Hatena::Groupflicker

ミュリエンティ

ミュリエンティ

キュトスの姉妹の48番目。

何もしないミュリエンティ。絶対無為のミュリエンティ


何もしない。絶対的な不干渉を保つ自由な『猫』。

くすんだ赤毛と栗のような眼を持つ美しい少女。魔女としての能力は無く、『能力が無い』ことが能力とも言える。

パレルノ山?カスミストと共に誘拐された事件が有名である。


余談だが、ハーム=カーゼウとの関係性は近年全面的に否定された。彼女は姉妹の中で代替わりせず、キュトスの姉妹の性質にすら不干渉のまま自己の存在を維持しつづけた。

ミュリエンティが生まれたとき、シャルマキヒュは、彼女が紀元神を滅ぼすと予言した。

予言を恐れたアレは、ミュリエンティに何もできない戒めを与えた。

この戒めが解けるとき、ミュリエンティは神々の王アルセスを食らい、世界に破滅をもたらすという。


霊感

文神ハレキュトスの姉妹ケルネーボニフトスなどの文豪達は彼女の姿を見、鮮烈なインスピレーションを受けたという。

ミュリエンティを見た瞬間に得た衝撃を基に執筆された作品は何れも傑作とされるが、その全てがほぼ同時期、別の場所で書かれたにも関わらず共通する韻律と文章構成をもっていた事で様々な物議を醸した。

このことから、偶然作品の内容が一致したり相似したりすることをミュリエンティ現象と呼ぶ。

また、盗作の言い訳として用いられる事もある。

A「お前これパクリじゃね?」  B「ばっかミュリエンティ現象だよ」