Hatena::Groupflicker

ガーランゼ信仰

ガーランゼ信仰

 ガーランゼは、「影を喰らう悪魔」の意で、古くから神話世界に根付いてきた信仰である。

 世界誕生時、パンゲオンから生み出された動物のうち、不完全に生まれたオオカミの一種がその後に誕生した人間の影を住処とし、自らをガーランゼと称するようになったと言われている。

ガーランゼが住処とするのは、大抵「意志が弱く病弱」な人間の影であるとされ、影の主である人間が絶望した時、影から半身のオオカミが現れ、主を喰らうという。人々はガーランゼに喰われまいと、自らの意志を強く持つことを子供のうちから教えてきた。

 やがて、ガーランゼの身代わりとするグランツェが各地で作られるようになり、この信仰も教育の場でのみ使われるような形式的なものになっていった。

 ガーランゼが人間の影に入らぬように、赤ん坊が生まれたときにその身体を清める儀式が行われている地方もある。