Hatena::Groupflicker

只今きょむはゆらいでおります

2008-07-10

5 日常

23:11 | 5 日常 - 只今きょむはゆらいでおります のブックマークコメント

その頃、ザリスは「ザリス牧場」で卵拾いをしていた。

牧場の主人、と言えば聞こえはいいが、

飼っているのは鶏のつがいを二羽だけ。

つがいなので、当然メスのほうしか卵を産まない。

牧場の生産物は、この卵だけだった。

しかしこの牧場の他に誰もいないこの国で、卵だけがザリスの食糧。

正直かなりひもじいが、それなりに栄養はあるとみえて、

特に栄養失調にかかったりということもない。

卵拾いを繰り返すうちに、鶏が卵を産んですぐ巧妙に隠すことを覚えたので、

ザリスはずっと鶏の尻を眺め続けていなければいけなかった。

もういつからこの暮らしをしているだろう。思い出せない。

外に生えている枯草を鶏にやる。尻の穴を見る。産まれる。食べる。

ザリスは、この生活に飽きていた。


いつかきっと、この生活を抜け出すチャンスが来る。

それまでは、こういうしみったれた生活にも耐えないと。

私が伝説になったとき、この生活は美談として語られるのよ。

見ていなさい、フフフフフ・・・!!


ザリスは誰もいない夕日に向かって拳を固める。

中二病の気があるザリスに、農業はあんまり向いてなかった。


元ネタ

「鶏の尻の穴」http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/37735/1201617770/-100

元ネタの元ネタ

「パッフェルベルの鐘」http://pagane.sakura.ne.jp/

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/dottokyom/20080710