脚のないはてなガラス(BoB flicker side) このページをアンテナに追加

2007-12-12

[][][]【会社】と【長椅子】の興亡史 【会社】と【長椅子】の興亡史 - 脚のないはてなガラス(BoB flicker side) を含むブックマーク はてなブックマーク - 【会社】と【長椅子】の興亡史 - 脚のないはてなガラス(BoB flicker side) 【会社】と【長椅子】の興亡史 - 脚のないはてなガラス(BoB flicker side) のブックマークコメント

だいたい【会社】がナーナーの栽培にナーナーを使うことを思いついたときから破綻は眼に見えていたのだ。

東の盾山地ニノ川支流ロ川の流域に【会社】は勃興した。山師のなりそこないであったある男が、そこにナーナーの国内最大級の生息地を発見すると、一帯を二束三文で買い上げ、そこにいたナーナーたちを商品作物として収穫し始めたのが始まりである。野生のナーナーは労働力、食材、嗜好品などに適しており、需要はいくらでもあった。【会社】は国内におけるナーナー販売の独占勅許を得て、この利益を独占した。

当初、野生のナーナーを収穫することで利益を上げていた【会社】は、やがてナーナーをみずから栽培して計画的に出荷することを始めた。これにより、ナーナーの市場における価格を高値安定させると共に、乱獲を防いで安定的に出荷できるようにしたのだ。この過程で、ナーナーの繁殖を手助けするプランテーション労働者が多数沼地に送り込まれた。たくさんの季節労働者や奴隷たち、戦争捕虜など、雑多な種類の人間が、谷間の沼地へと流れ込んできた。

しかし、人間にとっては苛酷な環境下での長期間のプランテーション労働は利回りが悪かった。3年も沼地で働いていると、労働者の大半は根を上げてやめてしまうし、奴隷は使い物にならなくなってしまうのだ。

そこで【会社】は労働者たちに払う賃金を増やし、福利厚生を図ることで生産性の維持を図った。これにより、労働者たちは安定して暮らしていけるようになったが、利回りの低下はやむをえなかった。勅許会社としてナーナーの独占販売権を手中にしているというのに、これでは埒が明かない。

そこで、小ざかしい誰かが考えたわけだ。

「ナーナーにナーナーの世話をさせればいいじゃないか」と。

まあ、表面的には名案だった。ナーナーは従順で沼地の気候に適しており、しかも給料を払う必要がなかった。きらきら光るビーズやタイピンと引き換えに、ナーナーは黙々と働き、同胞を出荷していった。ナーナーたちがなにを思ってこのように従順な態度を取ったかは知らない。生物の本能として居留地を広げたい、というのがある。それに従ったまでかもしれない。あるいはもっと深遠な何かが。

ともあれ、これにより利回りは大いに改善された。【会社】の財政は好転し、収穫の季節にはナーナーを満載した馬車が列を成して沼地から市場へと向かった。まさに【会社】最良のときであった、といえる。

しかしおさまらないのは労働者たちであった。ナーナーに仕事を奪われた労働者たちは食い詰め、中には盗賊や流民と化すものもあった。この危機を乗り越えるため、労働者たちは組合を結成した。【長椅子】の誕生である。【長椅子】は【会社】との団交の際、集団でひとつの長椅子に座って交渉することからついたあだ名だった。彼らは自分たちに職を与えるよう、【会社】に訴えた。

しかし【会社】はいまさら労働者たちに高い給金と福利厚生を与えるつもりなどさらさらなかった。むしろ、事務職などの従来人間がやっている仕事すらナーナーに任せようとしていたのだ。ここに【会社】と【長椅子】の交渉は決裂し、長い戦いが始まった。

【会社】は勅許軍を繰り出し、沼地の各地にバリケードを築いて立てこもった労働者たちを強制排除にかかった。それに対し【長椅子】は周辺の元労働者からなる盗賊・流民までかきあつめ、沼地の複雑な水脈を利用したゲリラ戦を展開した。

ナーナーの居留地もその争いに巻き込まれたが、商品であるナーナーはどちらにとっても財源なので、けして手荒くは扱われなかった。たまに兵士として現地徴用されることもあったが、ナーナーは兵隊に向かない、という一般認識があったため、前線に狩り出されることはなかった。

【会社】と【長椅子】の消耗戦は結構長く続いた。しかし、戦いによる【会社】の収益の悪化、そして人間が暮らすに適しない気候による【長椅子】側の疲弊が積もり、次第に戦いは小規模で散発的なものになっていった。

そして、決定的な事件が起こった。ナーナー相場の暴落である。

ナーナーの先物取引市場は【会社】と【長椅子】の紛争による供給不安から高値推移していたが、そこに投機筋が介入し、ナーナーバブルを呈していた。しかし大手投機筋が「【会社】と【長椅子】の停戦があるらしい」という情報を掴み、今後の供給安定を想定した売りに走ったことから、実勢以上の相場になっていたナーナー市場は一夜にして崩壊したのだ。

これにより【会社】は息の根を止められ倒産。国内経済に混乱を招いたとして勅許も取り消され、解体された。それに伴い【長椅子】も自然消滅することとなった。

後に残ったのは、元の沼地とナーナーたちだけであった。ナーナーたちは口々にささやいた。

「人間たちはどうもさわがしくていけないねえ」「これから静かになるねえ」と。

その通り、沼地には静けさが帰ってきた。そしてナーナーたちは今も平和に暮らしている。

[][]ユージン・ムラヴィッツwithレングートフィルハーモニー管弦楽団 ユージン・ムラヴィッツwithレングートフィルハーモニー管弦楽団 - 脚のないはてなガラス(BoB flicker side) を含むブックマーク はてなブックマーク - ユージン・ムラヴィッツwithレングートフィルハーモニー管弦楽団 - 脚のないはてなガラス(BoB flicker side) ユージン・ムラヴィッツwithレングートフィルハーモニー管弦楽団 - 脚のないはてなガラス(BoB flicker side) のブックマークコメント

能力

体力:3

神経反射:4

知力:2

HP:6

スキル

陥穽 〔スキルエンスネア〕

修復 〔レストア〕

炸撃 〔ファイアクラッカー〕

報復 〔アベンジャー〕

スキルパターン

A:風地水地

B:火火水地

プラン

1:地パネルは必ず自分の手番になるまでは1つ残す。ただし報復を使わないと自身が死ぬ場合は用いる。

2:自分が他の誰よりも先攻であった場合、プランをBとするが、誰かの後攻であった場合プランをAとする。

設定

星見の塔トーナメントに華を添えるため呼ばれた西方諸国最高の指揮者と交響楽団。指揮者のユージン・ムラヴィッツは音楽を神への捧げものと考え、ひとつの楽譜を徹底して読み込み何度でも納得がいくまでリハーサルを行う完璧主義者。時に完璧が過ぎて、不満足な状態での演奏をキャンセルすることすらある気難しい人物であるが、その指揮はすでに人の域を超えている、とすら云われる。彼の指揮するレングート・フィルハーモニー管弦楽団(通称レンフィル)は、彼の薫陶のもと、一糸乱れぬ演奏を行うひとつの有機的楽器と化している。トーナメント観客席で起こった騒乱と、それに続く隔離空間でのバトルロワイヤルに巻き込まれた彼らは、彼らの持てる全ての技術――すなわち音楽を通じて、この不毛な戦いを終わらせることを決意。レパートリーの中でももっとも得意とする魔曲を演奏することで、彼らの魂を鎮めんと試みるのであった。

JiahaoJiahao2012/06/03 18:31If time is money you've made me a wleatiehr woman.

hzgfifhzgfif2012/06/03 20:55GFfbsP <a href="http://sttxxmpkvwnv.com/">sttxxmpkvwnv</a>

ytaxvdmwgqmytaxvdmwgqm2012/06/03 23:10XM8w5S <a href="http://jtminurappmb.com/">jtminurappmb</a>

drboqepsldrboqepsl2012/06/04 01:26yleAS1 <a href="http://vutgtzzcbzxy.com/">vutgtzzcbzxy</a>

jeajnnkmffjeajnnkmff2012/06/04 03:37XhzUzn <a href="http://uiirwvsebaoq.com/">uiirwvsebaoq</a>

iuibpshiiuibpshi2012/06/05 16:51Zf23Zm <a href="http://ifwodeqcwixh.com/">ifwodeqcwixh</a>

ujxwaoujxwao2012/06/05 21:30RLsbA2 , [url=http://acbktuvladwg.com/]acbktuvladwg[/url], [link=http://fjjmnfbkizmm.com/]fjjmnfbkizmm[/link], http://zviaournzjay.com/