相対引用フリッカー

2006-08-08

[][]『イア=テムは妻を娶れ』1

 男は、百人の兵でもって一人の少女を捕らえた。

 彼女が連れ込まれたのは、牢屋じみた石造りの地下室である。男は不法に街道沿いの城砦跡を占拠していた。

「――子供が」

 ぼそり。誰に言うともなく、地下室で少女が呟く。

 男の生業は無頼者を使い、通りかかる旅人の安全を保障するのと引き換えに金や物資を徴収する事だ。

 山賊である。

 だが男達は、並外れて大規模な山賊だった。根拠地である城砦跡は改修され、無頼者は連れ添いの女との間に子を為し、必要な物資のために商人が引き入れられ、いつしかそこは村と呼べるものになっている。

「子供が、笑っておりました」

 再度の呟き。少女の脳裏に浮かぶものは、この地下に連行される直前のあぜ道で見た光景だった。

 少女は視線を上げる。全身を縄で、そして【竜】で縛られた彼女に出来る事は、そのくらいしかないだろう。

「あなた様は、平凡で優しい方。この村を見れば、そのくらいの事は分かります」

 少女の視線の先には、一人の男が立っている。

 彼はひたすらに無言を保ち、冷然と少女を見下ろしていた。

「……そんなあなた様が、なぜ、わたくしにあれほど乱暴な事を?」

 男の名は<白髪>のイアー。

 後の白眉のイア=テムである。

 

→次の紀へ

KabitaKabita2012/08/14 01:51Please keep thrownig these posts up they help tons.

dijvhjdijvhj2012/08/15 13:25qWGxpA <a href="http://elqiehflmaci.com/">elqiehflmaci</a>