Hatena::Groupflicker

深淵ランダムドア このページをアンテナに追加 RSSフィード

いんふぉめーしょん。多すぎ。

TCG紅白戦のルールはこちら。試合会場はここ。 本家TCGについてはファイアマインドの住み処へ。

パンゲオン・ライオット参加中。インデックスはこちらです。   。いんでくすはこっちです。  

2008/06/29 (日)ライオット12


C-05 下位人格 C-05 下位人格 - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - C-05 下位人格 - 深淵ランダムドア C-05 下位人格 - 深淵ランダムドア のブックマークコメント


「セシリアちゃん! 親友のクランテルトハランスよ! あなたに会う為にやってきたの!」

そう言って偽愛の力・アミアウィズを発動させたリクートマータという名を持ち、獣でもある個体は、私にその能力が通用したと考えている確率、99%。

事実は異なる。

今の私のボディは、アミアウィズへの対抗策として用意された下位人格によって支配されている。

アミアウィズが適用されたのはその下位人格。

そして下位人格は「私」の意志によっていつでも消去可能。

「ありがとうクランテルトハランスぴょん!」

「ぴ、ぴょん?  ……あー、さ、さあ! 一緒にカッサリオを倒しに行くわよ!」

……下位人格はバグが多い。

報告しておかなければ。




http://flicker.g.hatena.ne.jp/Corundum/20080511#p13




B-04 兎と旅人 B-04 兎と旅人 - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - B-04 兎と旅人 - 深淵ランダムドア B-04 兎と旅人 - 深淵ランダムドア のブックマークコメント


オーシャットは短い茶色の髪を靡かせて歩く。

彼女は人里に寄りつかないが、人は好きだった。

ある時彼女は旅人に出会った。彼女は母を捜して旅をしているのだという。

オーシャットは、ダーナならその人のことも知っているかも知れないと思った。同時に、絶対教えてくれないだろうとも思ったので、それを伝えることはしなかった。

まるでダーナみたい。

オーシャットは木の根元で丸くなった猫を思い出して少し笑った。

「オーシャットさんはどうして旅をしているのですか?」

旅人は問うた。

オーシャットは少し考えて答えた。

「わからない。でも、それを探してみるのもいいかも」

二人は色々なことを話し、しばらくすると別々の道を進んでいった。

http://flicker.g.hatena.ne.jp/dottokyom/20080521/1212000257





C-04 兎と牛の図書館 C-04 兎と牛の図書館 - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - C-04 兎と牛の図書館 - 深淵ランダムドア C-04 兎と牛の図書館 - 深淵ランダムドア のブックマークコメント

オーシャットはぴょんぴょんと歩く。

その様子はいつでも楽しげだ。まるで歩くこと自体が幸せである様に。

あるとき、気がつくと彼女は大きな屋敷の前に立っていた。

オーシャットに気がついた牛の角を生やした人が

「何か用か?」

と聞いてきた。

「この建物はなにかしら?」

「これは俺の住んでいる屋敷だ」

「大きな家ね。あなたはそんなに大きくないのに」

「沢山の本を置いておく為だ。ほとんどの部屋は本しかない」

「本ってなあに?」

「本とは知識。本とは歴史。本とは力――と、俺は教わった」

「色々なのね?」

「本を読みたいのなら、我が家に招待しよう」

オーシャットはしばらくの間をその屋敷で過ごした。

いつのまにか、屋敷の主人がいなくなっていた。

「おせわになりました」

その時のオーシャットは人の家に長居することは悪いことだと知っていたので、その家を後にした。





E-04 兎と花 E-04 兎と花 - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - E-04 兎と花 - 深淵ランダムドア E-04 兎と花 - 深淵ランダムドア のブックマークコメント


オーシャットはとても美しい花を見つけた。

あまりにも美しかったので、彼女はしばらくそのまま立ち尽くしていた。

「きれい……ダーナはこの花のことも知っていたのかしら」

彼女はその花を前に目を閉じ、香りを楽しんだ。

目を開き、その色を楽しんだ。

目を閉じ、少しだけ涙を流した。

目を開き、花を記憶に留めた。

オーシャットは日が暮れてその色合いが判らなくなるまで花を見ていた。

「いつかダーナにも見せてあげたいわ」

オーシャットは花に別れを告げると、また歩き出した。




F-04 兎と夢 F-04 兎と夢 - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - F-04 兎と夢 - 深淵ランダムドア F-04 兎と夢 - 深淵ランダムドア のブックマークコメント

オーシャットは空を飛んでいた。

雲の上に降り立つとその上を歩いた。

雲の上には木が生えていて、美味しそうなソイップルの実が生っていた。

その木に駆け寄り、ソイップルともぎ取ると、足下に猫がいた。

「ダーナ! お引っ越ししたの?」

猫は答えない。

「え、聞こえないわ。なんて言ったの?」

猫は答えない。

「……さようなら? まだわたしはここにいるのよ?」

猫は答えなかった。


目が覚めてそれが夢だったのだと気がついた。

オーシャットはまた歩き始めた。


http://wiki.livedoor.jp/flicker2/d/%a5%bd%a5%a4%a5%c3%a5%d7%a5%eb

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/Corundum/20080629

2008/06/06 (金)ライオット11

A-08 弟賢者 A-08 弟賢者 - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - A-08 弟賢者 - 深淵ランダムドア A-08 弟賢者 - 深淵ランダムドア のブックマークコメント


シモンズはパンゲオンライオットに消極的だった。

それは本来なら許されることではなかったが、彼の姉であるマーシクフ・マグヌスが彼より優秀な賢者であるとされており、彼女もテリオンだったことから彼は使命から半ば解放されていた。

だが姉がアリスに挑み、敗北した事でその使命は復活する。

彼の姉はまだ諦めていなかったが、賢議会は弟のシモンズに白羽の矢を立てた。

その役目は、差し違えてでもアリスを殺すこと。







B-08  読書兎 B-08  読書兎 - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - B-08  読書兎 - 深淵ランダムドア B-08  読書兎 - 深淵ランダムドア のブックマークコメント


シモンズ・マグヌスは少女ではなかったが、テリオンとして覚醒した。

言理戦争の開始を予見した彼の両親とマグヌスの賢者達が、彼が生まれる前に世界を騙す為のあらゆる改造を施したのだ。彼は少年でありながら少女としての資格を持ち、またテリオンの力にも目覚めていた。

「調子はどうだ?」

「とてもおもしろいわ」

シモンズは未だ自分の屋敷を出ることが出来ずにいた。それどころか屋敷に別のテリオンを招き、本などを読ませている。これが一族に知られればどんな処罰を受けるかわかったものではない。だが敵意のない、というかもしかしたら敵意がなんなのかも知らないかも知れない少女を相手に何かをする気にはなれなかった。

兎の耳を持った獣、オーシャットはここに来て以来ずっと本を読んでいる。この屋敷にはシモンズが育つ課程で必要になったあらゆる書籍があった。全て読み切るのには一年以上かかるだろう。まさか一年もここにいるわけではないだろうが……と、シモンズはオーシャットへ何度目かの質問をした。

「君はこの後どうするつもりなんだ。ここで本を読めば色々なことを知ることは出来るだろうが、君にはしたいことや、しなければならないこともあるんだろう」

「いいえ、そういうものは今のところ無いわ。でもする事を探してみたいとは思っているの」

シモンズは考えた。偉大なる姉がアリスに負けたこと。そして姉に劣る自分が言理戦争で出来ることとは何なのか。

自分に与えられた役割はアリスを殺すこと。

自分に授けられた力は悪魔の力。

役割はいい。姉に出来なかったことが自分に出来るとはどうしても思えない。役目のことは忘れよう。

なら自分のしたいことは……何だろう?

自分に出来ることは。

(……この兎の様に、それを探してみるか?)

その考えは、何もせず屋敷にいるよりは良い事だろうと思えた。

トラックバック - http://flicker.g.hatena.ne.jp/Corundum/20080606

2008/06/05 (木)ライオット10

A-13 花の獣 A-13 花の獣 - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - A-13 花の獣 - 深淵ランダムドア A-13 花の獣 - 深淵ランダムドア のブックマークコメント

花獣と呼ばれる獣がいた。

草にして獣。植物のテリオン。

その名をナーナーという。



B-13 花獣ナーナー B-13 花獣ナーナー - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - B-13 花獣ナーナー - 深淵ランダムドア B-13 花獣ナーナー - 深淵ランダムドア のブックマークコメント


花獣ナーナー。

その外見は控えめに言っても醜悪だが、その一生で一度だけとても美しい花を咲かせるという。

ナーナーはいつも人間達に狙われていた。醜悪な時は化け物として。開花した時はその価値を。

ナーナーは自衛の為に戦うすべを身につけていた。


http://flicker.g.hatena.ne.jp/runa_way/20080509/1210308998

http://hwm5.gyao.ne.jp/laevatain/character/narnar/1.html


C-13 花獣の呪い C-13 花獣の呪い - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - C-13 花獣の呪い - 深淵ランダムドア C-13 花獣の呪い - 深淵ランダムドア のブックマークコメント


ある時一人の人間が花獣の元を訪れた。

その少年に害意はなかった。草の言葉を理解した少年は少しの会話の後、ナーナーに力を与えていった。

ナーナーに害なすモノに呪いを与えるという呪い。

その呪いに守られ、ナーナーはしばらくの時を平和に過ごした。


D-13 花獣の罪 D-13 花獣の罪 - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - D-13 花獣の罪 - 深淵ランダムドア D-13 花獣の罪 - 深淵ランダムドア のブックマークコメント


ある時一振りの刀が花獣の元を訪れた。

その少女に害意はなかった。草の言葉を理解できない少女は一言述べ、ナーナーを一刀両断した。

しかしナーナーは無傷で、ナーナーに与えられていた呪いが消え去っていた。

その少女はあっという間に立ち去っていった。


http://flicker.g.hatena.ne.jp/Corundum/20080517#p7



E-13 花 E-13 花 - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - E-13 花 - 深淵ランダムドア E-13 花 - 深淵ランダムドア のブックマークコメント




花獣がついに美しい花を咲かせた。


全ての罪から解放されたナーナーの花は、この世全ての花と比べてもその全てを超える美しさだった。




D-13 花の一生 D-13 花の一生 - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - D-13 花の一生 - 深淵ランダムドア D-13 花の一生 - 深淵ランダムドア のブックマークコメント


そうしてナーナーは花の一生を終えた。

美しく咲くことが出来たナーナーにとって、生は既に満たされたモノだった。

たとえ災いに力及ばず、その身を焼き尽くされたとしても――




D-04 兎と兵士 D-04 兎と兵士 - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - D-04 兎と兵士 - 深淵ランダムドア D-04 兎と兵士 - 深淵ランダムドア のブックマークコメント


オーシャットはくるくる回る。

耳をぴんと立てて何かを探している。

そうして見つけた小さな少女は大怪我をしていた。

全身に火傷を負ったその少女は兵士であるらしかった。

少女の身体は折れ曲がりねじくれていて、もう声を出すことも出来ない。

少女はそれでも後悔、慚愧、無念、様々な言葉を吐き続けた。

オーシャットはそれをずっと聞いていた。

やがて動かなくなった少女を、オーシャットは木の根に埋めた。

そして本で読んだとおりの手順を踏み、その魂を天に送った。

全てを終えると、オーシャットはまた歩き出した。


http://flicker.g.hatena.ne.jp/Corundum/20080510#p5



ハムスター ハムスター - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - ハムスター - 深淵ランダムドア ハムスター - 深淵ランダムドア のブックマークコメント


ザリスの獣属性。

空回りする努力。それでもザリスは車椅子を走らせる。


http://flicker.g.hatena.ne.jp/Corundum/comment?date=20080602#c(コメント覧


コキューネー コキューネー - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - コキューネー - 深淵ランダムドア コキューネー - 深淵ランダムドア のブックマークコメント

処刑刀の獣・ヒューマンテリオン椿が持つ断罪の力。


罪のみを断つ能力。


――行いに報いを。罪には罰を。邪なるもの一刀両断っ!

断罪の力――コキューネー

http://wiki.livedoor.jp/flicker2/d/%a5%b3%a5%ad%a5%e5%a1%bc%a5%cd%a1%bc

http://flicker.g.hatena.ne.jp/Corundum/20080517#p7

2008/06/02 (月)ライオット9

A-15 聖ザリス教団 A-15 聖ザリス教団 - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - A-15 聖ザリス教団 - 深淵ランダムドア A-15 聖ザリス教団 - 深淵ランダムドア のブックマークコメント


「子宮がビクビクするよ」を聖句とする宗教団体、聖ザリス教団。聖ザリスを名乗る教祖の元、ピラミッド構造でおよそ3万人の信徒を抱えている。

「苦痛こそ快楽」という教義を掲げる彼らの教祖はあらゆる犯罪に手を染めていると噂されるも今まで一度も罪に問われることがなかった。

それは尋常ではないほど用意周到な情報操作と隠蔽工作による成果だったが、あるとき聖ザリスは非常につまらない犯罪で捕まることになった。

街道の一部と案内看板を爆破したという、器物損壊罪。

しかし聖ザリスは看板など破壊した覚えは全くなく、そんな所に行ったことも無い。

だが心当たりはあった。他のザリスに生き残りがいたのかも知れない、と。

目撃者によると、その女は車椅子に乗っていたという。




B-15 二刀流の少女 B-15 二刀流の少女 - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - B-15 二刀流の少女 - 深淵ランダムドア B-15 二刀流の少女 - 深淵ランダムドア のブックマークコメント


ザリスは自分と同じ顔を持つはずの女を捜索する事にした。

教団の情報網と占術師達を使い、あっという間にその所在を見つけた聖ザリスは自ら出向く。

馬車を降りた聖ザリスは部下にこの街で待機するよう命令し、単独行動を始めた。

信者達は護衛を買って出ようとしたが、聖ザリスはそれを一蹴する。教祖である彼女に逆らう者はいない。信者達も教祖聖ザリスの実力を知っていたので強くは言えなかった。

ザリスは占術師との交信用呪符を首に貼り、街の門を潜った。

そして何者かに呼び止められた。

「そこの女! 止まれ!」

ザリスは回りに人気がないことを確認すると立ち止まり、振り向いた。

街の門の上に着物姿の少女が刀を提げて仁王立ちしていた。

「あ? なんか用? オマエ誰」

呆れつつも答える聖ザリス

「我が名は椿! 罪を斬る者だ!」





C-15 街道レース C-15 街道レース - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - C-15 街道レース - 深淵ランダムドア C-15 街道レース - 深淵ランダムドア のブックマークコメント

全てのザリスには魔術師としての素養が備わっている。それは聖ザリスも例外ではない。

ただし彼女は魔術を使用することは出来なかった。彼女の魔力は全て肉体の維持と強化に使用されているからだ。

生まれつき重要な臓器にいくつもの欠陥を持っていた聖ザリスは錬金術で創り出した疑似臓器を体内にいくつも埋め込んでおり、彼女の魔力はその駆動に全て費やされているのだ。

結果的に生きながらえ、換えの利く臓器と超人的な運動能力を得たので聖ザリスとしては満足している。

しかしその運動能力に匹敵する勢いで追いかけてくる少女が一人。ほぼ等速で追いかけながら、しかも時折離れた距離からも届く斬撃を放ってくる。

「私の歩法で追いつけないとは! やむを得ません!」

二刀流少女は右手の刀を掲げた。

「六翼天使と畏れられし我が秘剣を受けてみよ! 月の奥義、刹激嘩!」

(受けねえよ!)

ザリスは懐から注射器を取り出し、自らの胸に突き刺した。

人工臓器をベースに全身を一時強化する魔力剤だ。

爆発的加速を得た聖ザリスの肉体は辛うじて6つの刃から免れた。

そこで追いかけっこは終わり。

「そこの女止まれーッ!」

街道の警備兵が到着した。

交信用の呪符で占術師に通報するよう支持しておいたのだ。

ザリスはか弱い少女を装い、兵士に縋り付くように助けを求めた。

「助けてくださいっ! あの人がやったんですっ! 化け物です!」

「おのれ化け物め!」

兵士達に取り囲まれた二刀流少女は

「ぬう、罪無き者を斬る事は出来ん。ここは一度引くか……」

そう呟くと、馬に乗った兵士の頭を飛び越え街道を外れた森の中へと消えていった。

「あーあー余計な時間を浪費したよ全く……」

目的のルートをだいぶ過ぎてしまった。

ザリスは兵士達を適当にあしらうと、来た道を引き返した。




D-15 広い森の奥 D-15 広い森の奥 - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - D-15 広い森の奥 - 深淵ランダムドア D-15 広い森の奥 - 深淵ランダムドア のブックマークコメント

二刀流の少女を撒いた聖ザリスは目的の人物を捜して森を捜索していた。

既に車椅子の軌跡を見つけいるため、あとは辿っていけば良いだけだ。

まったく面倒なことをしているが、迂闊に信者に任せるわけにも行かない。

それに使えそうな女なら影武者にでもしてやろうと考えていた。

しかし少女を見つけたとき、泉に顔を突っ込んでいるその姿を見て聖ザリスは思った。

(ああ、いいや、殺そう)

ザリスは地面に伏せ、泉の水面を見る少女の傍らに立った。

にやりと笑ってやると、少女は気がついたようだ。

「ああ、あんた一体誰よ!」

「誰って、決まってんじゃない。アタシはザリスよ。そしてオマエは……」




A-02 偉大なる魔術師 A-02 偉大なる魔術師 - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - A-02 偉大なる魔術師 - 深淵ランダムドア A-02 偉大なる魔術師 - 深淵ランダムドア のブックマークコメント

マーシクフ・マグヌスは偉大なる賢者の家系に生まれた。

常に頂点に立ち、世界の賢者を率いる大賢者の一族である。

偉大なる者(マグヌス)を名乗る彼らは常に優秀な者が代々の当主となる実力主義な一族であり、マーシクフはその中でも次期当主の座は確実と言わしめる天才であった。

しかし、マーシクフの世代には真に偉大なる存在「アリス」がいた。

マーシクフは一族の、頂点としての尊厳を賭けアリスに挑んだ。

マーシクフは敗北した。




B-02 王者の塔の垣根に居る賢者 B-02 王者の塔の垣根に居る賢者 - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - B-02 王者の塔の垣根に居る賢者 - 深淵ランダムドア B-02 王者の塔の垣根に居る賢者 - 深淵ランダムドア のブックマークコメント


敗北するも生きながらえたマーシクフは、アリスの圧倒的な力を体験してなお勝つことを諦めなかった。

彼女は新たなる力を得る為に旅立つ。実力主義集団であるマグヌスにおいて【力】とは扱えるもの全ての意である。

マーシクフは王者の塔と呼ばれる大樹の垣根に住むという賢者の元を訪れていた。

禁忌とまで言われる力を持つその少女の助力を得られればアリスに対抗できるのではと考えたのだ。

しかし賢者は三日三晩もの間、一切の反応を示さなかった。




C-02 十万の死体と流星 C-02 十万の死体と流星 - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - C-02 十万の死体と流星 - 深淵ランダムドア C-02 十万の死体と流星 - 深淵ランダムドア のブックマークコメント

賢者の説得を一旦諦めたマーシクフは王者の塔を離れた。

森の中を進んでいると叫び声が聞こえた。それも1人や2人のものではない。

振り向けば王者の塔の近く、遙か高い空に無数の影が見えた。

魔術で視力を強化した彼女は、落下している少女の服がとある小国の軍服であることに気がついた。

無数の影はおおざっぱに計算しただけでも10万人規模。

一体何が起こったのだろうか。


軍の全てが落下し終えた頃、さらに雲の上から流星のように落下する1羽の鳥を見つけた。

「あれは……っ!」

マーシクフは落下した鳥の元へと急いだ。





D-02 とある死骸とその臓器 D-02 とある死骸とその臓器 - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - D-02 とある死骸とその臓器 - 深淵ランダムドア D-02 とある死骸とその臓器 - 深淵ランダムドア のブックマークコメント


マーシクフが見つけたのはセプティゼプトと呼ばれている第一級災害獣の死骸だった。

胴の中心に大穴の空いたその少女であったものは、森の木々を何本も倒しながら墜落したらしい。7枚の翼だけが奇跡的に原形をとどめていたが、本体はもはやヒトの姿とは思えないほどに崩れている


マーシクフはこの少女を殺した者に感謝した。


彼女はセプティゼプトからかろうじて原形を保っている臓器をいくつか引きちぎると、セプティゼプトの眷属である鳥達が集まる前にその場から離れた。





バーニングザリス バーニングザリス - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - バーニングザリス - 深淵ランダムドア バーニングザリス - 深淵ランダムドア のブックマークコメント

ハムスターテリオン。惨憺たる少女。車椅子の魔女。

十八の獣。桃色の髪に桃色のローブの可愛らしい少女だが、いつも薄暗い無表情。焦ると顔が引きつる。

細長いしっぽが生えていて、先にリボンが巻いてある。

ザリスの人生は苦難の連続である。身に余る事件に多々巻き込まれ、パンゲオン・ライオットにおいても、ただでさえ「不治の病」の治療法を探している所を獣たちの争いへと巻き込まれた。

非常に努力家。独学で魔術を会得・解析し「暗黒錬金術」等の異端魔術を用いその独自性を主張している。鬱屈したストレスを効果力魔術で発散しようとするが、大抵無益。時に悪化する。

決して諦めない少女でもある。その力の根源はネガティブ。自分をひたすら卑下する反動で不屈の精神を燃やしている。

ものの弾みで闇桜・バーニングザリスなどという恥ずかしい上に意味不明な名前を名乗ってしまった事を深く後悔している。


http://flicker.g.hatena.ne.jp/TimeTide/20080505/p4

http://flicker.g.hatena.ne.jp/TimeTide/20080423/1208962137

http://flicker.g.hatena.ne.jp/crow_henmi/20080110/p2

http://d.hatena.ne.jp/Erlkonig/20071101/1193923076




マグヌス マグヌス - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - マグヌス - 深淵ランダムドア マグヌス - 深淵ランダムドア のブックマークコメント

偉大なるもの。偉大なる一族の名前。


子宮がビクビクするよ  子宮がビクビクするよ  - 深淵ランダムドア を含むブックマーク はてなブックマーク - 子宮がビクビクするよ  - 深淵ランダムドア 子宮がビクビクするよ  - 深淵ランダムドア のブックマークコメント

ザリス教団の聖句。

http://wiki.livedoor.jp/flicker2/d/%a5%b6%a5%ea%a5%b9

dottokyomdottokyom2008/06/04 20:37うおぉ・・・この物量のストーリーが、全部つながっていく・・・!
マジ真似できません。どうなってるの!?

「苦痛こそ快楽」という言葉が、どこかカスミスティックです。ヒヒヒ。

あと、なんかザリス+ハムスターの組み合わせが、カラコロまわるネズミ車を連想させて笑えるです。一生懸命走ってるのにずっと同じところなあたりとか。

CorundumCorundum2008/06/06 19:17ありがとうございます。
マップ作って矢印引いて管理しています。自分でも分け判らなくなりそうな混沌さです。

>苦痛こそ快楽
当時百科事典とかでカスミストを見ながら考えていた気がします。

あとコメントをスクロールに使わせていただきました(笑)

JayceJayce2011/05/25 16:21I'm out of laegue here. Too much brain power on display!

sdiyebbsdiyebb2011/05/25 21:03y5yMVI <a href="http://kkkdivmsuelz.com/">kkkdivmsuelz</a>

xcyyyqqadkfxcyyyqqadkf2011/05/27 00:17WQD2fr , [url=http://pfbrfdroovgx.com/]pfbrfdroovgx[/url], [link=http://oxmdkkbmnfsq.com/]oxmdkkbmnfsq[/link], http://sslgjepubums.com/

fzkiswmrfzkiswmr2011/05/28 23:41qg9Ssd <a href="http://qastigihmkpg.com/">qastigihmkpg</a>

fbfjbffbfjbf2011/06/01 01:45Sm5w54 , [url=http://htjsrwonjwhh.com/]htjsrwonjwhh[/url], [link=http://pfnlsofcodgf.com/]pfnlsofcodgf[/link], http://mwtbnmayejco.com/