我がとうそう このページをアンテナに追加 RSSフィード

高島津諦のゆらぎの神話関連ペイジです
好き勝手やってますので、コメント・トラックバックお気軽にどうぞ

2008-03-13

わたくしごと

| 13:13 | わたくしごと - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - わたくしごと - 我がとうそう わたくしごと - 我がとうそう のブックマークコメント

私の目はぐるりとひっくりかえり

頭蓋骨の奥だけを 見詰めている

そうやって自分を探るけれど

そこに何が見つかるだろう


私が好きなのは私だけ

物語に 歌に 言葉に

私を探そうとしているだけ


空っぽを埋めようとして

言葉を借りて

思想を借りて

夢を借りて

合わないピースを無理やり嵌め込んだパズルは

触れられる前にで崩れ落ちた


何を描くことも出来ない 空っぽの縁は

私を飲み込む淵になって

深く 深く 沈む

何も聞こえない

何も届かない

そこへ

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20080313

2008-03-02

りょうしろん

| 04:18 | りょうしろん - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - りょうしろん - 我がとうそう りょうしろん - 我がとうそう のブックマークコメント

えらい博士の 言うことには

どんなものも

波と 粒とで できている

らしい


熊のマグカップも

澄んだ氷も

揺れるシャツも

あの人のナイフも

みんな 波と粒 なんて

私には とても 信じられない


けれど

私の心も 波と粒で

できているのかしらと 思ってみると

それは なかなか うなずけたりして


心は

震える 細かい粒 が

たくさん たくさん 集まっていて

時々

波が立ったりするけれど

ゆっくり ゆっくり 戻っていく

メレンゲ みたいなものでしょう


私は

メレンゲの

ぴょん

と飛び出た 角のところを

そおっと すくって

盛り付けようと するのだけど

波を 崩してしまったり

粒を 潰してしまったり

どうにも

うまくいきません


それでも

こうして ふわふわと

スプンを持つ手を 止めずにいるのは

私の へたな 盛り付けを見て

誰かが ほほ笑んでくれたら

嬉しいからだと

思います


もしかして

えらい博士も

笑ってくれたり

しないかな?

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20080302

2008-01-10

決闘紀述「わらわれものたち」お題:それなりに頑張ったんだからもっと評価しろー!

| 21:57 | 決闘紀述「わらわれものたち」お題:それなりに頑張ったんだからもっと評価しろー! - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 決闘紀述「わらわれものたち」お題:それなりに頑張ったんだからもっと評価しろー! - 我がとうそう 決闘紀述「わらわれものたち」お題:それなりに頑張ったんだからもっと評価しろー! - 我がとうそう のブックマークコメント

「おいお前ら すかしてるお前らだよ

囚人服みたいなシマシマに 穴の開いたジーパンで

両手をポケットにつっこんで歩いてるお前らさ」


日曜の駅前 声をかけられた

汚いオッサンが 俺とダチを見ていた


「おいお前ら 今俺を馬鹿にしたろ

お前らそうやって 親も馬鹿にしてるんだろ

恩返しもしないで 好き勝手するんだろ」


オッサンは酒臭かった

俺とダチは適当にあしらい逃げた


「お前らが生まれる前からなあ 俺はがんばってたんだよ

努力してきたんだよ 評価しなきゃおかしいだろうが

おい 話は終わってないぞ 馬鹿にしやがって」


あとでダチは酒飲みながらオッサンを笑い

俺は笑いながら少し同情した


外れた努力への評価なんて 笑いと同情だけ

そんなこと分かってる

そんなこと分かってろ


カミサマは言いました

「ガンバルコトガタイセツデス」

アルセスは言いました

「ドリョクコソガチカラデアル」


だったら言わせてみろ

「結果なんてくだらねえ」

だったら言わせてくれ

「評価なんてくだらねえ」



「という詩を作ったんだけどどうだろう」

「うわ……まあいいや。つまり何が言いたいの、これ」

「それを作者が説明したらだめだろ」

「ふうん。行きたい場所があるなら歩くしかないし、行きたい場所以外は行きたい場所じゃないんじゃないの。知らないけど」

「お前残酷だな」

「でも住めば都とか人間いたるところ青山ありっても言うし」

「どっちだよ」

「あんたがどう思うかでしょ」

「お前残酷だな」

「神様に言ったら」

「それなりに頑張ったんだからもっと評価しろー!」

「せっかく笑わないであげたのに」

「でもお前の台詞が一番臭くて笑えるな」

「貴様!」




決闘相手

http://flicker.g.hatena.ne.jp/crow_henmi/20080110/p2

http://bothhands.at.webry.info/200801/article_1.html

http://flicker.g.hatena.ne.jp/dario04/20080110/1199969087

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20080110

2007-03-02

ネコ科ネコ目ネコかぞえ

| 20:08 | ネコ科ネコ目ネコかぞえ - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - ネコ科ネコ目ネコかぞえ - 我がとうそう ネコ科ネコ目ネコかぞえ - 我がとうそう のブックマークコメント

 あなたは猫の、正しい数え方を知っている? にほんごでは、猫は「いっぴき」、「にひき」「さんびき」「ひき」で数える。竜は「頭」で、「一頭」「二頭」。けれど本当は、どこで数えてもかまやしない。しっぽで数えちゃどうかしら? 猫がこっちに3しっぽ、あっちの方には4しっぽ、あちこちあわせて7しっぽ――猫はしっぽで数えることが、正しいのかもしれないよ。おさかなだって、「一尾、二尾」って数えるでしょう。

 あなたは知ってる? 正しい猫の数え方。

 本当は全部うそなんだ。本当のホントはね……(これは内緒だよ)……猫は数えられない。数えてはいけない。シャーリプトラよ、世界の猫は、「わたし」であってLe chatル シャなのだ。猫とは黒い山高の、定冠詞ヘットを頭に載せている、いきなり出てくる魔法使い。

Kids, get the cat-ass-trophy!

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20070302

2006-12-11

「全体とは、部分の総和以上のなにかである」

| 00:57 | 「全体とは、部分の総和以上のなにかである」 - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 「全体とは、部分の総和以上のなにかである」 - 我がとうそう 「全体とは、部分の総和以上のなにかである」 - 我がとうそう のブックマークコメント

 FSWに関して良いなと思うことの再確認文章。

 グラフのx軸とy軸を書き直す作業。


 ≪フリーシェアワールド≫独自の魅力というのは、著作権に保護され、それ故に動きを制限されていた創作物を、複雑系に放り込めることだ、と私は考えているのです。

 使い古されたたとえ話を持ち出しましょう。

 私はただの一匹の蝶です。羽ばたいたって、葉っぱの一枚も動かせません。けれど、蝶の羽ばたいた場所が複雑系に支配された世界、自由フリーで、全てに共有シェアされる、無限に広い世界ワールドだったならば。蝶の羽ばたきは、限りなく無限に近い数の因子の影響を受け、限りなく偶然に近い必然の連鎖の果てに、世界の裏側で予想もできない大嵐を起こすかもしれません。海の底で火山を噴火させるかもしれません。内気なアイツに洋子さんに告白する勇気を与えるかもしれません。ただの蝶の羽ばたきが。

 とはいえ蝶の羽ばたきが起こした風では、本当に嵐を起こしたのか、パンチラチャンスを作ったのか、どうしたって分かりません。しかし作品ならば、ある程度影響を見て取れるのです。FF26辺りに召喚獣ヴィイが片翼の少女として出たならば*1、それはゴーストヴィイの影響が見て取れるのではないでしょうか。いえいえもっと露骨に、女神転生の悪魔として妖魔マロゾロンドが出たりとかしたら、それはきっと風が吹いて桶屋が儲かるより迂遠な、しかし必ず存在するドミノ倒しラインの果てに、ゆらぎの神話からアトラスまで繋がったのだと言い切れるでしょう。起こした風に名前を刻むことが出来るのです。


 創作者ストーリア?ではなく読者リーダー?的な楽しみ方としてならば、関係の読み解きという、考察的な楽しみ方もあります。ニュートンが、林檎が落ちることから重力の法則を見取ったように、何かと何かの関係を考える楽しみです。メタレベルで内容が伝播した経過を考えても良いでしょう。物語世界内での何かと何かの関係を考えても良いでしょう。そしてそれをFSW内外で自由に発表することがますし、場合によっては実際にその様な法則が定説化するかもしれません。自分で法則を捏造するようで考察のしがいがない、という意見もあるかもしれませんが……少なくともFSWに特有ではあります。それに、突き詰めれば、あらゆることには理由があるのですから、全く捏造と断ずることはできません。


 私がFSWが広まって欲しいと考えるのも、その自由度が高くあってほしいと考えるのも、このFSW特有の複雑系が大きく自然な物になってほしいからです。予想できない変化を見たく、見えない変化を予想したいのです*2

*1:本来ヴィイの名はゴーゴリの作品が出展らしいですが

*2:そしてもちろん、これらFSW特有の魅力のみならず、共作体制に共通する様々な魅力もある

TimeTideTimeTide2006/12/12 07:31>『はてなキーワードで既に書かれた文章を削除するのは駄目』
それは「個人情報流すのはやめましょう」「人の嫌がることはやめましょう」的なマナーに関する注意書きなので、FSWに関する著作権的な規定とはあんまり関係ないのではと。

>自作品に利用する時にはゆらぎの神話と言う元ネタがある、と書かなきゃいけない
あれ、必須って言ってたっけ? 記憶ががが

runa_wayruna_way2006/12/12 08:10>上
 あー、うちのキーワードにあるFSW(完全FSW)の条件を満たさない、と言うのは間違いだったかもですね。
 私が言いたかったのは、ゆらぎ・完全FSWとしては、『他人に過激に弄くられるのはちょっとなあ』という意見に対して、『いやいや弄くり弄くられ楽しいっすよ! 何されても全然嫌じゃないっすよ! ちょっとウチきてやってみましょうよ!』みたいな急進的なノリで通してきてると感じていたのだけれど、実は『いや、やっぱ一遍書いたの弄くられるってのはちょっと嫌……』という保守っぽい規定があるのは
他から見たらなんかもにょるということであった。誰ももにょってなかったら私がもにょってるということであった。

>下
http://flicker.g.hatena.ne.jp/keyword/%e3%82%86%e3%82%89%e3%81%8e%e3%81%ae%e7%a5%9e%e8%a9%b1%20FAQ
の一番下って違いますか。

高樹ひろむ高樹ひろむ2006/12/12 09:15私の定義するOSWとは、「参加資格に制限が無くだれでも自由に参加できるシェアワールド」という意味であって、FSWもその中に含んだ概念です(参加資格に制限のあるFSWというものがあるなら別ですが)。
つまり、参加資格に制限さえ無ければゆるゆるのFSWだろうと、設定にガチガチに制限があるものであろうとOSWに含まれます。
もちろんOSWという名称にこだわる気は無く、こだわっているのは「参加資格に制限の無い」という概念の方です。

TimeTideTimeTide2006/12/12 16:54>上
極端な話、たとえば僕はBBSとPBBSとmixiのデータを恣意的に消去することが出来るけど、それをすることは別にFSWの思想によって保障された権利ではないわけで。人の作ったものそれ自体に手を加えたり消去したりというのはFSWの範疇外だし、そこは別途で考える必要があるかと思うだずら。

>下
うわ本当だ! ……あとで修正しとこう

runa_wayruna_way2006/12/13 11:51→高樹さん
 矛盾を許すものも含むのですね。失礼しました、訂正します。
 OSWとFSWの違いは、通常著作権により許されていない作品の引用利用等を許すとしているかどうか、となるのですね。



→TimeTideさん
>上
 一度コメントしたのを訂正。
 FSWは、作品を保った上でそこに含まれている情報をどう使っても自由、ということを示すのだ、ということみたいだけれど。消去だの変更だのっていうのは、『作品の利用』には含まれない?

TimeTideTimeTide2006/12/13 12:57ほ、法律わかんね。僕が間違ってるかも。
えーと、著作権と所有権の違いと言えば分かりやすい? Aさんが絵を描いた。そしてその絵の「著作権」を放棄した。(パクリ公認) でもモノとしての絵はAさんが所有し続けている。そこにBさんがやって来て、「著作権放棄したんだから何してもいいだろう」と絵を盗んでったり破いたりするのはNG。
 つまりゆらぎでは、著作権までは自由にしていいけど所有権までは言及してなくて、「作品の利用」と言うより「知的財産の利用」と呼ぶのが正しい? ような気がしませんか? いいのかこれで。

runa_wayruna_way2006/12/13 13:07 あーなるほど。法律的制度的にどうかとか能力と権利とシステムがどうとかそういう妥当性は私も知りませんけど、イメージとしてはすっきりしました。著作権と所有権は違うのね。

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20061211