Hatena::Groupflicker

ラーカルの兄弟

ラーカルの兄弟

この世界における、最大規模の同人作家集団。

「とにかくなんかかけよおめーら」というふざけた言葉がモットーであり、名作、良作、異色作、駄作、何でも書く。著作数は数え切れないが、なぜか秘密結社的な位置づけをされているらしく、基本的にこの集団の素性が明らかにされることはない。

身内(同集団内)だけで通じる合言葉があると言われている。それは詩であるとも、物語の一文であるとも、はたまた最初から存在しないなどとも。

一説によれば、その言葉は失われたアヴロニアの巨大な石版「ラーカル碑文」に記されているという。


メンバーは全員が少年の姿をしていて、全員が不老長寿、もしくは不老不死であるらしい。

ラーカルの兄弟に入る条件は不明で、神や【猫】などの伝説的な存在から、一般人まで幅広い種類の人間がいる。人型ではないのももちろんいる。

結成年代は不明である。神々がメンバーであるということから、有史以前、ひょっとするとパンゲオンが存在する以前に結成されたという推測すら出来る。

ラーカルというのは、この集団の代表者の個人名などではなく、結成当時のメンバー六人「リーデルサル」、「エッド」、「ラグナク」、「カーズガン」、「アレ」「レーラァ」の頭文字「LERCAL」で作られた造語。

ラーカルの兄弟のメンバー


*リスト::エーラマーンの選ぶステキページ