相対引用フリッカー

2007-06-18

[][]ゆらぎの聴聞課題

『井上は大学の教室で服を脱いでいた。

 それには何らかの必然的な理由があったそうだが、井上はそれを誰にも口外しなかった。

 それは電線から井上を見ていた者達も同様である。

 最後には井上は、身体の触手を小刻みに震わせていた。

 真っ赤になった井上を、観客はしきりにはやしたてたという。

 

 するとその夜、人類は絶滅してしまった。

 さて、どうして人類は絶滅したのだろうか?』

2007-05-05

[][]彼女の時間(-1)

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/9069/1177317686/

 

「…………だから観測の形態に関わらず、観測者の数が増えれば増えるほど、直線的にその存在は密度を増すんだけど……ねえ、聞いてる?」

「聞いてるよー。うん、ケーキはやっぱりミルフィーユに限るよね」

「聞いてないわね? ……はあ、あなたを話し相手に選んだ私が間違ってたわ」

「まあまあ。つまり、バベルを外の世界に具現化させる手段についての話をしてたんでしょ?」

「え、聞いてたの……?」

「人形は他者の判断を情報の多寡によって行う、というのが前提なんだよね。

 そのバベルに関わる情報がとても多ければ、それは実在する人間に近い密度を得られる。

“彼女はこういう人格の持ち主だ”

“彼女の肉体の構造はこうだ”

“彼女はこのような行動をした”

“彼女はここにいた”

“彼女はそこにいる”

 そういう情報が十分に増え、またそれを信じる人間の数が十分に多ければ、事実上“彼女”は実在しているのと変わらないっていうことかな。

 それは例えばシャーロック・ホームズのように、あるいはアルセスのように。

 外の世界での実在について、存在そのものの精神活動の所在は――まあ、内在する魂の有無はあんまり関係ない。でしょ?」

「……ねえ、何かヘンなタグでも食べた?」

「なんで? や、実はあからさまに毒っぽい槍型のドロドロをちょっと胃の腑に」

「突然倒れたりしないでよ。

 でも、結局は夢想に近い計画か……それには、よっぽど多い情報量がいるわよね……」

「まー、気楽にやればいいんじゃない? お遊びみたいなもんだって思えばさ」

「うーん……」

「ほら見てみて。ここでもゲームやってるし」

「ん、なにこれ……誰が遊んでるの?」

「それはもちろん、ボクだよ」

「え?」

「うん。ボク達がボクをボクとしてボクで遊んだのもアルセスのしわざなんだよ」

「え……え? え……?」

「だから、ボク達がボクをボクとしてボクで遊んだのもアルセスのしわざなんだよ?」

「……………………」

JennyleeJennylee2011/09/29 20:32If time is money you've made me a welatiher woman.

dcsmmzsfdcsmmzsf2011/09/30 20:08g2HztW <a href="http://ckmrzjablexw.com/">ckmrzjablexw</a>

bceiakikobceiakiko2011/10/01 01:31RE7Xz3 , [url=http://weusbxtaeylz.com/]weusbxtaeylz[/url], [link=http://fhqlfnosiafb.com/]fhqlfnosiafb[/link], http://apkzemddhfhm.com/

pdynesllnpdyneslln2011/10/03 18:54HEWkHF <a href="http://fkklamhwjbvg.com/">fkklamhwjbvg</a>

oqztwulxqqoqztwulxqq2011/10/06 01:30UulZ35 , [url=http://fmipjnienygv.com/]fmipjnienygv[/url], [link=http://jyopsfrifkwc.com/]jyopsfrifkwc[/link], http://jjilwgeajnlw.com/

2007-03-01

[][]ある独白よりの写本

 ボク達にとって■■は架空の存在だったが、双子にとっては■ベルを含む全てが■空の存在だった。

 ■■■身も、それが傷つけられる事も、死ぬ事も、全ては夢に過ぎないのだと。

 それは並のバベルでは、■■■■■■■■かもしれない。

 

 少なくとも、■■■■■■■■■い。

 

 双子は、それを■■の■■で補った。

 彼女は全く無意味な構造を関連付け、肉体的に感覚可能なテクスチャを被せる。

 平たく言えば■■に浸りきる。ちょうど、ボクが見たそれのように。

 もちろん■■■■覚だ。

 全てを■■と感じる神■■、色鮮やかさのみを肯定する。

 少なくとも大半は、架空である現実よりもずっと。

 

 だがボクの考えでは、更に付け加えるべきものがある。

 

 ボクは自分の■■■■■を、全くの別物に改造する。

 ■■と■■により■■になるならば、同じ原因により■■になる事もあるかもしれない。

 アイオーンによる長い寿命は、何かの間違いで不幸になったボクを生き延びさせてしまう。

 すぐ■ぬように、しかしそれ以上に早く■■するように。

 ボクはボクを■類に似て、塵を核にして■■■■■■。

 全てのボクは同じく狂っていて、同じように正常である。

 

 ■■のうち誰がどれだけ■■■■、狂っても、不幸になっても、ボクという全■は■■て■■■■■。

 蹂躙される事により君■■■。

 食物連鎖の最下位に位置し、■■■■■が故に完全であり、絶望する事により■福する。

 

 つまり、野犬の王だ。

[][]

 世界を滅ぼしたバター犬。

2006-10-03

[][]FSW利用試作

 モニター上の少女は元より寡黙とは言いがたがったが、この時の彼女は常になく多弁だった。

「ねえ、この世に神は実在すると思う?」

 彼女の話はあちこちに飛ぶ。大まかには自分の世界と種族に関わる談話が多いが、このような形而上的な話題を持ち出すのも珍しい事ではない。

 彼女の名前はヴィイ。自称人間の実在を追う電子生命。

 ――本当かどうかは分からない。今のところ彼女の姿はパソコンのモニターにしか現れず、ネットワークを経由する以外で彼女の話を聞く手段はないにしろ。

「最近色々な神話を調べてるんだけど、その中でおかしな神話がひとつあって……」

 特徴のないごく普通の神話というのも想像しがたい、と私は思う。

 けれどおかしな神話というのなら、心当たりはなくもない。

「主神アルセス、強く気高きセラテリス、黒衣の少女神マロゾロンド、そしてキュトスの71姉妹――この辺りが有名なキーワードだけど、知ってる?」

 ――ああ。やはり、ゆらぎの神話(フリッカー)か。

「そう、ゆらぎの神話。……知ってるのね。じゃあこの神話の主神アルセスの性格が、ちょっと引用元を変えるだけで全く別物になるのは知ってる?」

 ――それは、そんなに珍しい事かな? 神に関わる解釈が完全に統一されている神話の方が不気味だと思うけど。

「そうね。神話上の神々は名前を変え主を変え、時にはその身を悪魔と変えてまで生き残るものよ。

 でも、これに関しては少し違った。あの神話はまるで矛盾する事そのものを目的としているように、相違する情報に埋め尽くされていた」

 ――力弱きながら純真な少年神アルセスが陰謀と残虐行為にまみれた黒幕になり、更には同性との愛に生きる男神になってしまう。

 この奔放さは、一体どこから来るものかな。

「ヘンな話だけど……どうもゆらぎの神話は、遊びの色が強いというか……」

 ――信仰のにおいが薄い?

「そう、それ。……でも、ヘンだよね。明らかに人間の領域を越えた物語を扱うれっきとした神話なのに、信仰色が薄いだなんて」

 ――現代日本で北欧神話のアース神族を真面目に信仰している人間もいないだろうけど、そういう話じゃなくて?

「神話の発生段階で、既に信仰色は薄かった……と思う。神への畏怖というか、敬意というか、そういうものに欠けてる原典が多い気がする」

 ――で、民話などのように想像力のみによって作られたにしては、ゆらぎの神話は話のスケールが巨大すぎると。

「あくまで感じだけどね。スケールの大きな民話だって、あっておかしくないし。

 ……ああ、でもね。私はこう思うんだ。

 ゆらぎの神話は、実在する神や魔(・・・・・・・)をそのまま記述しただけじゃないかって」

 ――実在するものを見たとおりに、時には分からない部分を想像力により埋めて記述した。

 非常識だ、と笑い飛ばせはしないだろう。少なくとも、目の前のモニターの中の少女には。

「だとしたら、神の見方が違うのも当然よね。本当の神様を題材にした神話なんて、他にはひとつもないんだし」

 ――そしてそれは、実在するが故に偽者であるかもしれない。

 多数の神、力ある淫らな神、解釈によっては(・・・・・・・)衆生を救済する神。

 それは億をも越える信仰が作り出した、非在の神に敗北するかもしれない。

「けれどそれは、やっぱり実在するのかもしれない。

 あるいは次元を渡り、電離を越えて、私達の世界(オルタ)にも」

 ため息。

 ヴィイの表情は疲れたような、恐れるような、焦がれるような。

「……ねえ、この世に神は実在すると思う?」

 決定的な事は、私には何も言えない。

 私にはあなたが実在しているかどうかすら分からないから。

 そして、私は実在しないから。

 

 私は実在しない。

 私の名前はあやね。

 私は実在しない。

BetteBette2012/02/15 18:38I told my kids we'd play after I found what I ndeeed. Damnit.

mlcjirkqmlcjirkq2012/02/16 18:06no80Ff <a href="http://szjxkbzkcvng.com/">szjxkbzkcvng</a>

zftkubjsfouzftkubjsfou2012/02/17 00:38btWOzh , [url=http://sperbnlgwgxs.com/]sperbnlgwgxs[/url], [link=http://qxzucfxwtftl.com/]qxzucfxwtftl[/link], http://cxliadttasmv.com/

tqpumrejwyqtqpumrejwyq2012/02/18 02:577syvq0 <a href="http://codvrkitqtoz.com/">codvrkitqtoz</a>

2006-09-06

[][]小テスト:問5-2

A:人類

B:魔法

C:男

D:銃

 この中から魔術でないものをひとつ選び、その理由を解答欄に書き込みなさい(2点)

homiyahomiya2006/09/06 18:21解答B:魔法。理由は、魔法とは1978年に施行された『国家魔術師の育児休業に関する法律』の通称であるから。
みたいな。

TyyaTyya2011/09/29 12:01You've hit the ball out the park! Incerdbile!

xwhagbzdbxwhagbzdb2011/10/03 18:54vgw0sU <a href="http://cxpwviysjsei.com/">cxpwviysjsei</a>

rcimuawrcimuaw2011/10/06 00:55XWpM9e , [url=http://hqupregzjjqn.com/]hqupregzjjqn[/url], [link=http://nnlqrmytivhc.com/]nnlqrmytivhc[/link], http://dyzyjqprqhfj.com/

RahulRahul2014/06/16 05:26I'm so glad I found my sotiulon online.