脚のないはてなガラス(BoB flicker side) このページをアンテナに追加

2007-11-19

[][][]シャーンドル人間観 シャーンドル人間観 - 脚のないはてなガラス(BoB flicker side) を含むブックマーク はてなブックマーク - シャーンドル人間観 - 脚のないはてなガラス(BoB flicker side) シャーンドル人間観 - 脚のないはてなガラス(BoB flicker side) のブックマークコメント

トルクルトアの神学・自然哲学者シャーンドルは、紀神学の研究過程で「決定論的世界観、あるいは永劫線的世界観においては、倫理が無化される」ことを鋭く指摘した。

そもそも倫理とは人間がいかなる行動を取るべきかの規範を示し、なおかつ、その判断に含まれる概念の分析や倫理的主張の理論的正当化を図るものである。つまりそこには、人間が自らの自由な意思決定によって行動する、ということが前提条件として挙げられているのだ。

しかしながら、シャーンドルによれば「決定論的世界観においては、我々の意志もまた、下部構造の決定論的作用によって生み出される現象であり、そこに自由はない」ことになり「自由意志の不在は、それを前提とする倫理の存在を無化する」こととなる。つまり人間はあらかじめ善行をなすように、あるいは悪行をなすように生まれ、そのように振舞うことが決定付けられているのだから、そこに意思決定基準である倫理を持ち込むこと自体が無意味である――倫理などあろうがなかろうが、善をなすものは善をなすであろうし、悪をなすものは悪をなすと説いたのだ。

また「全ての事象が包含される永劫線的世界観においては、あらゆる決定と非決定がその中に包含されており、それゆえ「ある決定」により選択をなすことは不可能であるがゆえに、倫理は無化される」とする。つまり、永劫線の中では、人は善行をなすと同時に悪行をなしており、それは重複して存在するがゆえに、倫理で何がしかの方向付けを行うことは不可能である、ということである。そして、この世界は決定論的か永劫線的かのいずれかの状態を取るものであるがゆえに、あらゆる倫理はただ「何を善とし何を悪とするか」の切り分けに過ぎず、実効的な意味を成さない、と説いたのである。

もちろん、この学説はきわめて反社会的なものであり、特に主神アルセスを信仰するアルセス教団から徹底的な弾圧を受けた。しかしシャーンドルは「この迫害もまた決定論的に運命付けられているか、永劫線の無数の可能性のひとつとして存在しているものに過ぎず、なんら自らの思想に影響を与えうるものではない――与えうるとすれば、私がそのように屈服することがあらかじめ定められていたか、永劫線の無数の可能性の中に包含されていたかのいずれでしかない」として改悛を拒否。牢獄の中で「決定論的世界論」「永劫線的世界論」の2冊の著書をものした後、獄死したというのが公式の見解である。しかし、その後トルクルトア各地でシャーンドルの姿を見たという目撃談が複数存在しており、恩赦あるいは脱獄によって自由の身となったのではないかという異説もある。

なお、「決定論的世界論」「永劫線的世界論」の2冊の著書は長らく発禁状態であったが、異端の徒や自然哲学者の間で地下出版物として流通しており、一部の神学・自然哲学者に大きな影響を与えたとされている。

BubbyBubby2011/09/30 00:53Dude, right on there borhter.

fihlquibfihlquib2011/09/30 20:03e7oxXA <a href="http://yumvrwypzbwz.com/">yumvrwypzbwz</a>

jhamcltpyjhamcltpy2011/10/01 00:52JdWlXx , [url=http://rxcdaqbrbejg.com/]rxcdaqbrbejg[/url], [link=http://wbrhaqkpwbnm.com/]wbrhaqkpwbnm[/link], http://dyzdcpvsieur.com/

oshxphfqgwwoshxphfqgww2011/10/03 19:56r9B9q3 <a href="http://arskhbftglsk.com/">arskhbftglsk</a>

qiiviiiqiiviii2011/10/06 03:01wRSlGe , [url=http://ajowjtjkmfxf.com/]ajowjtjkmfxf[/url], [link=http://dgdatzmjtouz.com/]dgdatzmjtouz[/link], http://ieqvicntxele.com/