Hatena::Groupflicker

レストロオセの四十四騎士

レストロオセの四十四騎士

古代ジャッフハリムの暴君ビシャマルの妻にして最悪の奸婦レストロオセに仕えた四十四人の騎士。

リスト::レストロオセの四十四騎士


フレウテリス(『猫の国』でいうアルティミシア、つまりニガヨモギ)を紋章とする。

彼らは主君の過ちを指摘しようともせず、逆に主君のように利権を貪る有様だった。

レストロオセが君主となるように夫君ビシャマルを殺したのもレストロオセの命令を

受けた“騎士”の仕業であったと言われる。のちに彼女が邪神と化し、

地獄に降って魔王となると、彼らもこの魔王に仕える大悪魔として地獄に君臨した。

レストロオセに彼女を高徳の女王、最高の聖女として語る『聖母伝説?』があるように、

レストロオセの四十四騎士にも、彼らを徳高く高潔なる騎士として語る『聖騎士伝説?』がある。

聖騎士伝説では裏切りによって人数が七人減ったとされ、レストロオセの三十七騎士と呼ばれている。

 

四十四騎士の爵位

オーデン・ヌベル著『悪魔の図鑑』には四十四騎士の爵位は

4人の王

5人の大公

3人の王子

6人の公爵

8人の侯爵

7人の伯爵

6人の子爵

5人の男爵

という風に載っている。

四十四騎士の仇敵

影の騎士セウ=ガーベラはビシャマルに忠誠を誓い、四十四騎士の前に立ち塞がった。

人間であったころのヴェイフレイを倒したのはセウ=ガーベラだった。