我がとうそう このページをアンテナに追加 RSSフィード

高島津諦のゆらぎの神話関連ペイジです
好き勝手やってますので、コメント・トラックバックお気軽にどうぞ

2008-05-10

子供獣

| 19:43 | 子供獣 - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 子供獣 - 我がとうそう 子供獣 - 我がとうそう のブックマークコメント

http://blog-imgs-21.fc2.com/p/a/g/paganekayaturigusa/20080506.gif

「私が食べる? お前を? よしてくれ。高貴な獣たる私が、なんで下賤で醜い人間の肉など食べねばならんのだ」

「……じゃあ、あなたは何を食べるの?」

「ふむ、そうだな。たとえば、それは雲のようで雲でなく、綿花のようで綿花でない、後味は喩えようもないほど甘美で麗しく」

「綿菓子かよ」

「あとはそうだな。スポンジに生クリームが乗ったものも好きだな」

「うわ子供舌だ」

 では何がこれまでの贄の娘たちをいくつかの綺麗な白い骨とボロボロになった汚い布に変えてきたのかといえば、それは普通に野犬や狼と小動物野鳥シデムシゴミムシハエアブの類なのだろう。そもそも私は起きるのも久しぶりだしな、とその獣は妙に言い訳めいた台詞を口にする。ああこりゃ何人かは食ってみたことあるなと少女は思うけれど、とりあえず今はその気がなさそうだしそれなら別にいい。緊急の課題は先に獣が提示した類の、そして少女があまり考えまいとしてきた類の、鎖に繋がれたままはらわたからご馳走様的痛すぎますよねその死に方を回避することだ。

「えーと助けてくださいお願いします。具体的にはこの鎖をチョンと」

「なぜ私が卑小な人間などの懇願を聞かねばなら」

「助けてくれたらケーキでも何でも作りますから。」

「分かった」

 分かるのはえーよ。ほんとにお前はガキか。そう少女はつっこみかけたけど、まあ、助けてもらえるということだし、このつっこみは貸しだぜ、と心の中でそう思うにとどめておくことにした。



闘争獣

| 19:25 | 闘争獣 - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 闘争獣 - 我がとうそう 闘争獣 - 我がとうそう のブックマークコメント

 生きることの辛さを認めていながら、その中に確かにある喜びを肯定し、強くまっすぐに人生を闘い抜こうとする獣。


逃走獣

| 19:18 | 逃走獣 - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 逃走獣 - 我がとうそう 逃走獣 - 我がとうそう のブックマークコメント

 生きることの楽しみを認めていながら、同時に生きることの苦痛の存在もまた圧倒的に認め、よって苦痛から逃げるための自殺を考える獣。


舌の物語(1)

| 18:46 | 舌の物語(1) - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 舌の物語(1) - 我がとうそう 舌の物語(1) - 我がとうそう のブックマークコメント

 ようこそご主人様! 私を選んでくれてありがとうございます!

 私の名前はイキューです! よろしくお願いします!

 あ、このマスクですか? 私は『舌』なんですよ。『獣の舌』。だからこれで封じてあるんです。

 ご主人様はどこで生まれたんですか? ……へぇー、遠いところからきてくださったんですね! 時々、寂しくなりませんか? 私もここから遠いところの出身なんですけれど、まだ、たまに、切なくなっちゃうんです。あ、そんなの似合わないって思いましたね? ひっどーい!!

 それじゃあ、私のお話、聞いてくださいね!

次へ

伝承獣

| 18:16 | 伝承獣 - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 伝承獣 - 我がとうそう 伝承獣 - 我がとうそう のブックマークコメント

いきゅうさん

 竹森市紀津にある小さな神社(兼駄菓子屋)の片隅にひっそりと置いてある石像。狛犬よりも一回り小さいくらい。一見して馬のようだが、首から上が折れている。近所の悪ガキ共の誰かの悪戯だと言われているが詳細不明。生後38日目の赤ん坊に、首の断面を触らせながら「いきゅうさんいきゅうさん、なめとってつかせ」と唱えると、その子は甘えん坊にならないと言われている。しかしゆるやかに核家族化が進行している今日、その風習は古くからある家々にしか残っていない。

 子供たちが駄菓子屋で悪さをすると、駄菓子屋のババアが「あんまりかばれたら(※)いきゅうさんが来るよ」といって脅す。だが、子どもたちはそれが何だかよく分かっていない様子。それよりも脅すババアの顔が怖い。

※かばれる・・・竹森市近辺でのみ通じる方言。暴れるとふざけるのだいたい中間くらいの意味合い。戦前の人が好んで使う。


角の物語(1)

| 17:11 | 角の物語(1) - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 角の物語(1) - 我がとうそう 角の物語(1) - 我がとうそう のブックマークコメント

 よくよくまあまあ、ご無事でここにいらっしゃいました。まずはそのことを神に感謝しましょう。神を信じておられないなら、幸運にでも、両親にでも、あなた自身にでも。感謝の心は大切だと思いませんか? わたくしのお勧めといたしましては、私に対して感謝していただけるとこれからの関係が良好になると思うんですけれど。あ、そうはいたしませんかそうですか。ちなみに私の気まぐれメニューとしましては、やはり私への感謝が……あ、幸運に感謝、結構ですそれも良いですわね。いずれ、私のもとへ、大きな怪我もせずたどり着ける方はめったにいらっしゃらないのですよ。そう、十死に一生では足りない。千載一遇でもまだ遠い。万に一つほどの可能性。それが即ち一九分の一ということです。

 ええ、私が何者か、お気にかかるでしょうね。他にも疑問は尽きないでしょう。名前は何か。なぜこんな場所に一人でいられるのか。出身地はどこか、趣味は何か、好きな料理は何か、ストレス解消法は何か、年収はいくらか、ファーストキスの年は、スリー・サイズ、そして――この額の包帯は何なのか。

 答えるのには、多少の、多生の、難が必要です。私、知らないことを知っているかのように話すのは得意ですが、知っていることを知っているように話すのは苦手でして。けれども、せっかくの、万が一のお客様、微力を尽くしてお話させていただきます。

 それでは私の物語、しばしお聞きください。

獣の耳

| 16:09 | 獣の耳 - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 獣の耳 - 我がとうそう 獣の耳 - 我がとうそう のブックマークコメント

 物静かな彼女の名前はオーシャットちゃん。神秘的な雰囲気を持ったミステリアスビューティー。言葉少なだけど、趣味は読書と言うだけあって、親しくなった人にたまに漏らす言葉は切れ味バツグン、ある意味これもツンデレかも? インドア派だけどオシャレ大好きで、色とりどりに体を飾っています。それから目立つのがピンとした耳。耳の大きい人は人の話をよく聴くって言うし、やっぱり本当は聞き上手なツンデレ??

カッサリオカッサリオ2008/05/10 21:47イキューちゃん指名に来たよ!
マスク取ってくれたらチップ弾むよ!

runa_wayruna_way2008/05/11 18:28イキュー
「ええっ!? うーん、ダメですよぅ!
このマスクは、フウインってことになってるんですから!
とったら店長に怒られちゃいますっ!