我がとうそう このページをアンテナに追加 RSSフィード

高島津諦のゆらぎの神話関連ペイジです
好き勝手やってますので、コメント・トラックバックお気軽にどうぞ

2006-12-11

デンキセンシザッカーン?

| 00:30 | デンキセンシ[[ザッカーン]] - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - デンキセンシ[[ザッカーン]] - 我がとうそう デンキセンシ[[ザッカーン]] - 我がとうそう のブックマークコメント

「どうすれば良いか分からないと言えば助けてもらえると思うの? 自分は力を振るわないのに協力してくれる人が現れると思ってるの? そんな軽薄ライトな、建前的ライトな、汚れたがらずライトな態度で何を作れると? 甘ったれるのもいい加減にしなさい!」



と脳内虚無の王女セラティ(銀髪オッドアイ顔に火傷痕)が顔を半分隠した膝立ち座りで指を突きつけてきたので、まとまってないですがFSWに思ったことくらいは書いておきます。

 各小見出し間の話の繋がりはほとんどないですのでよろしく。

ある程度の語句の定義はしたい

 何だかんだ言っても、FSWの認識差による諍いは無い方が良いでしょう。なので、FSWという語句の意義はある程度一本化したほうが良と思います。

 個人的には、id:Erlkonigさんが言うような、参加も利用も矛盾も自由、私の言う所の完全FSWをFSWとするのが良いんじゃあないかと思います。というのは、ジャンルが示す物は、出来るだけ包括的な方が好ましい、と私は考えるからです。

 例えば『フリーウェア』という言葉は、とりあえず無料で勝手に使ってもいいというのを示し、その上で作者さんが、商用使用禁止だとか報告しろとかカンパウェアだとかを適宜書き加えています。FSWもそれと同様に、基本的に示す内容は『著作権は放棄しないけど全フリー』ということ。それ以上に制限をかけたい人は、それを明記する必要がある、とする方が、柔軟性や分かりやすさの面で良いのではないでしょうか。


 ただ、オープンシェアワールドの発展や広まり方によっても色々変わってきそう。


限定FSWについて思うこと

 限定FSWについて疑問。

 制限を明記しても、孫引きひ孫引き、第四次第五次創作とかの作品で、どうやって初期の制限を守らせるつもりなのでしょう。『私の設定を利用した作品には、その作品のどの部分が私の設定を利用したか示し、そこについては制限内でのみ利用可であることを常に明記すること』とかいう制限を加えなければ難しい気がするのですけど果たして。

 素材や絵は見れば使われたことがすぐ分かるなら良いのですが、設定となるとなかなか難しそう。


考えてみればゆらぎって微妙に制限がある

 ゆらぎの神話は完全FSWだ完全FSWだ言ってますけど、『はてなキーワードで既に書かれた文章を削除するのは駄目』、というタブーがあったりするので、実は完全でもないんですよね。ちなみにキーワードから文章ざっくり削除して、それはどうなのと言われたのも私。マジ問題児。

 あと、最近まで知りませんでしたけど、自作品に利用する時にはゆらぎの神話と言う元ネタがある、と書かなきゃいけないとかありますし。


※13日追記:キーワード削除の禁止は完全FSWであることを意味しないのでした。


猫耳と申したか

 d:id:wiz-stargazerさんの

防備録 - フリーなFSW


OSW:http://www23.atwiki.jp/shareworld/

も見たけれど、あんまり用語ばかりが乱立すると、

わかりにくくなるので体系化していったらいいなと思いました。

というのには同意します。が、ではFSWとOSWどちらを基本とすべきか、というとなかなか難しいですね。現状でも、

『OSWは矛盾や世界観破壊を許さないFSWである』

『FSWは矛盾や世界観破壊を許可したOSWである』

の二つの考え方があったりして。

 大間違い。正しくは

『OSWは誰でも創作参加が自由な作品世界である』

『FSWは自由な引用・利用が可能であり、その結果創作参加も自由である作品世界である』(13日追記)

 

 ほっといてもより広まった方に統一されたりするかもしれませんが、分かりにくくては広まらない、と言う話であるし。うーん。


あと、

ゆらぎの神話」の語彙を使って言うのならば、

つまりそれは「竜」と「猫」の違いだと思います。


おそらく上井さんは「猫」なのでしょう。

 もっとゆらぎワード使って! 軽く感動する。

 しかしお前は【猫】だと言われると、いやそんなことないですよ【竜】的だったりもしますよ、と反論したくなる辺りが逆にますます【猫】なのだろうか。天邪鬼ではある。ツンデレではない。


 でも実際、混沌としてればいいやというわけではありません。

増田が混沌としない理由、あるいは混沌について - はてな匿名ダイアリー


水彩絵の具とかを何色か、水に垂らしていくとマーブル模様になるよねという遊びはお前もやった事があると思うんだが

マーブル模様を筆とかでぐにゃぐにゃってやって色が混じったり模様に規則性が無くなっていく状態が「混沌」なんだ。

でも、このぐにゃぐにゃがおもしれーって筆をぐるぐる動かし過ぎると、ただの濁った水になってしまう。

混沌も行き過ぎるとつまんねー、って事なんだとオレは思っている。

 これには超同意なので。混ぜてるだけだとどうしようもなくなってダレる。そうならない為には……混ぜ方をコントロールするなり水を捨てるなり他のバケツに目を移すなり?



ゆらぎの新語・流行語大賞 2006

 唐突ですが、今年一番フリーシェアされたゆらぎの神話関連の言葉は、おそらく≪フリーシェアワールド≫という言葉自体でしょう。

 本来の提案者は完全FSWのみを指していたわけですが、違った解釈でFSW宣言がされ、それと擦り合わせていく途上で更に幾つかの方面にもFSWという言葉が伝わり、思いもよらぬ所からOSWという言語も生まれたりして、≪フリーシェアワールド≫という言葉はゆらぎにゆらぎまくっています。フリックオブフリッカーです。

 惜しむらくは、ゆらぎを楽しむことの是非、みたいな議論に使われる言葉自体がゆらいでいるので、安心してそのゆらぎを楽しめないこと。

 しかしそれをのぞけば、FSWはかなり理想的なゆらぎ具合です。他の色んな物もこれくらい、いやこれ以上に広く使われて解釈の差が生まれればいいのになー。


 大体、この世で最大の完全FSWっていうのは現実世界でありますし、言葉はまさに万人に自由に共有される為の存在です。Free Share WorldならぬFree Share Word。だからどうした。セ、セラティが俺を見ている! 暗黒エネルギーだ! 中二病をもたらす暗黒エネルギーのせいだ! ギャアアアアア!


「全体とは、部分の総和以上のなにかである」

| 00:57 | 「全体とは、部分の総和以上のなにかである」 - 我がとうそう を含むブックマーク はてなブックマーク - 「全体とは、部分の総和以上のなにかである」 - 我がとうそう 「全体とは、部分の総和以上のなにかである」 - 我がとうそう のブックマークコメント

 FSWに関して良いなと思うことの再確認文章。

 グラフのx軸とy軸を書き直す作業。


 ≪フリーシェアワールド≫独自の魅力というのは、著作権に保護され、それ故に動きを制限されていた創作物を、複雑系に放り込めることだ、と私は考えているのです。

 使い古されたたとえ話を持ち出しましょう。

 私はただの一匹の蝶です。羽ばたいたって、葉っぱの一枚も動かせません。けれど、蝶の羽ばたいた場所が複雑系に支配された世界、自由フリーで、全てに共有シェアされる、無限に広い世界ワールドだったならば。蝶の羽ばたきは、限りなく無限に近い数の因子の影響を受け、限りなく偶然に近い必然の連鎖の果てに、世界の裏側で予想もできない大嵐を起こすかもしれません。海の底で火山を噴火させるかもしれません。内気なアイツに洋子さんに告白する勇気を与えるかもしれません。ただの蝶の羽ばたきが。

 とはいえ蝶の羽ばたきが起こした風では、本当に嵐を起こしたのか、パンチラチャンスを作ったのか、どうしたって分かりません。しかし作品ならば、ある程度影響を見て取れるのです。FF26辺りに召喚獣ヴィイが片翼の少女として出たならば*1、それはゴーストヴィイの影響が見て取れるのではないでしょうか。いえいえもっと露骨に、女神転生の悪魔として妖魔マロゾロンドが出たりとかしたら、それはきっと風が吹いて桶屋が儲かるより迂遠な、しかし必ず存在するドミノ倒しラインの果てに、ゆらぎの神話からアトラスまで繋がったのだと言い切れるでしょう。起こした風に名前を刻むことが出来るのです。


 創作者ストーリア?ではなく読者リーダー?的な楽しみ方としてならば、関係の読み解きという、考察的な楽しみ方もあります。ニュートンが、林檎が落ちることから重力の法則を見取ったように、何かと何かの関係を考える楽しみです。メタレベルで内容が伝播した経過を考えても良いでしょう。物語世界内での何かと何かの関係を考えても良いでしょう。そしてそれをFSW内外で自由に発表することがますし、場合によっては実際にその様な法則が定説化するかもしれません。自分で法則を捏造するようで考察のしがいがない、という意見もあるかもしれませんが……少なくともFSWに特有ではあります。それに、突き詰めれば、あらゆることには理由があるのですから、全く捏造と断ずることはできません。


 私がFSWが広まって欲しいと考えるのも、その自由度が高くあってほしいと考えるのも、このFSW特有の複雑系が大きく自然な物になってほしいからです。予想できない変化を見たく、見えない変化を予想したいのです*2

*1:本来ヴィイの名はゴーゴリの作品が出展らしいですが

*2:そしてもちろん、これらFSW特有の魅力のみならず、共作体制に共通する様々な魅力もある

TimeTideTimeTide2006/12/12 07:31>『はてなキーワードで既に書かれた文章を削除するのは駄目』
それは「個人情報流すのはやめましょう」「人の嫌がることはやめましょう」的なマナーに関する注意書きなので、FSWに関する著作権的な規定とはあんまり関係ないのではと。

>自作品に利用する時にはゆらぎの神話と言う元ネタがある、と書かなきゃいけない
あれ、必須って言ってたっけ? 記憶ががが

runa_wayruna_way2006/12/12 08:10>上
 あー、うちのキーワードにあるFSW(完全FSW)の条件を満たさない、と言うのは間違いだったかもですね。
 私が言いたかったのは、ゆらぎ・完全FSWとしては、『他人に過激に弄くられるのはちょっとなあ』という意見に対して、『いやいや弄くり弄くられ楽しいっすよ! 何されても全然嫌じゃないっすよ! ちょっとウチきてやってみましょうよ!』みたいな急進的なノリで通してきてると感じていたのだけれど、実は『いや、やっぱ一遍書いたの弄くられるってのはちょっと嫌……』という保守っぽい規定があるのは
他から見たらなんかもにょるということであった。誰ももにょってなかったら私がもにょってるということであった。

>下
http://flicker.g.hatena.ne.jp/keyword/%e3%82%86%e3%82%89%e3%81%8e%e3%81%ae%e7%a5%9e%e8%a9%b1%20FAQ
の一番下って違いますか。

高樹ひろむ高樹ひろむ2006/12/12 09:15私の定義するOSWとは、「参加資格に制限が無くだれでも自由に参加できるシェアワールド」という意味であって、FSWもその中に含んだ概念です(参加資格に制限のあるFSWというものがあるなら別ですが)。
つまり、参加資格に制限さえ無ければゆるゆるのFSWだろうと、設定にガチガチに制限があるものであろうとOSWに含まれます。
もちろんOSWという名称にこだわる気は無く、こだわっているのは「参加資格に制限の無い」という概念の方です。

TimeTideTimeTide2006/12/12 16:54>上
極端な話、たとえば僕はBBSとPBBSとmixiのデータを恣意的に消去することが出来るけど、それをすることは別にFSWの思想によって保障された権利ではないわけで。人の作ったものそれ自体に手を加えたり消去したりというのはFSWの範疇外だし、そこは別途で考える必要があるかと思うだずら。

>下
うわ本当だ! ……あとで修正しとこう

runa_wayruna_way2006/12/13 11:51→高樹さん
 矛盾を許すものも含むのですね。失礼しました、訂正します。
 OSWとFSWの違いは、通常著作権により許されていない作品の引用利用等を許すとしているかどうか、となるのですね。



→TimeTideさん
>上
 一度コメントしたのを訂正。
 FSWは、作品を保った上でそこに含まれている情報をどう使っても自由、ということを示すのだ、ということみたいだけれど。消去だの変更だのっていうのは、『作品の利用』には含まれない?

TimeTideTimeTide2006/12/13 12:57ほ、法律わかんね。僕が間違ってるかも。
えーと、著作権と所有権の違いと言えば分かりやすい? Aさんが絵を描いた。そしてその絵の「著作権」を放棄した。(パクリ公認) でもモノとしての絵はAさんが所有し続けている。そこにBさんがやって来て、「著作権放棄したんだから何してもいいだろう」と絵を盗んでったり破いたりするのはNG。
 つまりゆらぎでは、著作権までは自由にしていいけど所有権までは言及してなくて、「作品の利用」と言うより「知的財産の利用」と呼ぶのが正しい? ような気がしませんか? いいのかこれで。

runa_wayruna_way2006/12/13 13:07 あーなるほど。法律的制度的にどうかとか能力と権利とシステムがどうとかそういう妥当性は私も知りませんけど、イメージとしてはすっきりしました。著作権と所有権は違うのね。

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20061211