Hatena::Groupflicker

ファイアマインドの住み処

水を考えてみよ。単純にして変幻自在、用途は多彩にして生活の細部に入り込み、破壊と恵みと美とをもたらす。お前の言うファンタジーとやらは、これよりも幻想的な光景を描けるのか? ましてや、この世にはこのようなものが何億とあるのだ。

2008-12-01

[]神話を広める価値はあるのか 神話を広める価値はあるのか - ファイアマインドの住み処 を含むブックマーク はてなブックマーク - 神話を広める価値はあるのか - ファイアマインドの住み処 神話を広める価値はあるのか - ファイアマインドの住み処 のブックマークコメント

ここに書かれている理念は、ニコニコですでに実現されていないだろうか。

神話の理想として何度か用いられた「FFの召喚獣にマロゾロンドが」という言い回しは、「商業ベースをも動かす力を」という意味であると思うが、「初音ミクがネギ」にすでにその完成形を見ているのではないか。

人がすでに呼吸のように当たり前にやっていることを理念として掲げて大声で喚くのは、今頃になって「マンガを読むとバカになるというのは嘘です!」と街中で叫ぶようなものだ。著作権的に頭の固い方面に対する十字軍となるつもりならそれはそれで価値もありそうだが、どうにも、ニコニコユーザーやらその辺にばかり向かって歩いているように見える。

すでに誰かが成功させてしまった革命をもう一度起こそうとしてもしょうがなく、ゆらぎの神話のアイデンティティは、既存の設定を活かして創作物を作っていきましょうという、ただの創作サークルとしての価値しかないのではないだろうか。

発足当時の目的がどうだったにせよ、現状そのようにしか機能していないのなら、時代遅れの理念やら外人やらは奥にしまって、「我々のすでに作った設定でシェアワールドな作品を作るサークルです、あなたが設定を追加してもいいです」とした方が誠実ではないか。

あくまで理念的な集団としたいなら、ニコニコや2chでの創作活動ではできない、またはそこにまだ存在していない何らかの価値を打ち出す必要がある。