我がとうそう このページをアンテナに追加 RSSフィード

高島津諦のゆらぎの神話関連ペイジです
好き勝手やってますので、コメント・トラックバックお気軽にどうぞ

2008-05-22

舌の物語(4)

| 18:33 | 舌の物語(4) - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 舌の物語(4) - 我がとうそう 舌の物語(4) - 我がとうそう のブックマークコメント

 私は頭がほとんど真っ白になりました。

 自分の妹を、まさか、私が、この手で。

 手足がジンジンとしびれ、風景現実感をなくし、遠ざかっていくようでした。私は呆然として、けれど心の隅っこに、または頭の斜め上に、平然とした私がいて、囁くのです。

 ――あーあ、妹殺しちゃった。どうするの?

 どうしたらいいのか、私には見当がつきませんでした。

 誰かに、例えば両親に、正直に話す。それが正しい事なのは間違いありません。けれど、正しさなんかなんの役に立つのでしょう。この、決定的に間違ったことをしてしまった私にとって。

 気づくと、妹の頭から血が染み出し、石畳に広がっていました。その赤さは絶対に取れないような予感を私に抱かせました。

 ――まだ死んでないかもよ? 確かめないと。

 もう一人の私が囁きます。私はそれに従い、妹を揺さぶりました。ぐったりとして反応はありません。ドラマの見よう見まねで手首を握り、脈を調べてみました。動きのない生温さだけが伝わってきました。

 ――やっぱ死んじゃった。何とかしないと。早く早く。

 もう一人の私が言います。早く早く。その言葉だけが頭の中で響き渡ります。早く早く。早く早く。早く、何をすればいいのかは全く分かりません。妹を隠すにも場所は浮かびません。事故死を装うにもどうすればいいのか分かりません。早く早く。私には無理だけど早く早く、誰か、こんな理不尽なことから、早く助けて、お願いします、何でもします、助けてください。

 いつしか、私は何かに祈るように手を重ね合わせていました。そしてふと、いきゅうさんの像が、平坦で遠い背景から浮かび上がるように存在感を増して見えました。私が折ったせいで首から先のなくなったいきゅうさん。その断面は、うねうねとまるでねじれたようになっていました。すがるものはこれしかない。その時の私にはそう思われました。

 私は、いきゅうさんの前にひざまずきました。手を合わせ、頭を垂れ、「いきゅうさんいきゅうさん舐めとってつかせ」と唱えました。何度も何度も、一心不乱に。「いきゅうさんいきゅうさん舐めとってつかせ」「いきゅうさんいきゅうさん舐めとってつかせ」「いきゅうさんいきゅうさん舐めとってつかせ」

次へ

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20080522