我がとうそう このページをアンテナに追加 RSSフィード

高島津諦のゆらぎの神話関連ペイジです
好き勝手やってますので、コメント・トラックバックお気軽にどうぞ

2008-05-27

舌の物語(6)

| 22:41 | 舌の物語(6) - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 舌の物語(6) - 我がとうそう 舌の物語(6) - 我がとうそう のブックマークコメント

 家に着くと、もう夜九時を回っていました。

 私は両親からこんな時間まで遊んで心配をかけたことをしかられ、そしていきゅうさんの首を折ったことをしかられました。

「こんな時間まで何してるかと心配しとったら! 何考えてるの!」

「ごめんなさい」

「ごめんなさいじゃないわホントに! 一体どうしたかと散々心配させて!」

「……ごめんなさい」

 お説教の流れから、両親は、いきゅうさんの首を折ったのが私だということを周囲に隠すことにしたというのが分かりました。

「二度と馬鹿なことしたらいかんよ! 誰にも言わんのよ!」

 その言葉で、お説教は終わりました。しかしそれにほっとするより、私は何か大きな陰謀に巻き込まれたような不安にさいなまれていました。

 解放された私は、子供部屋に戻りました。私は不安を強くしながら、何とか宿題を片付けました。それから母が暖めなおしてくれた遅い夕ご飯を食べ、お風呂に入り、歯を磨きました。ベッドに入ったものの、一睡もできぬまま朝を迎えました。

 翌朝、母に起こされ、食卓で朝ごはんを食べ、何年かぶりに一人で学校に行きました。学校では先生の話をろくに聞かず、昨晩から今日のことについて考え続けていました。

 一体、どういうことなのでしょう。父母共に、妹の事に全く触れないのです。それこそが一大事であるはずなのに。いきゅうさんにだけ目がいき、転がっている妹には気付かなかった? まさか。もしそうだとしても、妹と一緒に遊びに行ったことは親も知っています。妹は何処に行ったのかと問われるはずです。けれど、一言たりともそんな事は言われませんでした。

 おかしなことはそれだけではありません。私の家は特にお金持ちというわけではなく、子供部屋は私と妹の共用でした。しかし部屋には、机も、ランドセルも、一人分――私の分しかありませんでした。親が、何かの理由で妹の家具や、生活用品や、その他もろもろを片付けてしまったのでしょうか。しかしそれらがあったはずの場所を調べても、床のへこみや色の違いのような痕跡すらありませんでした。そして、もちろんと言うべきでしょうか、夕食や朝食の席にも妹の姿はなく、妹のための準備というものもありませんでした。

 学校でも、毎日一緒に登校していた妹が一緒でないことについて、誰も何も言いませんでした。登校中に妹の友達ともすれ違った時も、普段なら「風邪?」などと声をかけてくるのに、何も聞かれませんでした。

 誰かにどういうことか尋ねめよう、という気にはなりませんでした。話題にしてしまったなら、私が妹を殺害したことに話が及ぶかもしれません。どういう理由かは分からないけれど、それを誤魔化せているようなら、少しでも先延ばしにしたい。子供の私は、まるで妹のように、そんな考えに甘えてしまいました。

 家に帰りベッドに横になると、二段ベッドだったものが一段になっていて、何年ぶりかで寝ながら天井が目に入ることに気づきました。そこに浮かんだ染みを見ながら何が起きたのか考えている内に、私は眠ってしまいました。

 夢の中で私は、暗闇の中にいました。それは重い仮面を被らせられているようでした。周りが見えず、食事も満足に取れません。いよいよ衰弱してきた時、外から強い衝撃があって仮面が割れました。開けた視界には、大きなケーキがあります。お腹の空いていた私はそれにむしゃぶりつきました。夢中で食べていると、私の前に誰かが立っていることに気づきました。よく見るとそれは私です。もう一人の私は大きな口を開け、私はそこに飲み込まれて目が覚めました。

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20080527

2008-05-22

舌の物語(4)

| 18:33 | 舌の物語(4) - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 舌の物語(4) - 我がとうそう 舌の物語(4) - 我がとうそう のブックマークコメント

 私は頭がほとんど真っ白になりました。

 自分の妹を、まさか、私が、この手で。

 手足がジンジンとしびれ、風景が現実感をなくし、遠ざかっていくようでした。私は呆然として、けれど心の隅っこに、または頭の斜め上に、平然とした私がいて、囁くのです。

 ――あーあ、妹殺しちゃった。どうするの?

 どうしたらいいのか、私には見当がつきませんでした。

 誰かに、例えば両親に、正直に話す。それが正しい事なのは間違いありません。けれど、正しさなんかなんの役に立つのでしょう。この、決定的に間違ったことをしてしまった私にとって。

 気づくと、妹の頭から血が染み出し、石畳に広がっていました。その赤さは絶対に取れないような予感を私に抱かせました。

 ――まだ死んでないかもよ? 確かめないと。

 もう一人の私が囁きます。私はそれに従い、妹を揺さぶりました。ぐったりとして反応はありません。ドラマの見よう見まねで手首を握り、脈を調べてみました。動きのない生温さだけが伝わってきました。

 ――やっぱ死んじゃった。何とかしないと。早く早く。

 もう一人の私が言います。早く早く。その言葉だけが頭の中で響き渡ります。早く早く。早く早く。早く、何をすればいいのかは全く分かりません。妹を隠すにも場所は浮かびません。事故死を装うにもどうすればいいのか分かりません。早く早く。私には無理だけど早く早く、誰か、こんな理不尽なことから、早く助けて、お願いします、何でもします、助けてください。

 いつしか、私は何かに祈るように手を重ね合わせていました。そしてふと、いきゅうさんの像が、平坦で遠い背景から浮かび上がるように存在感を増して見えました。私が折ったせいで首から先のなくなったいきゅうさん。その断面は、うねうねとまるでねじれたようになっていました。すがるものはこれしかない。その時の私にはそう思われました。

 私は、いきゅうさんの前にひざまずきました。手を合わせ、頭を垂れ、「いきゅうさんいきゅうさん舐めとってつかせ」と唱えました。何度も何度も、一心不乱に。「いきゅうさんいきゅうさん舐めとってつかせ」「いきゅうさんいきゅうさん舐めとってつかせ」「いきゅうさんいきゅうさん舐めとってつかせ」

次へ

舌の物語(5)

| 19:52 | 舌の物語(5) - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 舌の物語(5) - 我がとうそう 舌の物語(5) - 我がとうそう のブックマークコメント

 ……どれだけ時間が経ったでしょう。私は誰にも見咎められず、いきゅうさんに祈り続けていました。辺りはとうに暗くなっていました。

 変わったことは何一つ起きませんでした。妹の死体は首の折れたいきゅうさんの隣に相変わらず倒れ、その頭部からは血が赤黒く流れていました。

 それでも私はいきゅうさんへの祈りを唱え続けていました。それは現実からの逃げでもあったのでしょう。何の解決にもならなそうだということが薄々分かってきていても、その考えを頭から締め出すように祈り続けました。

 と、その時です。

「あんた!」

 背後から声がかけられました。母の声でした。

「こんなとこで何しとんの! 何時だと思っとんのよ!」

 私は息を呑みました。後ろを振り返ることもできず、体を硬くしてひざまづいたままでいました。

「返事くらいせんか!」

 声とともに、強い力で肩をつかまれました。振り向かされるとそこには怒った顔の母がいました。私はその表情がすぐに驚きに変わり、それが私の普通の生活の最後なのだろう、と思っていました。

「こんな時間まで何しとんの! もう誰もいないでない!」

 辺りを見回した母の顔が強張りました。その視線はいきゅうさんと、妹の転がっている方へと向けられていました。

 ――はい、おしまいー。もう終わりだね。人生終わり終わり。

 祈っている最中は消えていたもう一人の私が現れ、さばさばとした口調で呟きました。

「あんた……あんたがやったんか?」

 私は小さく頷きました。母は硬い表情で口を閉ざし、動揺していることが分かりました。

 そして、

「まず、うちへ帰るよ」

 それだけを言うと、私を引っ張るようにして、家へと向かいました。首の折れたいきゅうさんと、妹の死体を残して。

次へ

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20080522

2008-05-13

舌の物語(3)

| 18:39 | 舌の物語(3) - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 舌の物語(3) - 我がとうそう 舌の物語(3) - 我がとうそう のブックマークコメント

 ここだけの話です。

 実は、いきゅうさんの首を折ったのは、私なんです。


 私が子供だったころ、秋の日のことです。子供の私たちにとって、いきゅうさんのいる神社はよく行く遊び場でした。その日も、私たちは神社で遊んでいました。近所の友人たちと、私と、私の妹と。

 夢中になって遊んでいると、あっという間に日が色づき始めました。友人たちは日が沈む前に帰りました。いつもならもう少し遊んでいるのですが、その日は宿題が多く出ていたのです。私も早く帰りたかったのですが、妹がそれを嫌がり、結局最後に私と妹の二人が残ってしまいました。

 3歳年下の妹はとても甘えん坊でした。私よりも可愛かったためか、両親や祖父母や友達から甘やかされて育ったのです。甘えん坊というより、ワガママと言った方が良いかも知れません。あの子が38日目にいきゅうさんにお参りしたのを覚えていますけど、その効き目はなかったみたいです。

 その日も妹は駄々をこねていました。理由を聞いてみれば、どうやら妹の学級でも宿題が出たらしく、帰ってそれをやるのが嫌らしいのです。だからと言って帰るのを遅くすればその分後で大変になるというのに、妹は目の前の嫌なことを先延ばしにすることしか考えないのです。

「あのね! そんなこと言ったってやらなきゃないんだよ! それなら早く帰ってゆっくりやった方がいいでしょ?」

 私がそう言うと、妹は眉間にしわを寄せて口をへの字にし、「ヤダ!」と言いました。

「ヤダって、どうするの。先生に怒られるじゃない」

 すると妹は、うーうーうなった後、ヤケになったように「お姉ちゃんがやって!」と言ってきたのです。

 宿題は自分でやってこそ……なんて思うほど私はマジメではありませんでした。けれど、私だって宿題が多くていっぱいいっぱいでした。それなのに、どうして妹の分までしなければいけないのでしょう。もちろん私は断りました。

「じゃあ帰らないもん!」

 妹は意地になったように、そしてわずかに勝ち誇ったように言いました。

 妹をちゃんと無事で連れ帰ることは、家族から私に課せられた重大な使命でした。ケガをさせたりしたらもちろん、外に放ったまま帰ったら私が怒られるのです。妹はそれを知っていて、私を脅迫してきたのでした。幼さと狡猾さは両立するのです。そしていったん狡猾さを覚えたなら、自制を知らない心はひたすらに自分の主張を言い募るのです。

 私は妹をなだめたりすかしたりしましたが、彼女は全く聞き入れず、「宿題やってくれなきゃ帰んない」と繰り返しました。そして、ついに、妹は言ったのです。あざ笑うように口を歪めて。

「だってお姉ちゃん、お父さんにもお母さんにもみんなにも嫌われてるじゃん!」

 胸が軋みました。

 実際には、そんなことはありませんでした。妹のように甘やかされてはいませんでしたが、十分に愛情を受けていました。良い友人もいました。今思い返せば、はっきり言えます。妹の言葉は事実無根です。

 しかし、その時の私は。自分でも、少し、そう思っていたのです。

 自分は嫌われているんじゃないか。生まれてしまったから仕方なく人並みに扱われているけれど、本当は嫌がられているんじゃないか。妹だけいれば良いと思われいるんじゃないか。その考えは、ふとした時に貪欲な鼠のように胸の中を駆け回っては、心を噛み千切っていくのでした。

 妹の言葉に、胸の中の鼠が暴れだしました。私はそれが苦しくて、痛くて、気付くと、妹のことを突き飛ばしていました。

 突き飛ばされた妹は後ろに倒れ、いきゅうさんの頭にぶつかり、いきゅうさんの首が折れ、いきゅうさんの首が地面に落ち、いきゅうさんの首は大きな音を立てて砕けました。

 妹は、音を立てず地面に倒れていました。その首が斜めにねじ曲がっていました。

次へ

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20080513

2008-05-11

舌の物語(2)

| 21:14 | 舌の物語(2) - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 舌の物語(2) - 我がとうそう 舌の物語(2) - 我がとうそう のブックマークコメント

 私ってここの出身じゃないって言いましたよね? 私が生まれたのは、R県竹森市の紀津っていうところです。聴いた事ないですよね。特に名産とかもないですし……ド田舎ってほどじゃあないですけど、やっぱり僻地ですし。だから田舎者なんですよ、私。昔の話をしますけど、変な訛りとか出ても笑わないでくださいね!

 その紀津の、私が生まれた所の近くにちっちゃな神社があって、そこに「いきゅうさん」っていう石像があるんです。狛犬よりちょっと小さくて、見た目は逆立ちした馬みたいなんですが、誰がやったのか、首から上が折れてしまってるんです。やったのは近所の悪ガキって言われてますけれど……。ええ、私の「イキュー」っていう名前は、そこから取ったんですよ。

 そのいきゅうさんに、ある言い伝えがあるんです。生まれて38日目の赤ちゃんに、首の断面を触らせながら「いきゅうさんいきゅうさん、なめとってつかせ」って唱えると、その子は甘えん坊にならない、って。古い言い伝えみたいで、最近はもう知ってる人も少ないんですけれど。

 そう、不思議ですよね。「首を折ったのは近所の悪ガキ」ってことなら、そんなに古い話でもなさそうなのに、「断面を触ると良い」っていう言い伝えは凄く古い。時間が互い違いになってますよね。ご主人様、どういうことだと思いますか?

次へ

ThainaThaina2013/01/27 12:09Thanks for irntoducing a little rationality into this debate.

trsydhizktrsydhizk2013/01/30 01:022j7YjW , [url=http://slqyujahkjhc.com/]slqyujahkjhc[/url], [link=http://nfqlwlieampt.com/]nfqlwlieampt[/link], http://bsmwhievccvz.com/

dfbsgywcougdfbsgywcoug2013/01/30 16:58KPNhDV , [url=http://fktlktnaerfk.com/]fktlktnaerfk[/url], [link=http://wdsrpdbjpvgm.com/]wdsrpdbjpvgm[/link], http://ghzezrkhforg.com/

dfbsgywcougdfbsgywcoug2013/01/30 16:59KPNhDV , [url=http://fktlktnaerfk.com/]fktlktnaerfk[/url], [link=http://wdsrpdbjpvgm.com/]wdsrpdbjpvgm[/link], http://ghzezrkhforg.com/

2008-05-10

舌の物語(1)

| 18:46 | 舌の物語(1) - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 舌の物語(1) - 我がとうそう 舌の物語(1) - 我がとうそう のブックマークコメント

 ようこそご主人様! 私を選んでくれてありがとうございます!

 私の名前はイキューです! よろしくお願いします!

 あ、このマスクですか? 私は『舌』なんですよ。『獣の舌』。だからこれで封じてあるんです。

 ご主人様はどこで生まれたんですか? ……へぇー、遠いところからきてくださったんですね! 時々、寂しくなりませんか? 私もここから遠いところの出身なんですけれど、まだ、たまに、切なくなっちゃうんです。あ、そんなの似合わないって思いましたね? ひっどーい!!

 それじゃあ、私のお話、聞いてくださいね!

次へ

角の物語(1)

| 17:11 | 角の物語(1) - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 角の物語(1) - 我がとうそう 角の物語(1) - 我がとうそう のブックマークコメント

 よくよくまあまあ、ご無事でここにいらっしゃいました。まずはそのことを神に感謝しましょう。神を信じておられないなら、幸運にでも、両親にでも、あなた自身にでも。感謝の心は大切だと思いませんか? わたくしのお勧めといたしましては、私に対して感謝していただけるとこれからの関係が良好になると思うんですけれど。あ、そうはいたしませんかそうですか。ちなみに私の気まぐれメニューとしましては、やはり私への感謝が……あ、幸運に感謝、結構ですそれも良いですわね。いずれ、私のもとへ、大きな怪我もせずたどり着ける方はめったにいらっしゃらないのですよ。そう、十死に一生では足りない。千載一遇でもまだ遠い。万に一つほどの可能性。それが即ち一九分の一ということです。

 ええ、私が何者か、お気にかかるでしょうね。他にも疑問は尽きないでしょう。名前は何か。なぜこんな場所に一人でいられるのか。出身地はどこか、趣味は何か、好きな料理は何か、ストレス解消法は何か、年収はいくらか、ファーストキスの年は、スリー・サイズ、そして――この額の包帯は何なのか。

 答えるのには、多少の、多生の、難が必要です。私、知らないことを知っているかのように話すのは得意ですが、知っていることを知っているように話すのは苦手でして。けれども、せっかくの、万が一のお客様、微力を尽くしてお話させていただきます。

 それでは私の物語、しばしお聞きください。

獣の耳

| 16:09 | 獣の耳 - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 獣の耳 - 我がとうそう 獣の耳 - 我がとうそう のブックマークコメント

 物静かな彼女の名前はオーシャットちゃん。神秘的な雰囲気を持ったミステリアスビューティー。言葉少なだけど、趣味は読書と言うだけあって、親しくなった人にたまに漏らす言葉は切れ味バツグン、ある意味これもツンデレかも? インドア派だけどオシャレ大好きで、色とりどりに体を飾っています。それから目立つのがピンとした耳。耳の大きい人は人の話をよく聴くって言うし、やっぱり本当は聞き上手なツンデレ??

カッサリオカッサリオ2008/05/10 21:47イキューちゃん指名に来たよ!
マスク取ってくれたらチップ弾むよ!

runa_wayruna_way2008/05/11 18:28イキュー
「ええっ!? うーん、ダメですよぅ!
このマスクは、フウインってことになってるんですから!
とったら店長に怒られちゃいますっ!