これはだいぶにせものです このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-07-19チャコール・イン・マイ・ハート

真夏、ある女たちの午後。 13:10 真夏、ある女たちの午後。 - これはだいぶにせものです を含むブックマーク はてなブックマーク - 真夏、ある女たちの午後。 - これはだいぶにせものです 真夏、ある女たちの午後。 - これはだいぶにせものです のブックマークコメント

籐製の寝台に乱雑にマットレスとリンネルのシーツを重ね、金髪の女が倒れこんだままに四肢を投げ出して、暑さにうだっている。

大儀そうに脇の鏡台に置かれたグラスに手を伸ばし、ストレートティを飲み干す。溶けかかった氷がからん、と部屋の熱気に不釣合いな涼やかな音を立てる。

天井扇はじっとりした熱風をかき回すだけで、本来の役目をまるで果たしていない。

「魔法とか使いたいわね。妖精さん買ってこなきゃ」

「角砂糖1個で働いてくれるやつね」

金髪の女と離れたところで机に座る黒髪の女が、付け加える。

黒髪が座る、部屋の中央に据えられた重厚な書斎机には、今月の予定らしき文字列でびっしりと埋められた手帳が、雑多な書類と封筒の山の上に乗せられている。

「そろそろシャワー浴びたら……」

黒髪は金髪のほうに目もくれずに、書類を避けて置かれたマグの中身を口に含んだ。ブラックコーヒーの中の氷は溶けてなくなっている。

「何時からだっけ?」と金髪。手帳にちらりと目をやり「4時…あと90分」と黒髪。

えぇ、と恋人に甘える少女のように、金髪は声を上げる。

「やだあ、水風呂に入ってアマナツ・モモカの新譜聞くんだーい。やーだーやーだー」

黒髪の眉間に深々としわが入り、目尻はぴくぴくと痙攣している。

明らかにいらつきながら、黒髪は言い捨てる。「働け」

「働きたくない!」

溶けた氷菓子のようにベッドに沈み込んでいた金髪はその答えを待ち望んでいたかのように、間髪入れずに叫んだ。

今日もヴィラ・エクステル101号室には罵声とものが飛び交う。

(チズ・ユリワキ「あの女ぶっ殺してやろうかと思った」)

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/firestorm/20110719

2010-09-18

September 18, 2010 / Earth 08:34 September 18, 2010 / Earth - これはだいぶにせものです を含むブックマーク はてなブックマーク - September 18, 2010 / Earth - これはだいぶにせものです September 18, 2010 / Earth - これはだいぶにせものです のブックマークコメント

三つの名前を持つ女がタイプライタを叩き終えた。

二人の子供を寝床から優しく起こしている。

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/firestorm/20100918

2008-02-05

09:53 2008-02-05 - これはだいぶにせものです を含むブックマーク 2008-02-05 - これはだいぶにせものです のブックマークコメント

「いいかい!仮に君が学校上がる前のガキんちょが中年男のイチモツ握らされてるところを見てマスかけるってんなら話は別だがね!

こいつらはそういう人間だ。いや人間扱いすらしたくない。ウジムシだ。ゴミカスだ。

そのゴミカスが燕尾服着ていっぱしに紳士気取りだぜ?

死ぬほど気持ち悪」

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/firestorm/20080205

2007-07-03

今日の女の子だけが使える秘密の魔法 11:51 今日の女の子だけが使える秘密の魔法 - これはだいぶにせものです を含むブックマーク はてなブックマーク - 今日の女の子だけが使える秘密の魔法 - これはだいぶにせものです 今日の女の子だけが使える秘密の魔法 - これはだいぶにせものです のブックマークコメント

ゴキブリは中性洗剤で速やかに殺せる。

丸めた新聞紙や殺虫剤より確実な効果をもたらす事が確認されている。

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/firestorm/20070703

2007-06-28

アルセス描いた 22:52 アルセス描いた - これはだいぶにせものです を含むブックマーク はてなブックマーク - アルセス描いた - これはだいぶにせものです アルセス描いた - これはだいぶにせものです のブックマークコメント

f:id:firestorm:20070628150858j:image

いやホントは全然関係ない奴の可能性も十分あるんだけど。

アルセスって脳内イメージオンリーで描くとこんなんかなー」てもそもそ。

topheltophel2007/06/30 14:04確かにこんな感じだー。

firestormfirestorm2007/06/30 17:09ほかの紀神もさくっとイメージだけで描いてみようかなとおもいます。。

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/firestorm/20070628

2007-03-17

血の跡で続きが読めないメモ 21:08 血の跡で続きが読めないメモ - これはだいぶにせものです を含むブックマーク はてなブックマーク - 血の跡で続きが読めないメモ - これはだいぶにせものです 血の跡で続きが読めないメモ - これはだいぶにせものです のブックマークコメント

「なぁ、アエルガ=ミクニーって猫の姿の女神なんじゃね?ほら、猫リセットって昔から言うじゃないか…」

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/firestorm/20070317

2006-11-21

気持ちの良い午後、ある家族の会話 14:29 気持ちの良い午後、ある家族の会話 - これはだいぶにせものです を含むブックマーク はてなブックマーク - 気持ちの良い午後、ある家族の会話 - これはだいぶにせものです 気持ちの良い午後、ある家族の会話 - これはだいぶにせものです のブックマークコメント

「♪たららら~ たららら~ たりらりたりらりたりらりらりらり、たりらりたりらりたりらりらりらり」

「なあ……歌いながら文章書くのやめようぜ」


歌いながら、どころではなく、その女はノリにノってたんたんと右足で軽く足踏みしながら、手垢まみれのタイプライタを叩いていた。


「♪たららら~ たららら~ たりらりたりらりたりらりらりらりたりらりたりらりたりらりらりらり」

「……ここにコーヒー置いとくぜ、ジェニー


BPM=150。テンションの高さで例えればそれは、初めて女湯を覗く毛も生えていないガキ共の集団ぐらいである。

彼女にとって血圧の低い昼間にもかかわらず、女は小さく縮こまらせた猫背から沸騰する湯のように奇妙な熱気を立ち上らせていた。


「♪だだっっ!だだっだ!っだっっ!だだっだ!だだだっ!だだっだ!どーん……かっかっかっかっ……」

「(……うるっせぇな……)」


調子っぱずれの、ハスキーを通り越してしわがれ声の主は、今この瞬間世界には自らの脳内に視えたヴィジョンとそれに対面する己しかいないかのように、完璧に側の男(兄か弟か、はたまた従兄弟かはわからないが)の存在を無視し、口ずさむ奇妙な曲とタイプライタ投影する脳内の情景をシンクロさせ、そして…


「♪ぱぱぁ!どぅーん!だがだがだがだが!」

一際大きく朗々と歌い上げ、タイプライタから手をぱっと離し、両手を掲げる。それはまるで光の中で唯一神の姿を幻視した熱心な信徒のように……恍惚とした顔で……


……彼女は書き上げ<なすべきことをなし>、そして手を離した勢いでそのまま椅子から真後ろに倒れ込んで頭をしたたか強打した。


「……ジョニー、あんたを見込んで後始末は任せたわ」

そう言って、女は白目を剥いて気絶した。


「……28歳にもなって何バカやってんだよ……ジェニー

(チズ・ユリワキ「喪女の肖像」)

脳内BGM(amazon

ダライアスII -G.S.M.「say PaPa」

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/firestorm/20061121

2006-11-20

未明、ある女の一日の終わり。 01:10 未明、ある女の一日の終わり。 - これはだいぶにせものです を含むブックマーク はてなブックマーク - 未明、ある女の一日の終わり。 - これはだいぶにせものです 未明、ある女の一日の終わり。 - これはだいぶにせものです のブックマークコメント

本日1本目の煙草…正確には日付が変わったばかりなので昨日の夕方起きてから41本目のその煙草を吸い終え、彼女は再びタイプライタに指を戻した。

目の下に描いたような隈をくっきりと見せる、いかにも不健康そうな土気色の顔は無表情を通り越して無機的だ。



だかだかだかだかだかだかだかだかだかだかだかだか



BPM160で16分音符を正確に刻み続ける黒いタイプライタは決して古いものではないが、とうにキイの文字の刻印は手垢にまみれ見えなくなっていた。

こくまろカフェインと粗悪な密造酒と怪しげなクスリがほどよく回ってきた彼女の脳内では、清純可憐な幼い美少女が顔色一つ変えずに黒いピンヒールででっぷりと太った中年男の陽物を踏み潰している。先程まで恍惚の表情を浮かべていた男は養豚場の豚のごとき悲鳴を上げている。

土止め色の脳細胞のひとかけらだけが、その光景を文字に起こす際に「ちょっと!姐さん流石にそれはあかんてーグロはー」と止めようとしたが、面倒臭いので指先はそのまま打ち出した。

男が1cm角の肉片と骨片に姿を変えて少女の愛竜の三時のおやつになった後、彼女は「おけ」と呟き、数時間ぶりに椅子から立ち上がった。



引っ詰め髪をまとめていた色褪せたリボンをほどき、ぼりぼりと頭を掻くと、ドアに備え付けられている郵便受けまでのろのろと歩いていき、溜まった新聞をひとまとめに掴んでまた部屋に戻っていった。

もう何杯飲んだかわからないコーヒーをぐびりと一杯やると、新聞を広げ糸のような目で舐め回すように眺める。

さっき配達された新聞も含めて一気に古新聞にした後、それらをおおざっぱに畳んでゴミ箱に放り込んだ。

新聞を読み終わった彼女は眉間に深い深いクレバスを刻み、

タイプライタに指を添え、

短い文章を最後に挿入し、

チェックもせずに原稿を封筒に突っ込み、

封をして、

それから羽ペンでなにやら汚い字でどこかの住所を書き殴り、

最後に思い出したように――彼女に可能なだけ丁寧に、綺麗に――

ククルトン・サッカニアス>とサインをすると、

封筒を机の上に放り投げ、

膝掛け替わりのボロ毛布を引っ被って床でそのまま寝始めた。



最後に挿入された一文は<少女は言った「ペドは死ねばいいのに」>だったが、文学雑誌「ヒマワリ」掲載時にはその他の「青少年には好ましくない表現」と共に削除されていた。

(チズ・ユリワキ「喪女の肖像」)


脳内BGM(amazon

RAYCRISIS (レイクライシス)「女の子にセンチメンタルなんて感情はない」

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/firestorm/20061120

2006-09-05

ククルトン・サッカニアス 21:13 [[ククルトン・サッカニアス]] - これはだいぶにせものです を含むブックマーク はてなブックマーク - [[ククルトン・サッカニアス]] - これはだいぶにせものです [[ククルトン・サッカニアス]] - これはだいぶにせものです のブックマークコメント

自称・小説家評論家翻訳家言語学者、探検家、その他多数。

本名ジェイン・ドゥ。

cuttlefishmk2cuttlefishmk22006/09/30 19:54・・・・!

洒落かっ!!←気づくの遅い
探検家は確かにそうですね←

firestormfirestorm2006/10/02 01:21シャレだったのかこれ←単純に電波受信しただけらしい

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/firestorm/20060905

2006-04-30

TimeTideTimeTide2006/04/30 04:20クオリティタカスクリニックwwwwwwww

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/firestorm/20060430