Hatena::Groupflicker

ファイアマインドの住み処

水を考えてみよ。単純にして変幻自在、用途は多彩にして生活の細部に入り込み、破壊と恵みと美とをもたらす。お前の言うファンタジーとやらは、これよりも幻想的な光景を描けるのか? ましてや、この世にはこのようなものが何億とあるのだ。

2007-11-07

[]敗者復活戦の募集 敗者復活戦の募集 - ファイアマインドの住み処 を含むブックマーク はてなブックマーク - 敗者復活戦の募集 - ファイアマインドの住み処 敗者復活戦の募集 - ファイアマインドの住み処 のブックマークコメント

ストーリー

誰もがその魔女には根本的な恐怖――不快感や不安と未分明な状態のそれを感じていた。

魔女の巣窟にいるのだということを、改めて思い出されたと言おうか。

敗者復活戦の試験官を名乗る女は、髪を振り乱しながら、筋肉や神経のどの部分にどういった障害を負ったら可能になるのかわからない動きでやってくる。壁にぶつかったり跳ね返ったりしている体全体の振幅の割りに、歩いてくる軌道自体はしっかりとしている。

がくん、と前に揺れて、顔を持ち上げる。右目が垂れている。女は手でそれを持ち上げて無造作に目の穴に入れる。そこは眼窩ですらない。眼窩があるべきところに巨大な穴が開いており、その中で目玉が転がっている。

足を踏み出す予備動作として上体が反れる。と、右の胸がとつぜんへこんだ。体のラインの内側に服がめり込んでいる。

「あーくそ、自慢のきょにゅーがっ。あ? ちょっと、なんだよ。そんな目で見んなよ。いちおうこれでも女なんだぜひひひひひ。お、アンタ最初に魔女のケツとか言ってたおっさんじゃん。魔女が口でしてやろうかひひひひひぇぃえ。ふぁ、ふぁめふぁ。あふぉがひえひまっは。ふわえはんへーわ」

募集要綱

敗者復活戦の参加者を募集します。

敗者復活戦は、こちらの用意した試験官と試合を行い、5ターンで与えたダメージの合計が大きかった上位8名が、次回の敗者復活戦の参加資格を得ます。

この際、与えたダメージのみを審査の対象とします。

1ターン目に100ダメージ与えて即死したキャラクターは、5ターン生き残って10ダメージ与えたキャラクターよりも評価が上になります。

また、第一位通過者は、第二回戦でシードになっているクロネと試合を行い、勝利したらクロネにとってかわって本戦に復帰することができます。負けた場合でも、そのまま敗者復活戦第2ラウンドに残ることができます。

しめきりは11/11。

第一試合の敗者は、それぞれ1点の経験値を使って自キャラを強化した上、キャラを投稿してください。

また、敗者復活戦第一ラウンドに限り、ストーリー上で「予選で落ちた」と語られているキャラの投稿も可能です。つまり、まったくの新規参加でもOKです。ただし、新規参加の際には9ポイントでキャラを作り、経験値1点はなしとなります。

望むのなら、第一試合のキャラとは違うキャラを投稿しなおしてもOKです。

なお、設定を明らかにミスしていると思われる一部のキャラクター(ウェバラナイエなど)に関しては、のちほど救済措置を設けます。

試験官

欠落者カスミスト

特殊能力:地母神の直系

 地母神の身体性をもっとも色濃く受け継いでいる彼女は、通常の算出式で求められる20倍のHPを持つ。

 彼女は引き裂かれた身体の記憶も受け継いでおり、傷を受けると2倍の痛みを感じる。

 カスミストのHPは、通常の20倍である。

 カスミストの受けるダメージは、軽減効果を適用したあとで2倍にする。

HP:200

体力:4

神経反射:5

知力:3

崩れゆく聖域 パラダイス・ロスト

灼熱波 ヒートウェイブ

報復 アベンジャー

爆撃 イラプション

炸撃 ファイアクラッカー


A:火火地地地

B:火風火火火

C:火火地地地

・すでに崩れゆく聖域が効果中なら、崩れゆく聖域は使用しない。

相手の神経反射が2以上なら、ターン終了時に崩れ行く聖域を維持する。

相手が剣技または維持を持つスキルを所持していない場合、スキルパターンをBに変更する。



崩れゆく聖域 パラダイス・ロスト   <<火地>> 妨害・維持

カスミストの専用スキル。

こどものころに繰り返し見た、窓の向こうの風景のような熱のない砂漠に一人座って砂が崩れていくのを見ていた夢から発現した特殊能力。


崩れゆく聖域が維持されているなら、各ターンの状態変化適用のタイミングで、カスミストと対戦相手はそれぞれ能力値を1点失う。能力値の減少はその試合の間継続し、次の試合の際には回復している。

体力を失った場合、最大HPが減少するが、現在HPには影響しない。

神経反射を失った場合、すべてのスキルパターンからパネルがひとつ、その試合中失われる。

知力を失った場合、スキルパターンとプランとスキルをひとつ失う。

(はじめから持っているスキルパターンやスキルの数が少ない場合はこの限りではない)

これによって失われたスキルは、その試合中「所持していない」とカウントされる。(「相手が○○を所持している場合」等のプランの指定でもカウントされない。)

現在使用中のスキルパターンが失われた場合、即座にランダムで選ばれたほかのスキルパターンを使用する。