我がとうそう このページをアンテナに追加 RSSフィード

高島津諦のゆらぎの神話関連ペイジです
好き勝手やってますので、コメント・トラックバックお気軽にどうぞ

2008-05-22

舌の物語(4)

| 18:33 | 舌の物語(4) - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 舌の物語(4) - 我がとうそう 舌の物語(4) - 我がとうそう のブックマークコメント

 私は頭がほとんど真っ白になりました。

 自分の妹を、まさか、私が、この手で。

 手足がジンジンとしびれ、風景が現実感をなくし、遠ざかっていくようでした。私は呆然として、けれど心の隅っこに、または頭の斜め上に、平然とした私がいて、囁くのです。

 ――あーあ、妹殺しちゃった。どうするの?

 どうしたらいいのか、私には見当がつきませんでした。

 誰かに、例えば両親に、正直に話す。それが正しい事なのは間違いありません。けれど、正しさなんかなんの役に立つのでしょう。この、決定的に間違ったことをしてしまった私にとって。

 気づくと、妹の頭から血が染み出し、石畳に広がっていました。その赤さは絶対に取れないような予感を私に抱かせました。

 ――まだ死んでないかもよ? 確かめないと。

 もう一人の私が囁きます。私はそれに従い、妹を揺さぶりました。ぐったりとして反応はありません。ドラマの見よう見まねで手首を握り、脈を調べてみました。動きのない生温さだけが伝わってきました。

 ――やっぱ死んじゃった。何とかしないと。早く早く。

 もう一人の私が言います。早く早く。その言葉だけが頭の中で響き渡ります。早く早く。早く早く。早く、何をすればいいのかは全く分かりません。妹を隠すにも場所は浮かびません。事故死を装うにもどうすればいいのか分かりません。早く早く。私には無理だけど早く早く、誰か、こんな理不尽なことから、早く助けて、お願いします、何でもします、助けてください。

 いつしか、私は何かに祈るように手を重ね合わせていました。そしてふと、いきゅうさんの像が、平坦で遠い背景から浮かび上がるように存在感を増して見えました。私が折ったせいで首から先のなくなったいきゅうさん。その断面は、うねうねとまるでねじれたようになっていました。すがるものはこれしかない。その時の私にはそう思われました。

 私は、いきゅうさんの前にひざまずきました。手を合わせ、頭を垂れ、「いきゅうさんいきゅうさん舐めとってつかせ」と唱えました。何度も何度も、一心不乱に。「いきゅうさんいきゅうさん舐めとってつかせ」「いきゅうさんいきゅうさん舐めとってつかせ」「いきゅうさんいきゅうさん舐めとってつかせ」

次へ

舌の物語(5)

| 19:52 | 舌の物語(5) - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 舌の物語(5) - 我がとうそう 舌の物語(5) - 我がとうそう のブックマークコメント

 ……どれだけ時間が経ったでしょう。私は誰にも見咎められず、いきゅうさんに祈り続けていました。辺りはとうに暗くなっていました。

 変わったことは何一つ起きませんでした。妹の死体は首の折れたいきゅうさんの隣に相変わらず倒れ、その頭部からは血が赤黒く流れていました。

 それでも私はいきゅうさんへの祈りを唱え続けていました。それは現実からの逃げでもあったのでしょう。何の解決にもならなそうだということが薄々分かってきていても、その考えを頭から締め出すように祈り続けました。

 と、その時です。

「あんた!」

 背後から声がかけられました。母の声でした。

「こんなとこで何しとんの! 何時だと思っとんのよ!」

 私は息を呑みました。後ろを振り返ることもできず、体を硬くしてひざまづいたままでいました。

「返事くらいせんか!」

 声とともに、強い力で肩をつかまれました。振り向かされるとそこには怒った顔の母がいました。私はその表情がすぐに驚きに変わり、それが私の普通の生活の最後なのだろう、と思っていました。

「こんな時間まで何しとんの! もう誰もいないでない!」

 辺りを見回した母の顔が強張りました。その視線はいきゅうさんと、妹の転がっている方へと向けられていました。

 ――はい、おしまいー。もう終わりだね。人生終わり終わり。

 祈っている最中は消えていたもう一人の私が現れ、さばさばとした口調で呟きました。

「あんた……あんたがやったんか?」

 私は小さく頷きました。母は硬い表情で口を閉ざし、動揺していることが分かりました。

 そして、

「まず、うちへ帰るよ」

 それだけを言うと、私を引っ張るようにして、家へと向かいました。首の折れたいきゅうさんと、妹の死体を残して。

次へ

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20080522

2008-05-20

鎖獣

| 04:28 | 鎖獣 - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 鎖獣 - 我がとうそう 鎖獣 - 我がとうそう のブックマークコメント

 鎖で己を縛り付ける獣。ヤドカリが殻を背負うように、ダンゴムシが石の裏で生活するように、体から生えた鎖状器官で自身の体を岩や木に縛り付けた状態を常態として生活する。生命力が非常に強く、飲まず食わずでも長期間生きられる。いよいよ餓死する寸前になると鎖を解き食料を探し始めるが、その体力が残っておらずそのまま野垂れ死ぬ個体もいる。繁殖期には、オスメスが互いを互いの鎖で拘束しあう。


旧獣

| 05:05 | 旧獣 - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 旧獣 - 我がとうそう 旧獣 - 我がとうそう のブックマークコメント

 昔は獣だったが、空から降ってきた神様の槍に撃たれて人になったと言い張るおじさん。毎回話が微妙に違う。川原の土手とか公園とかでよくぼおっとしている。小さい子供からは少し人気があるが、親からはあのおじさんと話しちゃいけませんなどと言われている。髪の毛が薄い。

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20080520

2008-05-14

鱗獣

| 00:22 | 鱗獣 - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 鱗獣 - 我がとうそう 鱗獣 - 我がとうそう のブックマークコメント

 光沢を持つ鱗に覆われた魚に見える獣。その鱗一枚一枚が獣である群体生物。鱗状生物が集まり魚の形をとっている。

 どの鱗もそれぞれ手足や口を持ち、別個に餌をとり生命活動を行っている。あまりに外周部分では何かあった時にすぐに振り落とされる。かといって中心部分では餌をとることができない。よってそれぞれが良いポジションどりをしようとせめぎあっている。中心部の核は、押し込められた者たちの死骸でできている。

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20080514

2008-05-13

舌の物語(3)

| 18:39 | 舌の物語(3) - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 舌の物語(3) - 我がとうそう 舌の物語(3) - 我がとうそう のブックマークコメント

 ここだけの話です。

 実は、いきゅうさんの首を折ったのは、私なんです。


 私が子供だったころ、秋の日のことです。子供の私たちにとって、いきゅうさんのいる神社はよく行く遊び場でした。その日も、私たちは神社で遊んでいました。近所の友人たちと、私と、私の妹と。

 夢中になって遊んでいると、あっという間に日が色づき始めました。友人たちは日が沈む前に帰りました。いつもならもう少し遊んでいるのですが、その日は宿題が多く出ていたのです。私も早く帰りたかったのですが、妹がそれを嫌がり、結局最後に私と妹の二人が残ってしまいました。

 3歳年下の妹はとても甘えん坊でした。私よりも可愛かったためか、両親や祖父母や友達から甘やかされて育ったのです。甘えん坊というより、ワガママと言った方が良いかも知れません。あの子が38日目にいきゅうさんにお参りしたのを覚えていますけど、その効き目はなかったみたいです。

 その日も妹は駄々をこねていました。理由を聞いてみれば、どうやら妹の学級でも宿題が出たらしく、帰ってそれをやるのが嫌らしいのです。だからと言って帰るのを遅くすればその分後で大変になるというのに、妹は目の前の嫌なことを先延ばしにすることしか考えないのです。

「あのね! そんなこと言ったってやらなきゃないんだよ! それなら早く帰ってゆっくりやった方がいいでしょ?」

 私がそう言うと、妹は眉間にしわを寄せて口をへの字にし、「ヤダ!」と言いました。

「ヤダって、どうするの。先生に怒られるじゃない」

 すると妹は、うーうーうなった後、ヤケになったように「お姉ちゃんがやって!」と言ってきたのです。

 宿題は自分でやってこそ……なんて思うほど私はマジメではありませんでした。けれど、私だって宿題が多くていっぱいいっぱいでした。それなのに、どうして妹の分までしなければいけないのでしょう。もちろん私は断りました。

「じゃあ帰らないもん!」

 妹は意地になったように、そしてわずかに勝ち誇ったように言いました。

 妹をちゃんと無事で連れ帰ることは、家族から私に課せられた重大な使命でした。ケガをさせたりしたらもちろん、外に放ったまま帰ったら私が怒られるのです。妹はそれを知っていて、私を脅迫してきたのでした。幼さと狡猾さは両立するのです。そしていったん狡猾さを覚えたなら、自制を知らない心はひたすらに自分の主張を言い募るのです。

 私は妹をなだめたりすかしたりしましたが、彼女は全く聞き入れず、「宿題やってくれなきゃ帰んない」と繰り返しました。そして、ついに、妹は言ったのです。あざ笑うように口を歪めて。

「だってお姉ちゃん、お父さんにもお母さんにもみんなにも嫌われてるじゃん!」

 胸が軋みました。

 実際には、そんなことはありませんでした。妹のように甘やかされてはいませんでしたが、十分に愛情を受けていました。良い友人もいました。今思い返せば、はっきり言えます。妹の言葉は事実無根です。

 しかし、その時の私は。自分でも、少し、そう思っていたのです。

 自分は嫌われているんじゃないか。生まれてしまったから仕方なく人並みに扱われているけれど、本当は嫌がられているんじゃないか。妹だけいれば良いと思われいるんじゃないか。その考えは、ふとした時に貪欲な鼠のように胸の中を駆け回っては、心を噛み千切っていくのでした。

 妹の言葉に、胸の中の鼠が暴れだしました。私はそれが苦しくて、痛くて、気付くと、妹のことを突き飛ばしていました。

 突き飛ばされた妹は後ろに倒れ、いきゅうさんの頭にぶつかり、いきゅうさんの首が折れ、いきゅうさんの首が地面に落ち、いきゅうさんの首は大きな音を立てて砕けました。

 妹は、音を立てず地面に倒れていました。その首が斜めにねじ曲がっていました。

次へ

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20080513

2008-05-12

投獣

| 22:50 | 投獣 - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 投獣 - 我がとうそう 投獣 - 我がとうそう のブックマークコメント

 己の体を千切り投げる獣。体が主に関節部において断絶しており、それらが紐状の組織によって結び付けられているという、操り人形を思わせる外見をしている。

 肉体の一部(片腕のこともあれば下半身全てのことも、頭部のこともある)を掴み、それと本体を繋ぐ紐を最長の一本を残しブチブチと千切り、部品を目的の方角へ投げ、それに繋がる紐を手繰るようにして這い移動する。

 脱皮のような成長期において、彼又は彼女はその体を脱ぎ捨てるかのように、バラバラに千切り広げる。そしてじっと、死んだかのように動きを止め、体の各部位と紐状組織が成長し広がった空白を埋めるのをを待つ。

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20080512