Hatena::Groupflicker

只今きょむはゆらいでおります

2008-05-21ストーリー

1 グレンデルヒ(1)

03:44 | 1 グレンデルヒ(1) - 只今きょむはゆらいでおります のブックマークコメント

昔昔あるところに、カチナシとオーシャットという二匹の獣がいました。

オーシャットには、体のところどころにいろいろな色の体毛が生えていました。二本の耳がぴんと天に向かって突き出ていて、そこだけが綺麗な純白だったのでした。

一方、カチナシという名前の獣には、はっきりした形がありませんでした。黒いもやの塊のようなものでしたが、それではしゃべったりできないので、オーシャットの前では黒い鳥のような形をとっていました。でも、はっきりした形がないので、ときどきくちばしが大きく歪んで口が閉まらなくなってしまったり、足がいつのまにか3本になってしまっていたりするのでした。

オーシャットはいろんなところを旅して、いろんな獣に出会っていて、カチナシはその話を聞くのが大好きでした。・・・

(~グレンデルヒ童話「7つの色のオーシャット」より)