Hatena::Groupflicker

ヨンダライト人間観

ヨンダライト人間観

人類はあらゆる存在の中で最も優れた存在であり、その叡智をもってすればいかなる困難を克服することができるという思想。ヨンダライト・ハルアモンドによって提唱された。(⇔ケールリング人間観)

 人間こそが、この世界にあって至上の存在である。魔獣も紀竜も神々も、遂に人間によって退けられた。我々の知恵と結束と勇気をもってすれば、いかなる存在にも我々の存在を断つことはできないのだ。

 たとえば神々の時代より残された数々の遺跡について考えよう。永遠に未踏の地と言われたそれらの遺産を、いま我々人間は次々と踏破している。紀の宝玉を手にして世界の命運を握るのは、人間の中でもっとも無力であるはずのたった一人の娘に他ならない。度重なる地獄解放においても、我々はその全てを自らの力で退けてきたではないか。

人間は異形を調伏し、竜に打ち勝ち、神をも越えた。今後いかなる困難が人間を襲おうとも、我々はその貪欲な生命力をもってこれを克服し、征服することだろう。今や世界の頂点は、我々人間そのものである。