Hatena::Groupflicker

烏兎紀 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-08-13

マーシクフおよびグレンデルヒ

| マーシクフおよびグレンデルヒ - 烏兎紀 を含むブックマーク はてなブックマーク - マーシクフおよびグレンデルヒ - 烏兎紀 マーシクフおよびグレンデルヒ - 烏兎紀 のブックマークコメント

 理獣マーシクフは理性を使った。結果、マーシクフは自らを殺した。

「ふは」

 グレンデルヒが、その賢き獣の死骸を見下ろす。

「ふはは。は」

「なんで笑う」

 ザリスは問う。グレンデルヒは、知れたことを、と返す。

「知れたことを。愉快だからだ。悟性を極めた獣、理性を極めた獣――その二頭が別々の思考の結果、共に同じ答を選んだ。実に愉快だ」

「さよか」

 ザリスは背を向けて、歩き出した。踵の腱に力の入らないザリスは、全身をゆらゆらと揺らめかせながら歩く。しかしなぜか、絶対に倒れそうにない安定感があった。

「待て。私を無視するのか」

「なにが」

「私から逃げられると思っているのか」

「あたしはここ通りがかっただけや。死にかかってるそいつの話を、最期にちょっとま聞いただけ。そいつが死んで、そしたら今度はあんたが通りがかった。それも、やっぱりそれだけや」

 ザリスは興味なさげに歩を進める。グレンデルヒは、なぜかまた愉快そうに笑う。

「私をこきおろすか、このグレンデルヒを! いいだろう、グレンデルヒが万能であることを、心に刻み付けて死ぬがいい!」

「たしかにあんたと勝負したら、勝てんやろうな」

「後悔するのだな!」

「けどあんたがどうやって死ぬかは、分かるわ」

 その時グレンデルヒの胸を、燃える鳥が貫いた。

「ば」

「あんたは自分の強さを自分がグレンデルヒであることに求めた」

「か」

「そりゃグレンデルヒは強いわな。でもグレンデルヒには過去がある。敗北の記憶がある」

「な」

「あんたは私らの戦いとは無関係なところで、グレンデルヒの物語の中で死んだ」

「 」

「……」

 胸に大きな穴を空けたグレンデルヒは、やがて俯けに倒れて、死んだ。

MrinmayMrinmay2012/08/14 14:43Well put, sir, well put. I'll ceraitlny make note of that.

augtqfdldqfaugtqfdldqf2012/08/14 23:478lk4Ys <a href="http://lrewdgsaxqcm.com/">lrewdgsaxqcm</a>

nhcghnrunhcghnru2012/08/15 23:57xzNTyq , [url=http://vrqakoolxknc.com/]vrqakoolxknc[/url], [link=http://yxzcgptjcxwd.com/]yxzcgptjcxwd[/link], http://gkucmwvohwbu.com/

ywytoaywytoa2012/08/16 13:46sZFuqM <a href="http://wgiibiwbbqlf.com/">wgiibiwbbqlf</a>

dgonlxardgonlxar2012/08/17 02:269O5V0Q , [url=http://aeabkbthqxsb.com/]aeabkbthqxsb[/url], [link=http://jaupzrrrjpuj.com/]jaupzrrrjpuj[/link], http://omjbpyqevctt.com/

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/TimeTide/20080813