Hatena::Groupflicker

ダールヤール

ダールヤール

花園(あるいはオアシス)に擬態した怪物。花園に誘われ紛れ込んだ動物や人間を喰らう。「回遊する花園」とも。ダリャル。ダーリャル。ダルヤル。ダリヤー。


生態

不毛の砂漠の生物なだけあって生命力が非常に強く、オアシスにも擬態する危険な存在。ダールヤールの正確な個体数は判明していないが、少なくとも500を超えているのは確実とされる。

亜大陸の大砂漠を常に移動しているが、大流河と大山脈を超えて北へ行くことができない。本能によるものか、ある種の呪縛によるものなのかは不明だが、彼らはその間のトゥルサを通って本大陸に侵入しようとする。

喰魔獣モルゾワーネスの一形態であるという説もある。


トゥルサとの関係

この「花園そのものである獣」の襲来には、多くのトゥルサの統治者が頭を悩ませてきた。本大陸側の人々もこのような化け物が自分たちの大陸に入って来ることを嫌ったため、トゥルサダールヤールの撃退・駆除の協力を申し出る者も少なくはなかった。