Hatena::Groupflicker

只今きょむはゆらいでおります

4008-07-12「魔法少女カラナルちゃん」を元にした同人ゲームです! このエントリーのブックマークコメント

「夏は、スイカの季節。そして君は悪のだいまおう。」

うだるような夏、登校日の帰り道。突然そんなことを言い出す少女と出会った。

「スイカには利尿作用があるよ。だからお前もスイカ食べすぎておしっこべちゃべちゃになってしまえばいい!」

あたれ、と書かれたとても平ぺったいステッキでびしぃ!!と指さす、いや棒さしてきた先には、どう見ても僕しかいない。困ったもんだ。

「安心して。私はスイカバーに練乳はかけない主義なの。それだけは、あの縁側の昼下がりに誓ったから。」

少女はそう言ってきれいな緑髪のツインテールを外すと、あたれ棒ステッキの両端に装着した。そして棒の真ん中をパピコっと折る。髪はガションガションと多段変形して、気がつくとそれは2つの巨大スイカバーになっていた。

「体のどこかに・・・当たってくれぇえええ!!!」

昨日の夜3時までやってた戦国無双に出てくる女武将みたいな構えで、見ず知らずの少女が突進してくる。あー、どうやら僕はここんとこのゲームのやりすぎとこの暑さでかなり脳みそをやられていたらしい。

一瞬の交叉、無数の太刀筋。気がつくと僕の背後に少女がいて、それを追いかけるように風が吹いた。スイカバーで冷やされた、心地よい風だ。別段それで僕が17分割されるとか服だけが切られてふんどし一丁になるとかそういうことは一切なく、僕にはスイカバーのしみひとつ付いていなかった。よかった。もしあれで練乳がたっぷりとかかっていたら、白濁液のひとつやふたつ顔にかかってもおかしくない。

「どうして・・・どうして当たらないの!!あんなにスイカバーを買ったのに!!スーパーを回って回ってやっと8128本かき集めたのに!!」

やれやれ、そんなことだろうと思った。僕はなるべく声を落ち着かせて言った。

「なぁお前、スイカバー6本セットで買ったろ。メロンバーと半々のやつ。あれ、当たりとかそういうのないから。あと単品のスイカバーのプレゼントキャンペーンの方ももうとっくに終わったと思うぞ?」

「き・・・気安くお前って呼ぶな!私には魔法少女カラナルちゃんっていう名前がある!もしも貴様がよかったら、”すーちゃん”って呼んでくれてもいいよ?でも勘違いするな。私は、『スイカに死を』なんて言う奴に容赦などしない・・・!」

そういって少女は溶けるように消えた。何だったんだろう。しばらくすると、蝉の鳴き声が蘇ってきて、不意に暑さと、さっきの風の心地よさを思い出した。

そういえば、担任のルシフェンリル=金城=ウリアッ上先生が、新学期から転校生が来るとか言ってた。・・・アイツじゃないことを祈るばかりだ。

「スーちゃん、か・・・」

どこか聞き覚えのあるその言葉に引っかかりを覚える。しばらく考えたけれど思い出せない。入道雲の広がる空を見上げて、僕はぽつりとつぶやいた。

「それ多分『スイカに死を』じゃなくて、『スイカに塩』だろ・・・」

僕らの夏は、まだ始まったばかりだ。



(続きませんもうやりません。)

CorundumCorundum2008/07/17 21:00続かないことに安心(なぜ?)しつつ面白かったです(笑)
スイカでこんなにネタがっ!

dottokyomdottokyom2008/07/22 18:03うわぁぁコメント気付かなかった(汗
カオスすぎてネタなのかマジなのかよく分からない文章ですが面白いと言って頂けると嬉しいです。

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/dottokyom/40080712

2009-05-19

更新履歴

17:58 | 更新履歴 - 只今きょむはゆらいでおります のブックマークコメント

どっと虚無は記述ゲーム「パンゲオン・ライオット」に参加しております。

7/12 遊びで4008年とか付けたら元に戻らなくなりました。誰か助けて。

7/6 「地の国」更新。

7/5 更新再開。今度こそ今度こそ。

6/25 更新再開。インデックス変更。

6/12 世界観その他を練り直し。インデックス大幅変更。目標完走。

CynthiaCynthia2013/01/27 16:51Gee wiillkers, that's such a great post!

votknxqflvotknxqfl2013/01/30 01:25qGHBEj , [url=http://hvoldaddcspp.com/]hvoldaddcspp[/url], [link=http://jhkugddiyvoq.com/]jhkugddiyvoq[/link], http://wndvbefvxfle.com/

shosbashosba2013/01/30 11:14erEdIW <a href="http://tocqdgdadwpt.com/">tocqdgdadwpt</a>

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/dottokyom/20090519

2009-05-05「パンゲオン・ライオット」

練り直しインデックス

| 01:41 | 練り直しインデックス - 只今きょむはゆらいでおります のブックマークコメント

世界


歴史


火の国 

  撃鉄

  ザリス

  こっこ


水の国

  リクード・マータ

  りもら

  スライム


風の国 

  ラフルール

  ニヴォズ

  ナーナー


地の国 

  屠殺彦

  モウシュケ

  イキュー


剣の国 

  キャベツ

  ヒーローソード

  まつり


紀の国 

  カッサリオ

  グレンデルヒ

  オーシャット


物語  1 2  

VrsVrs2012/08/14 19:13Heck yeah this is ecxalty what I needed.

rgooouxlrgooouxl2012/08/15 00:18FQAEyo <a href="http://wrvfzvkifbfv.com/">wrvfzvkifbfv</a>

ppcrzdspippcrzdspi2012/08/16 00:26mTeCC3 , [url=http://orxfhawjrgge.com/]orxfhawjrgge[/url], [link=http://zbcbxzhrhlkt.com/]zbcbxzhrhlkt[/link], http://wjkhkttfiuuw.com/

uzhsehawuzhsehaw2012/08/16 14:11k0NcFD <a href="http://nbbfhzonzgdd.com/">nbbfhzonzgdd</a>

njlsawadfnjlsawadf2012/08/17 02:51xAb2Hr , [url=http://wpalztcstsvd.com/]wpalztcstsvd[/url], [link=http://zrxwkpzsfned.com/]zrxwkpzsfned[/link], http://hzwuqsdkjlkl.com/

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/dottokyom/20090505

2008-07-13

7 珍客

09:03 | 7 珍客 - 只今きょむはゆらいでおります のブックマークコメント

ザリスの牧場に、珍しく来客があった。

ザリスがいつも通り鶏の尻の穴を眺めていると、

小屋の裏手でドサリと音がした。

あわてて向かうと、そこに誰かが倒れていた。

それは、右腕を包帯でぐるぐる巻きにした男だった。

危険な雰囲気がしたが、このまま放っておくわけにもいかない。

ザリスは自分の小屋の中に、男を担ぎいれた。


ザリスは少しだけ、波乱の予感がした。

この男が、繰り返しの日常から脱却させてくれる、かもしれない。

退屈していたザリスにとって、波乱への不安は期待でもあった。

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/dottokyom/20080713

2008-07-10

5 日常

23:11 | 5 日常 - 只今きょむはゆらいでおります のブックマークコメント

その頃、ザリスは「ザリス牧場」で卵拾いをしていた。

牧場の主人、と言えば聞こえはいいが、

飼っているのは鶏のつがいを二羽だけ。

つがいなので、当然メスのほうしか卵を産まない。

牧場の生産物は、この卵だけだった。

しかしこの牧場の他に誰もいないこの国で、卵だけがザリスの食糧。

正直かなりひもじいが、それなりに栄養はあるとみえて、

特に栄養失調にかかったりということもない。

卵拾いを繰り返すうちに、鶏が卵を産んですぐ巧妙に隠すことを覚えたので、

ザリスはずっと鶏の尻を眺め続けていなければいけなかった。

もういつからこの暮らしをしているだろう。思い出せない。

外に生えている枯草を鶏にやる。尻の穴を見る。産まれる。食べる。

ザリスは、この生活に飽きていた。


いつかきっと、この生活を抜け出すチャンスが来る。

それまでは、こういうしみったれた生活にも耐えないと。

私が伝説になったとき、この生活は美談として語られるのよ。

見ていなさい、フフフフフ・・・!!


ザリスは誰もいない夕日に向かって拳を固める。

中二病の気があるザリスに、農業はあんまり向いてなかった。


元ネタ

「鶏の尻の穴」http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/37735/1201617770/-100

元ネタの元ネタ

「パッフェルベルの鐘」http://pagane.sakura.ne.jp/

6 研究

23:55 | 6 研究 - 只今きょむはゆらいでおります のブックマークコメント

研究レポート 記述者:金城博士


イキューという獣はその舌で全てを素粒子のふるえにしてしまう。これはつまり、彼女が舐めたものは彼女の胃袋に収まる前に消えてしまうということだ。

しかし、彼女が生きていけないかというと、そうでもない。彼女はその舌で甘さと苦さを感じる。甘いものは無くなるまで徹底して舐めようとするし、苦いものはなるべく舌に触らせず飲み込むようだ。

これはおそらく甘いものがイキューにとって死に至る猛毒だから、だろう。甘いものを嗜好し、甘さだけを舌の上で執拗に転がすことで、イキューは毒からその脅威を守っている。

試しに全て甘いもので出来た家に誘導してみる。イキューは餓死寸前まで舌で味わうことを止めなかった。空腹の本能よりも、生存本能が上回ったということだろう。衰弱して倒れたところを研究所に運ぶ。


モウシュケは地面から養分を吸い上げて成長し、ある程度の大きさになると脱皮して空を飛ぶようになる。しかし、イキューに依存し始めてから、寿命がずいぶんと長くなった。イキューにある程度舐めさせることで成長を止めているものと思われる。

しかし以前おこなったイキューの実験によりイキューが来なくなったが、長年の怠惰からか脱皮せずにただ肥大化を始めた。もう飛べる状態ではないだろう。一部サンプルを切り取って持ち帰る。

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/dottokyom/20080710