Hatena::Groupflicker

只今きょむはゆらいでおります

2008-05-10丸と罰

5/12改稿版 最果てのふたりの決闘

| 01:48 | 5/12改稿版 最果てのふたりの決闘 - 只今きょむはゆらいでおります のブックマークコメント

[19-1]

パンゲオン・ライオット。その最初に起こった闘いは、誰もが耳を疑う組み合わせだった。最弱の獣が最強の獣に一騎打ちを申し込んだのである。


一の獣カッサリオ。一騎打ちを挑んだ者に勝算無しとまで謳われた獣。その目前には、カッサリオと全く同じ容姿があった。毛ひとつほどの差異もないそれは、しばらく無言で対峙した後、おもむろに口を開いた。

「あなたの真似だけは、出来ません」カッサリオと寸分違わぬ声の質でそう告げたこの獣の名はカチナシ。19匹の獣、その最下位に位置する獣である。

カチナシは複製の能力を持っている。容姿だけではなく、その膂力、そのスピード、特殊な能力のあるものはその力に至るまで、完全に自分のものにすることが出来る。

しかし、その精密さが致命的だ。相手と全く同じ質、同じ量の力で対峙した際に勝敗を決するのは経験、つまりその身体をどれほど巧く扱えるかに尽きる。常に慣れない体で戦わねばならないカチナシに勝算などない。勝率を相手の強さに依存しない絶対的な弱さ。それがカチナシと呼ばれる所以だ。

ただし、唯一の例外があった。それが一の獣カッサリオである。カチナシは、どうしてもこの獣の複製だけが不完全だった。



[19-2]

「あなたの、この容姿。この体格。どう考えても、恵まれているとは言えない」だが強い。カッサリオにはカチナシのような特殊な能力はない。あるのは、力のみ。ただ圧倒的な戦闘の性能を誇る。それだけで頂点に君臨する獣である。しかし、その姿は、まるで少女。白くか細い腕や、吹けば飛びそうなほど矮小な体つき。表情こそ好戦的で厳しさを漂わすものの、頬や唇にどことなくあどけなさが残るその顔。だが強い。その強さは物理的に有り得ない。有り得ないものは複製のしようがなかった。いくらカチナシが姿を真似たところで、それはただの少女でしかない。

「いったい、あなたは何なのですか。あなたの強さは、何なのですか」カチナシは問うた。その答えが、自分に足りないものだと直感していた。その答えを聞くためだけに、カチナシはカッサリオに勝負を挑んだのだ。



[19-3]

問われたカッサリオの答えは至極簡単だった。

「全力を出すことだ」

カチナシは激昂した。「そんなもの、答えになりません!私だって、私だっていつも全力を出してます!なのにあなたとはこれ程の差がある!全力を出すことが答えだと言うなら!・・・あなたと私のこの差は、何なのですか。いったい、何だと言うのですか・・・」

「全力を出すことだ。相手に追い付けなければ、それが全力でない証だ。相手以上に全力を出せば追いつけぬものなどない」

「それは、あなただから言えるセリフです・・・百歩譲ってあなたが誰よりも全力を出す術を持っているとしても、私には、それは真似出来ない。ならば、全力を尽くすということも、才能だということではないですか・・・私には、出来ない。それだけのことではないですか・・・」

それはいつも自問自答していた時と同じ結論だった。私はカッサリオにはなれない。格が違う。器が違う。持って産まれたものが違いすぎる。単に神が不公平だった、それだけの理由なのだ。私には価値がない。私がどれ程頑張っても越えられない壁を、認識すらせずに軽々と飛び越えていく人間がいる以上、私という存在に意味などない。自分を救う答えが見出せなかったカチナシは、深く絶望した。



[19-4]

しかし、光は残されていた。

カッサリオが口を開いた。

「全力を出せ。出さねば、ここで死ぬだけだ。ただ、それだけだ」

単純なその言葉は、虚無に包まれていたカチナシに届いた。そして、それがカチナシを変えた。そうだ。どうせ無意味なのだ。私が何をしようと無意味なら、全力を出すことに恐れる理由なんかない。何をしても無意味、は、何をするのも自由。ならば、私は。

「・・・あなたは真似できません。だから。私と決闘してください」

凄絶、かつ満面の笑みでそう言ってやった。何をするのも自由ならば、私は後悔しない道を選ぶ。私にできる限りの全力を目の前のアイツにぶつけて、そして、笑って死んでやるのだ。

「・・・いいだろう。全力で、潰してやる!」

それまで冷淡だったカッサリオが、吼えた。カチナシも吼えた。牙と牙、全力と全力、獣と獣。そこにいっさいの心は無く、在るは力のぶつかり合いのみ。無心の獣は絡み合っては離れ、また互いに立ち向かう。命を懸けた最期の交差、大きな満月を背景にひときわ輝く十字架(クロス)を描いた、その軌跡。

それは、美しい線対称だった。

f:id:dottokyom:20080511014919j:image


「カッサリオ」http://flicker.g.hatena.ne.jp/TimeTide/20080505/p2

「カチナシ」http://flicker.g.hatena.ne.jp/dottokyom/20080507/1210177532

ErikoEriko2012/10/27 16:41I can already tell that's gonna be super hpeflul.

xlkbujhhvrxlkbujhhvr2012/10/28 14:06oM0rGF <a href="http://kimfzalwbjup.com/">kimfzalwbjup</a>

pvxkvfpvxkvf2012/10/29 02:27Ni2voZ , [url=http://rtewomdkkoqg.com/]rtewomdkkoqg[/url], [link=http://wfckxorlmkxb.com/]wfckxorlmkxb[/link], http://ksaulolbxtqx.com/

rvnimsadpqervnimsadpqe2012/10/29 13:56o7PCqg <a href="http://owxygypyfmxt.com/">owxygypyfmxt</a>

nryqrwnryqrw2012/10/30 20:518usQ4m , [url=http://inanampdkcil.com/]inanampdkcil[/url], [link=http://mrzsfxuwpkpf.com/]mrzsfxuwpkpf[/link], http://cygbwrsdtwfn.com/