品の利用』には含まれない?

TimeTideTimeTide2006/12/13 12:57ほ、法律わかんね。僕が間違ってるかも。
えーと、著作権と所有権の違いと言えば分かりやすい? Aさんが絵を描いた。そしてその絵の「著作権」を放棄した。(パクリ公認) でもモノとしての絵はAさんが所有し続けている。そこにBさんがやって来て、「著作権放棄したんだから何してもいいだろう」と絵を盗んでったり破いたりするのはNG。
 つまりゆらぎでは、著作権までは自由にしていいけど所有権までは言及してなくて、「作品の利用」と言うより「知的財産の利用」と呼ぶのが正しい? ような気がしませんか? いいのかこれで。

runa_wayruna_way2006/12/13 13:07 あーなるほど。法律的制度的にどうかとか能力と権利とシステムがどうとかそういう妥当性は私も知りませんけど、イメージとしてはすっきりしました。著作権と所有権は違うのね。

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20061211