Hatena::Groupflicker

只今きょむはゆらいでおります

2008-06-12世界について

世界

| 02:51 | 世界 - 只今きょむはゆらいでおります のブックマークコメント

世界はおおよそ正六面体でできている。

世界には6つのテリトリーがあった。

すなわち、火、水、風、地、剣、紀である。

ひとつの国には3匹の獣がいた。

すなわち合計で18匹の獣がいた。

言理

| 02:51 | 言理 - 只今きょむはゆらいでおります のブックマークコメント

言理とは世界をつくる6つの要素のこと。

すなわち、火、水、風、地、剣、紀である。

それぞれの言理に、

対応するテリトリーがあり、

対応する気候があり、

対応する獣がいる。

ただし、言理のどの要素にも当てはまらない獣もいる。

その獣は実体を持たない。

| 02:51 | 獣 - 只今きょむはゆらいでおります のブックマークコメント

世界には、6つのテリトリーに3匹づつ獣がいる。

それぞれ力あるけもの、知恵あるけもの、守るけものと呼ばれる。

獣は、天候からそれぞれの言理の要素を取り入れている。

天候が違うテリトリーでは長くは生きられないので、

獣たちは他のテリトリーに足を踏み込むことは少なかった。

テリトリー

| 02:51 | テリトリー - 只今きょむはゆらいでおります のブックマークコメント

火の国、水の国、風の国、地の国、剣の国、紀の国という6つのテリトリーがある。

テリトリーの真ん中にはひとつ家が建っている。

だいたい知恵あるけものが家に住んでいる。

天候

| 02:51 | 天候 - 只今きょむはゆらいでおります のブックマークコメント

夕焼け、雨、そよ風、暁、雷鳴、満月の6つ。

それぞれ対応する言理をもたらす。

天候が移り変わることはなく、テリトリーに固有である。

(たとえば火のテリトリーでは夕焼け以外の天候になったことはない)

| 02:51 | 道 - 只今きょむはゆらいでおります のブックマークコメント

つねに二股。

目の前には、自分がどちらか選ぶべき道が二つ。

背後には、自分が選んだ道と、自分が選ばなかった道の二つ。

二股二つが交差して十字を作り、都合4つのテリトリーと繋がる。

裏目にあたる国(火と水、風と地、剣と紀)を結ぶ道はない。

f:id:dottokyom:20080613041017j:image


「この世界には二つの道しかない。すなわち、闘争か、逃走か。

 だが忘れるなかれ、必ずしも正解などというものがある訳ではない。

 どちらを選んでも行き止まりであるという可能性など否定できない。

 むしろ往往にして、道の終わりとはそういうものなのだ。」